キャッシングアカデミー

キャッシングの金利(実質年率)を比較!

お金を借り入れするときに最も重要視されるのは金利(実質年率)です。金利が低ければ低いほど利用者にとってメリットは大きいです。金利によって月々の返済金額も変わりますし、もちろん返済総額も変わります。しかし一口に金利と言っても融資を行う金融機関によって大きな差があります。金利の違いは、利用する金融機関の形態やその借入限度額によって大きく分けられますので、その違いをしっかりと把握しておくことが大切です。 ここでは消費者金融・銀行カードローンの金利の比較と利息0円の無利息サービスを行っている消費者金融と銀行カードローンを紹介します。

消費者金融で適用される金利(実質年率)のほとんどが18%

消費者金融の上限金利は18%ですが、それには理由があります。キャッシングを利用していく上で金利の仕組み知っておくことは非常に重要なポイントです。

18%という実質年率は消費者金融の最高金利

キャッシングで消費者金融を利用した場合、ほとんどのケースで18%、もしくは18%に近い実質年率が適用されます。これには理由があります。消費者金融の場合100万円未満のキャッシングを利用するときの上限金利は18%以下と、貸金業法という法律で定められているからです。キャッシング利用者のほとんどは5万円~10万円の借り入れのため、適用される金利は18%であるケースが多いのです。

消費者金融の金利を比較

金利は各消費者金融ごとに違います。それぞれがどれくらいの金利なのか見てみましょう。実際に大手消費者金融の実質年率を調べてみました。各消費者金融のカードローンの上限金利と下限金利は以下の通りです。上限金利は18%か17.8%ですが、その金利が適用されるのは全て100万円未満の貸付金利です。

消費者金融 実質年率
アコム 年3.0%~18.0%
プロミス 年4.5%~17.8%
アイフル 年4.5%~18.0%
モビット 年3.0%~18.0%

上記にある各消費者金融の金利を見てわかるように大手消費者金融のほとんどで100万円以下の借り入れを行う場合、金利は17.8%か18.00%とほぼ同じです。少しでも低い金利で借りたい人はプロミスの利用がおすすめです。後に紹介しますがプロミスをはじめて利用する人は30日間無利息サービスが利用できます。無利息サービスは返済期間が短いことを踏まえたうえで利用するのがお得です。

銀行カードローンの金利(実質年率)。消費者金融の金利と比較してみた

銀行カードローンは消費者金融と比べていくつかの違いがあります。その大きな違いとして金利があげられます。ここでは銀行カードローンの金利について紹介します

銀行カードローンは、消費者金融と比較して金利が低い

銀行カードローンは消費者金融と比較して金利が低く設定されています。実際に各銀行カードローンの金利を調べてみました。銀行カードローンの上限金利と下限金利は以下の通りです。銀行カードローンの金利が、消費者金融のカードローンの金利と比べて低いのはいくつか理由があります。最大の理由は銀行系カードローンの場合、保証会社というものが存在していているので、返済が滞っても損をすることがないからです。なので上限金利を消費者金融と同じ金利(18%)まで引き上げる必要がありません。低金利は総量規制対象外の銀行カードローンならではと言えます。

銀行カードローン 実質年率
三菱東京UFJ銀行カードローン 年4.6%~14.6%
みずほ銀行カードローン 年4.0%~14.0%※
三井住友銀行カードローン 年4.5%~14.5%
楽天銀行カードローン 年4.9%~14.5%
オリックス銀行カードローン 年3.0%~17.8%
※みずほ銀行カードローンの金利
[エグゼクティブプラン]年3.0%~7.0%
[コンフォートプラン] 年4.0~14.0%
※みずほ銀行の住宅ローンをご利用の場合、上記の金利から年0.5%引き下げられます。

消費者金融と比べて銀行カードローンの金利は上限金利、下限金利ともにばらばらです。
下限金利でいえばオリックス銀行カードローンですが、3.0%の金利が適用されるのは700万円以上の借入をした場合なので、3.0%という低金利を鵜呑みにしてはいけません。
即日融資なら三菱東京UFJ銀行カードローンみずほ銀行カードローンがおすすめです。特に三菱東京UFJ銀行カードローンなら土日でも即日融資に対応しているので急な借入の際にも大変便利です。

銀行カードローンの金利(実質年率)は融資額によって変わる

銀行カードローンの金利は申込者の融資額によって変えられています。例えば10万円以下の場合は15.5%、10万円~30万円以下の場合は14%と段階的に決められています。そして適用される金利は、融資額が高くなるにしたがって低くなります。

金利は融資額によって設定されている

銀行の場合、融資額によって金利が細かく設定されている点が、消費者金融との大きな違いです。適用される金利の範囲を利用限度額によって詳細に決めているのです。ですので、同じ銀行のカードローンでも10万円の限度額に適用される金利と、300万円の限度額に利用される金利にはかなりの差があります。

最低金利が適用されるのは最高限度額を借りた場合のみ

銀行カードローンの金利は、消費者金融と比較すると確かに低く設定されています。しかしここで最も注意していただききたいのは、銀行カードローンの最低金利は、最高限度額を利用した場合のみに適用されるということです。例えば三菱東京UFJ銀行カードローンの場合、最低金利は4.6%ですが、それは400万円超500万円以下の利用限度額に適用される金利なのです。オリックス銀行の場合最低金利は3.0%ですが、それは700万円超800万円以下の限度額が適用になった人に対して、3.0%~4.8%の範囲内で決定されるものなのです。

金利が0円!キャッシングを利用するなら無利息サービス

キャッシングの金利は消費者金融や銀行カードローンによって違い、当然それにより支払う利息が変わります。しかしもし金利が一切かからない利息額0円、といった内容のサービスがあったらどうでしょうか?ここではおすすめの無利息サービスを紹介します。

無利息サービスが利用できる消費者金融・銀行カードローン

無利息サービスを提供している主な消費者金融・銀行は以下の通りです。

キャッシング名 利用条件 詳細
アコム ・初めての利用
・返済期日が「35日ごと」
ボタン
プロミス ・初めての利用
・メール登録+Web明細利用(申込時)
ボタン
新生銀行カードローン レイク ・初めての利用
※契約額200万円以下+借入額5万円以下
※180日間無利息サービス利用時

利用条件は、各社ともに初めての契約であるということだけ。そして新生銀行カードローンレイクについては、30日間利息0円は他社と同じですが、それにプラスして当初借入から180日までについては借入金額5万円まで無利息です。

銀行カードローンの金利は消費者金融に比べて確かに低く設定されています。しかし最低金利が適用されるのは最高限度額を借りた場合のみなので注意しましょう。消費者金融の場合、上記で説明した通り、初回利用者に対して一定の期間無利息サービスを提供している所がいくつかあります。もちろん元金の返済はありますが、どの会社も「初めての利用」が無利息サービスを利用できる条件です。是非一度検討してみる価値があるサービスなのでおすすめです。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧