キャッシングアカデミー

キャッシングの申し込みの流れを徹底解説!おすすめの消費者金融を紹介

キャッシングで申し込み〜借り入れまでの、簡単な4ステップを学ぼう!

キャッシングで現金を受け取るまでの流れは、以下の4段階で簡単に行うことができます。

  • ①消費者金融を選択をする
  • ②申し込みを行う
  • ③審査を受ける
  • ④必要な書類の提出する

たったこの4ステップだけで十分です。
キャッシングサービスを利用することにより、いつでもあなたの都合が良いときにお金を借りることができます。消費者金融の窓口でも、お近くのATMでも借りることが可能です。消費者金融と契約さえすればどの時間帯でも全国どこでもお金を借りることができます。

初めての方におすすめなのは、プロミスかアコム

審査最短30分のプロミス

promise-banner

おすすめ度5,0

審査時間
最短30分 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年4.5%~17.8% 

最短3分申込完了のプロミス

  • 項目の少ないカンタン入力
  • Webなら最短1時間で借りることが可能
  • 谷原章介のCMでおなじみ

30日間金利0円

acom-banner

おすすめ度4.5

審査時間
最短30分 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大800万円 
実質年率
年3.0%~18.0% 

審査最短30分のアコム

  • 最短で今日中にお金を借りることが可能
  • 最大30日間の無利息期間
  • 永作博美のCMでおなじみ

①信用できる大手消費者金融を徹底比較

それでは、どのようにすれば良いのか説明していきたいと思います。まず、「消費者金融のキャッシングを選ぶ」ことからスタートです。
しかし、昨今いわゆる「闇金」と呼ばれる、違法的な活動を行っている業者もあります。リスクを避けるために融資の条件を確認する必要があります。消費者金融(賃貸業者)といっても、大規模なものから小規模なものまでさまざまです。
以下は消費者金融ランキングの上位4会社を比較したものです。

消費者金融 プロミス※1 アコム アイフル モビット※2
金利 4.5%〜17.8% 3.0%〜18.0% 4.5%〜18.0% 3.0%〜18.0%
借入限度額 500万 800万 500万 800万
審査時間 30分 30分 30分 30分
借入診断 あり あり あり あり
担保・保証人 不要 不要 不要 不要
詳細 簡単申込 簡単申込 簡単申込 簡単申込

※1 プロミスは、SMBCコンシューマーファイナンスのサービスであり、メガバンクが背景にあるので信用・安心感は高いと言えます。
※2 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

②初めての方には窓口で、誰にも知られたくない人はインターネットでの申し込みがおすすめ

消費者金融を選択した後は利用申し込みを行います。
利用申し込みは、消費者金融の窓口でも自動契約機でもご利用可能です。さらに、今日スマートフォンやパソコンからインターネットを通じて申し込みを行うこともできるようになりました。
窓口では、スタッフに一つ一つの細かい部分まで確認しながら申し込みを進行できるので特に初心者の方にとって安心できるものとなっております。
自動契約機やインターネットからの申し込みでは、誰とも顔を合わせずに手続きを進行できます。ばれずにお金を借りたいという人におすすめです。
スマホ・PCから申し込みをした場合の流れを簡単に図で表すと、以下のようになります。
申込フロー画像

③審査に進もう!すぐ現金が必要な場合は窓口か自動契約機から申し込もう

すぐに現金が必要な場合は、窓口か自動契約機で申し込むと、その日のうちに審査が受けられます。
しかし、まずインターネットから申し込むことをおすすめいたします。インターネットで事前申し込みしておくと、審査結果後、窓口や自動契約機で待たずにすむため、審査時間を短縮することができます。
今日、大手消費者金融では審査時間は、上記で比較した4つ(プロミス、アイフル、アコム、モビット)ともに、審査最短30分と非常にはやくなってきています。

④審査時は本人確認書類、条件によっては収入証明書の2つの書類が必要

審査において、必要書類は以下の2点になります。

本人確認書類 運転免許書・パスポート
収入証明書類 ⑴50万円以上の借入限度額の場合
⑵他社の借入額との合計が100万円を超える借入限度額を希望する場合

⑴、⑵どちらかの条件にあてはまっていれば、収入証明書の提示が必要です。
以上の条件を満たしていなければ、収入証明書の提出は不要となっていますので、自分自身でご確認ください。
書類提出方法は、消費者金融の窓口や郵送のほか、メールで写真を送付することも可能なため時間をかけることなくできます。どの方法を選択するにしても不備がないかをしっかりと確かめることをお忘れにならないようにしてください。
書類を提出し契約が完了すると、ご自身の契約した消費者金融の契約内容にしたがって上限額までいつでも引き出すことが可能となります。
申し込みまでの手続きは、以上となります。もう一度確認しておくと

  • ①消費者金融を選択する
  • ②申し込みを行う
  • ③審査を受ける
  • ④必要な書類の提出する

手数料や年間費がかからないキャッシングカードであれば、必要なときすぐに使えお金もかからないので将来の保険として作っておくだけ作っておいても良いかもしれませんね。

申請書に記載した本人であるかどうかを確かめるための在籍確認

在籍確認とは、お金を借りる際に、記載した申請書に誤りがないかを確認するための一つの方法です
キャッシング、カードローン会社は、その申請者本人がしっかりとした収入を得ているかを確認します。その上で、返済可能かどうかを見極めます。
キャッシングやカードローンの申込書には、個人情報(氏名、住所、生年月日など)勤務先や会社名、所属先などを記入しなければなりません。そこで本当にその本人が在籍し仕事をしているのか確認するのが在籍確認です。

電話での在籍確認で本人が対応可能、不可能な場合の内容の違い

それでは、在籍確認とは一体何をするのでしょうか。
審査を行うスタッフが本人の名前で電話をかけてきます。もし、本人が電話に出ると、融資の在籍確認であると伝えられます。やり取りは、以下のような流れで行われます。
<本人対応ができる場合>

  • ○○の担当者:「私、○○と申しますが、そちらにお勤めの◻︎◻︎さまはいらっしゃいますでしょうか。」
  • 本人:「はい、私◻︎◻︎です。」
  • ○○担当者:「◻︎◻︎さまご本人様でしょうか。」
  • 本人:「はい。」
  • ○○担当者:「個人名で失礼いたしました。今回お申込いただきました○○の担当者の○○でございます。こちらで在籍確認がとれましたのでご安心ください。

<本人対応ができない場合>

  • ○○担当者:「私、○○と申しますが、そちらにお勤めの○○さまはいらっしゃいますでしょうか。」
  • 従業員:「ただいま、○○は営業のため外出中でございます。」
  • ○○担当者:「かしこまりました。それでは、携帯電話のほうに改めます。お忙しいところ、ありがとうございました。」

このように、もし本人が電話に出られない際でも、本人がその職場で働いていることが確認されれば在籍確認となります。「貸金業法」で「契約者以外の第三者に契約の事実を知らせてはならない」と定められているので、○○会社の○○ですけどなどと社名を名乗ることはありませんので安心してください。また、電話で在籍確認をする際は、約1分程度で終了することがほとんどです。

虚偽の申し込みを行ったり、本人確認が取れないと在籍確認で審査通過しない可能性がある

在籍確認の際、キャッシングやカードローンの申請者を確かめ審査を通過しないケースがあります。それでは、どのような場合審査通過しないのか確認していきたいと思います。大きく分けて2通り考えられます。

    • ①実際に申請した職場で働いていなかったり、退職後の場合

まず、大前提として今現在勤務している会社の連絡先を記入しなければなりません。以前働いていた職場や勤務していない会社を記入すると虚偽の申請として扱われます。
虚偽の申請をした場合、以後キャッシングやカードローンの申請ができなくなる可能性があるので気をつけてください。

    • ②電話での在籍確認の際、本人確認が取れない場合

電話対応の際、実際に勤務しているにも関わらず、職場の社員が該当する社員は在籍していません。と答えてしまう場合です。
単純な名前の聞き間違えも起こりえますが、特に大手の会社で多数の部署を設けていたり、多くの従業員を抱えている場合のこのようなミスが起こりやすいです。
さらに、正社員ではなくアルバイトや派遣社員のキャッシングやカードローンを申請した場合、在籍確認でのミスが発生しやすのでご注意ください。

短期間に複数の申し込みをしてしまうと申し込みブラックとなる

申込ブラックとは、短期間の間に複数の申し込みを行いキャッシングやカードローンの審査の時に非常に不利になってしまう状態のことを指します。消費者金融はもちろんですが、銀行のカードローンやクレジットカードも含まれます。
すぐにお金が必要という時に、審査が落ちるのを恐れて同時に複数のカードローンを申請してしまうと、申請時点ですぐに信用情報に複数の申込情報が記録され申込ブラックとなってしまう可能性があります。

クレジットの申請をすると個人信用情報機関に申請内容が記録される

クレジットの申請をすると、カードの利用履歴などの信用情報と取り扱っている個人信用情報機関に申請内容が記録されます。
個人信用情報は、以下の3つの情報機関が管理しています

  • ⑴株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • ⑵株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • ⑶全国銀行個人信用情報センター(KSC)

そして、すべてのクレジット会社やローン会社が記載情報を確認することができます。例えば、複数のクレジットカード会社に短期間に申請することは、その人はそれだけお金に困っている。つまり、貸すリスクが高く、信用しにくい状態になります。「この人は、カードの不正利用を働くかもしれない」「借りた後に、行方をくらますかもしれない」などと考え、審査に通過しにくくなります

20歳以上で安定収入であれば誰でもお金を借入が可能

カードローンというと定職に就いている人だけと思うかもしれません。しかし、学生であってもアルバイトなどで安定収入があれば、お金を借りられます
学生がキャッシング審査に通るために重要なポイントは、以下の2点になります。

  • ⑴20歳以上であることと
  • ⑵安定収入があること

アルバイトなどで月1回以上の収入があれば問題ありませんが、仕送りなど人からもらったお金は収入としては認められないのでご注意ください。
また、収入の入る時期が不定期ですと審査に落ちる可能性が高くなりますので気をつけてください。

大手4つの消費者金融の利率と借入限度額を徹底比較

キャッシング 金利 借入限度額
プロミス 4.5%~17.8% 500万円
アコム 3.0%~18.0% 800万円
アイフル 4.5%~18.0% 500万円
モビット 3.0%~18.0% 800万円

しかし、最大借入限度額が500万だからといって、すべての人が最大利用額の500万借りれるわけではありません。
借入限度額は、各個人の属性や収入、さらに以前に借入の記録などの信用情報によって金融機関から判断されお客様個々人の利用額が決定されます。

借入限度額は、年収の3分の1以内で借入が可能

借入限度額を決定する際に「総量規制」という法が適用されます。これは、消費者金融などで借入する場合、申込者本人の年収の3分の1を超えてはいけないという法律です。例えば、年収600万の人は、200万までしか借入することができません。
しかし、銀行カードローンは「総量規制」が適応外であるので年収とは関係ありません。
また、日々確実に返済していたり、借入することによって借入限度額が増加することもありますので、将来的にまだ借入する可能性がある方は、着実に返済していきましょう。

初めての借り入れなら、大手消費者金融がおすすめ

一概にどこの消費者金融が安全というのはありませんが、特に初心者の方には大手消費者金融の「プロミス」か「アコム」で借り入れすることをおすすめします。プロミスなら最短3分で申し込みが完了し、アコムは審査回答が最短30分で完了します。今日中に借りれるので、初めての人でも利用しやすいのが特徴です。
また、安全に利用するためにも、返済期日や返済方法等はしっかり確認しておきましょう。

審査最短30分のプロミス

promise-banner

おすすめ度5,0

審査時間
最短30分 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年4.5%~17.8% 

最短3分申込完了のプロミス

  • 項目の少ないカンタン入力
  • Webなら最短1時間で借りることが可能
  • 谷原章介のCMでおなじみ

30日間金利0円

acom-banner

おすすめ度4.5

審査時間
最短30分 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大800万円 
実質年率
年3.0%~18.0% 

審査最短30分のアコム

  • 最短で今日中にお金を借りることが可能
  • 最大30日間の無利息期間
  • 永作博美のCMでおなじみ

すぐにお金を借りた場合、キャッシングを利用してクレジットカードを作ることがおすすめ

クレジットカードやキャッシングカードを利用して消費者金融の窓口やATMから借り入れすることは可能です。キャッシングを利用することによって急にお金が必要な時に、すぐに借り入れすることができます。たとえ、海外に滞在していてもクレジットを利用して現地通貨に変えることが可能です。海外旅行や海外出張の際には、現金を持ち歩くことはかなり危険です。今日、よく日本人が海外で犯罪に巻き込まれた等のニュースを耳にすると思います。クレジットカードの海外キャッシングを上手く利用すれば、多額の現金を持ち歩かずリスクを削減できるでしょう。さらに、万が一盗難にあってたとしても、盗難保険がついているので安心です。

クレジットカード「キャッシング枠」を申し込むと、海外のATMで現地通貨で引き出せる

海外キャッシングとは、クレジットカードを利用する国外のキャッシングです。クレジットカードの「キャッシング枠」を申し込んでおくと、現地での面倒な手続き(両替等)を省くことができ、現地ATMで現地通貨で引き出すことができます。さらに、海外キャッシングであれば、両替手数料はかかりません。また、海外で現金が必要となったとき、借入限度額範囲以内で自由にお金を利用することができます。ただし、クレジットカードのキャッシング枠には金利が発生するのでその点は自分のカードの金利を事前に確認しておきましょう。

キャッシングの申込方法

キャッシングの申込ブラックのデメリット・対策・解決策は?

Cache_01_r0034

キャッシング審査に通らなくなってしまう!?申込ブラックとは? 申込ブラックとは、短期間に多数の消費者金融や銀行系金融機関に申し込むことです。実は、キャッシングの申込みをすると個人信用情報機関に申込情報や申込履歴が記録されます。金融会社は審査をする際に申込者の信用情報を信用情報機関に問い合わせます。問い合わせの結果、複数の会社へ申し込んでいることが知られると...[続きを読む]

自動契約機で申込をするまでの手順や操作方法を紹介!

Dollarphotoclub_61856712

自動契約機の使い方はとても簡単 自動契約機の使い方はとても簡単です。直感的にわかりやすいタッチパネル形式になっています。 操作手順は以下のとおりです。 操作手順 1.性別や生年月日、職業についてや年収、他社借入状況などの個人情報の入力 2.本人確認書類を掲示して機械に読み取ってもらう 3.審査が行われる 4.審査に通過すれば契約...[続きを読む]

キャッシング申込時に保険証は必要なのか

Cache_39_P0209

キャッシング申込時に保険証は必要か キャッシングに申込みをする場合、本人確認のために身分証明書が必要になります。一番は運転免許証ですが、ない場合はパスポートでもいいということでした。しかし、パスポートも持っていないとなると、次に使えるのが健康保険証です。これらのことを考えると、申込時に国民健康保険などの保険証があると便利です。 収入証明不要商品は保険...[続きを読む]

カードローンの更新手続きをしないと停止される?再審査はあるの?

Dollarphotoclub_61506587

  カードローンの契約期間が過ぎても完済できない場合 カードローンの契約期間は、金融機関によって違いはあるものの、一般的に申し込みから銀行は1年、消費者金融は5年、一部クレジットカードは3年が目安のようです。 この契約期間内に借入残高と利子を完済できない場合には、特に問題がない限り自動更新されていきます。 更新手続きはない 自...[続きを読む]

キャッシング後のキャンセルは審査に影響するのか

Cache_27_r0224

カードローンの申込後にキャンセルは可能なのか カードローン審査後にキャンセルは可能です。 勿論、個人信用情報にも問題はありません。 キャンセルすることを申請した会社に一言連絡すれば、担当者がキャンセルの手続きをしてくれます。 (事情なども説明しておくことをお勧めします。) この連絡がないと、トラブルになる可能性や顧客情報にマイナスイメー...[続きを読む]

キャッシングの4つの申込方法を比較しました

Cache_06_p0138

  キャッシングの申込方法 キャッシングの申込方法は4種類あります。それぞれ特徴があるので、ここで紹介したいと思います。 店頭申込:スタッフと直接話しながら契約出来る 自動契約機申込:必要な時だけオペレーターに繋がって契約が出来る 電話・郵送申込:電話と後日郵送で契約が出来る インターネット申込:WEBのみで契約が出...[続きを読む]

1分で分かるキャッシングの追加融資!借入限度額内なら審査は不要?

Cache_38_P0205

キャッシングの追加融資を受けるために必要な条件 現在キャッシングを利用中で、追加融資を受けたいと考えているが、審査に通るかどうか心配だという方に、追加融資を受けるための条件や申し込み方法、賢く増額するための方法等について、詳しく説明したいと思います。 そもそも、キャッシングの追加融資とは利用限度額に空きがあれば、何度でも無条件で借り入れする事が出来ま...[続きを読む]

キャッシングは運転免許証があれば審査可能?申込に必要な書類を解説

Cache_39_P0209

申込時に提出する本人確認書類は免許証が一番おすすめ 運転免許証には申込者の顔写真、住所、生年月日が記載されているのでキャッシング・カードローンに提出する必要書類の中では最も有効です。しかし、免許証を持っていない人は健康保険証やクレジットカードの請求書、公共料金の支払い証などの身分証明書が必要になってきます。金融会社によっては、保険証のみでも可能な場合や健康...[続きを読む]

給与明細書不要のキャッシング、50万円以下なら可能

Dollarphotoclub_61856712

50万円以下のキャッシングなら給与明細の提出は不要です 具体的にどのようにして年収確認をするのかと言うと、サラリーマンの場合には給与明細ですが、自営業者の場合には確定申告書や公的機関が発行した所得証明書を審査のときに提出します。とはいえ、できることならば給与明細書を提出することなくキャッシングしたいものです。 そんなときは、キャッシング会社での借入希...[続きを読む]

店舗でのキャッシングよりも早く借りれるWeb申込

Cache_08_p0143

WEB申し込みの方が店舗窓口に行くよりも早く借りれる理由 お金が必要なので、近くにある店舗の窓口でキャッシングしようと思っている方は、ちょっと待ってください。店舗=すぐにキャッシングできるのではなく「申し込みをする→審査の結果を待つ」というステップが抜けています。 キャッシングするには、申込をして審査を待つ時間があるので、思い立った時にすぐにおこなう...[続きを読む]

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧