キャッシングアカデミー

リボ払いを払いきると損をする!キャッシング一括返済はこんなにお得

Cache_20_p0084

キャッシングする際リボや分割するよりも一括返済したほうがお得であると言われています。 キャッシングの返済方法は大きく分けて3つあります。 一括に返済する方法、分割して一回の支払額は控えめに返済する方法(分割払い)、 毎月の返済額を固定して返済する方法(リボ払い)の3つです。 このページでは一括返済について、メリット・デメリット、他の返済方法との比較、 一括返済のお得な利用方法を紹介しております。

キャッシングでリボ払いを続けると一括返済に比べて損をします

クレジットカードでキャッシングをした際、毎月分割で支払いを行うリボ払いに設定している人も多いと思います。
月々の支払額が少ない分お財布には優しいですが、実は一括払いに比べて多くのお金を支払っていることになります。

例えば、400,000円を借り、月々50,000円払い、金利18.0%という条件で借り入れた時の一括返済と金額とリボの返済とでは約18,000円もの差があるため、リボに比べ一括返済がお得です。

キャッシングの一括返済は一回の返済で残高をすべて返済すること

キャッシングの一括返済とは、一回の返済で残高をすべて返済することを指します。分割返済と違うところは、返済が終わるまでの期間が短いので支払う利息が少ないのでお得なところです。ただ、返済額が大きい場合、そもそも一回で支払う額が大きくなり、月の生活が大変になる可能性が高いです。
逆に、分割返済やリボ払いであれば一回に支払う額は小さいので、毎月安定した収入さえあれば返済は可能ですが、利息が多くかかるという点があります。

もし、月の生活が大変になりそうだな…と思っているのであれば、銀行カードローンへの借り換えを考えてみてもいいかもしれません。
特に三菱東京UFJ銀行のサービスであるバンクイックは安心の金利1.8%~と、銀行ならではの金利で、分割払いやリボ払いなどを利用して返済していくのであればおすすめです。

三菱東京UFJ銀行カードローン

mufg_pc_670

おすすめ度5.0

審査時間
最短30分 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年1.8%~14.6% 

※学生や配偶者に収入がある方なら申込可※遅延損害金は限度額によって異なります※商品名は「バンクイック」です。

三菱東京UFJ銀行に申込

消費者金融など含めたキャッシングの比較はこちらをご覧ください。

キャッシングの一括返済の2つのメリット

一括返済のメリットは大きく2つあります。「支払う利息が減る」と「完済の記録で審査に有利」です。この2つについて詳細を説明します。

1.一括返済をすると分割返済と比べ利息が大幅に節約できる

一括返済は、上記の通り支払った以降の利息がかかりません。分割返済と比べると、一括返済をした後の利息分だけお得になるというメリットが有ります。

2.一括返済とだと完済記録がつくので今後のキャッシングの審査に有利

キャッシング利用者が借入や返済を記録した情報を信用情報と言い、この信用情報はCICやJISSなどの信用情報機関に保管されます。キャッシング会社は申込者の審査するときに、原則として信用情報機関から信用情報を調べます。
延滞などの記録が残っていると、審査担当者はこの人に貸しても良いのだろうか…と不安に思う可能性があります
逆に、キャッシングを完済したという記録は実績として残りますので、審査担当者からすると、お金を貸しても返済してくれるという印象を持つため、今後の審査に有利になる可能性があります。

キャッシングの一括返済と分割返済の利息を比較

キャッシングの一括返済と分割返済の利息を比較してみました。まず、利息の計算式について簡単に説明します。実際、利息は毎日かかり、1日にかかる利息の計算式は以下のようになります。
借入残高×利率÷365 = 1日にかかる利息
例えば10日間、40万円を利率18.0%で借りていたとしたら
400,000円×18.0%÷365×10日間 = 1,972円
になります。10日間で1,972円もかかるので、1日でも早く返済しないと利息は膨らんでいくことがわかりますね。
以下に、400,000円を借りた場合で、月々50,000円払い、金利18.0%という条件で借りた時の、3ヶ月目の時点で臨時収入があり一括返済をした場合、8ヶ月支払いの分割払いをした場合、月々50,000円のリボ払い※1で完済した場合の、返済総額のシミュレーションを載せました。

返済月数 一括返済 分割払い※2 リボ払い※3
1ヶ月目 50,000円 53,433円 50,000円
2ヶ月目 50,000円 53,433円 50,000円
3ヶ月目 311,340円 53,433円 50,000円
4ヶ月目 53,433円 50,000円
5ヶ月目 53,433円 50,000円
6ヶ月目 53,433円 50,000円
7ヶ月目 53,433円 50,000円
8ヶ月目 53,433円 50,000円
9ヶ月目 29,387円
合計支払額 411,340円 427,466円 429,387円

※1 リボ払いは「元利定額リボルビング」という毎月利息も含めた額を定額で返済する契約の計算を掲載
※2 分割期間は8か月仮定
※3 毎月の支払いは50,000円仮定

以上の通り、やはり一括返済が支払う金額は一番少ないです。見た目、このケースですと大きな差は無いように見えますが、実際一括返済と分割払いおよびリボ払いの間には2倍以上の利息累計額の差があります。わかりやすいようにグラフにしてみました。
累計利息
このグラフを見る通り、早い段階で一括払いできるうちに一括払いをしたほうが良いということがわかります。

金利の計算方法の詳細はこちらをご覧ください

キャッシングの一括払いのおすすめの方法

一括払いが優秀なことがわかりましたが、そもそもそんなまとまったお金を持っているタイミングが来ることは珍しいです。300,000円などを一括返済するのは独身の方ならまだしも、家庭を築いている方などでは厳しいものがあります。ということで、今回紹介する方法は、キャッシングの利息を少しでも減らすための一括払いの方法です。

キャッシングと自分のお金を組み合わせて一括払いする

例えば、300,000円の借入残高があるとします。これを自力で300,000円用立てて返済するのはとても厳しいですね。そこで、200,000円をキャッシング会社から借りて、100,000円を自力で用意して300,000円全額返済します。100,000円なら確かに用意するのは大変だと思いますが、それでも300,000円全額を自力で用意するよりは現実的ですね。そこで、一括払いで完済するのにおすすめのキャッシング・カードローンがあります。

組み合わせにおすすめなキャッシング・カードローン

組み合わせて返済したところ、結局同じ金利がかかって返済総額が1円も減らなかったのでは、一括返済した意味がありません。そこで、今回おすすめするのは初めての方は30日間無利息で借りられるキャッシング・カードローンです。ここで紹介するキャッシング・カードローンは30日間無利息で借入が可能なので、一括払いと組み合わせれば利息を大幅に節約できます。

キャッシング・銀行カードローン 実質年率 限度額 詳細
アイフル 年4.5%~18.0% 最大500万円 詳細
プロミス 年4.5%~17.8% 最大500万円 詳細
三菱東京UFJ銀行 年1.8%~14.6% 最大500万円 申込

クレジットカードのキャッシングはACマスターがおすすめ

皆さんが普段使用しているクレジットカードでキャッシングをした際必ず借りた金額とは別に金利手数料を支払わなくてはいけないことはご存知でしょうか?
金利手数料は、カードの種類やキャッシング枠によって異なりますが、下記のように主なカード会社は年利18%を採用しています。
1年10万円借りたとすると、11万8千円を支払うことになり、借りた金額とは別に1万8千円を支払うことになります。

クレジットのキャッシングの金利は各会社によって違うのですが、全体的に12%~18%の金利幅が多いとされています。
クレジットカードを契約する際には下記表を参考にして、金利についても確認してキャッシングしてみましょう。

クレジットカードでは金利4.7%~と他社に比べてがお得なACマスターカードがおすすめです。

クレジットカード名 金利
ACマスターカード 4.7%~18.0%
楽天カード 18.0%
イオンカードセレクト 7.8~18.0%
NTTグループカード 18.0%
ライフカード 15.0%~18.0%
三井住友VISAクラシックカード 18.0%
エポスカード 18.0%
JCB一般カード 15.0%~18.0%

一括返済と分割払い、リボ払いの支払う利息の違いを紹介いたしました。返済方法の中で一括返済が一番支払う利息が少ないのでおすすめです。さらに一括返済をするなら無利息期間のあるキャッシングで返済するとお得なので、ぜひ利用してください。

希望条件でキャッシングを選ぶ

金利をなるべく抑えるのにお
すすめの消費者金融・銀行