キャッシングアカデミー

千円単位でキャッシングできるカードローン会社とコンビニATMを解説

Cache_04_p0112

1,000円単位でキャッシングできる消費者金融や銀行のカードローンはそれほど多くありません。このページでは1,000円単位で借入や引き出しができるキャッシングやカードローンのおすすめ会社やクレジットカードのキャッシング枠などと、どこで引き出すと手数料無料でお得なのかを調べてまとめました。

1,000円単位で借りれるキャッシング・カードローンは5種類

1,000円単位で借りれる消費者金融・銀行のカードローンは4種類ですが、その中でも三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)が1,000円単位で借りれるATMの種類が最も多いです。そのうえコンビニATMでも手数料無料です。

 

キャッシング・カードローン 1,000円単位でキャッシング可能なATM 詳細
三菱東京UFJ銀行 三菱東京UFJ銀行ATM・提携コンビニATM・提携銀行ATM 詳細
みずほ銀行 みずほ銀行ATM・提携コンビニATM 詳細
プロミス プロミスATM・三井住友銀行ATM 詳細
アイフル アイフルATM 詳細
アコム アコムATM・セブンイレブンATM 詳細
モビット モビットATM・セブンイレブンATM・クレディセゾン 詳細

申し込む前に必ずチェック
各社、申し込みフォーム上だと「希望額」(限度額)が1万円単位からしか入力できませんが、その希望額の中から1,000円単位でお金を借りることができるので、安心して1,000円単位からの借入が可能です。

1,000円単位からのキャッシングなら三菱東京UFJ銀行カードローン

1,000円単位でキャッシングするなら一番オススメなのは三菱東京UFJ銀行のカードローンです。コンビニATMの手数料が無料と言うのも大きなポイントですが、なにより「1,000円単位で借りれるATMの種類が最も多い」のも大きなポイントです。1,000円単位での借り入れのしやすさでいえば、三菱東京UFJ銀行のカードローンが一番おすすめです。

1,000円単位で借りれるケースと借りれないケース

1,000円単位からの借り入れの場合

  1. 借入は1万円単位で引き出しは1,000円単位
  2. 借入も引き出しも1,000円単位
  3. 1,000円単位での借入れができない

と大きく3つのケースに分かれます。 消費者金融会社の中には5万円、10万円と1万円単位での契約をしていても、実際にATMなどを利用してお金を引き出す際に1,000円単位でも可能なところが何社かあります。

つまり1万円単位の契約でも、引き出すときは1,000円単位でも可能ということです。 消費者金融やカードローンを利用する側としては交際費や生活費の補てんなど緊急で必要になって借りるお金はできるだけ少額に抑えたいものですが、1,000円単位で借入する場合、借り方によっては金利とは別に手数料が発生することがあるので注意が必要です。

1,000円単位の借入・引き出しができるキャッシング会社を選ぶポイント

実はアコムやプロミス、アイフル、モビットなどの大手消費者金融のキャッシングはどれも1,000円単位の借入が可能です。 ただし、キャッシングATMでは1,000円単位の借入ができてもコンビニATMでは1万円単位での借入れしかできなかったり、コンビニATMで1,000円単位の借入ができても手数料がかかったりと知らずに使うと余計なお金がかかるので注意してください。

主要キャッシング会社の1,000円単位での借入の条件

キャッシングと銀行のカードローン
1,000円単位の借入
詳細
プロミス プロミスのATM、三井住友銀行のATM、振込キャッシングで1,000円単位での借入が可能 詳細
アイフル アイフルのATMなら可能。コンビニや銀行などの提携ATMでは1万円単位の借入しかできない 詳細
アコム アコムのATMとセブンイレブンなら1,000円単位で借入ができますが、セブンイレブンだと手数料が105円かかるため損 詳細
モビット モビットのATMや三菱東京UFJ銀行ATM、一部提携先銀行からなら1,000円単位での引き出しが可能 詳細

大手キャッシングの中では三井住友銀行のATMなら、1,000円単位での引き出しができるプロミス三菱東京UFJ銀行で1,000円単位の引き出しができるモビットのどちらかがオススメですが、どのキャッシングもコンビニでは1,000円単位での引き出しができなかったり、アコムのように引き出しはできても手数料がかかってしまいます。

1,000円単位のキャッシングをするなら銀行カードローンが最強

上の表のとおり、消費者金融ではキャッシングATMや提携先の銀行まで行かないと1,000円単位での引き出しや借入ができませんが、銀行カードローンはコンビニATMでも手数料無料で1,000円単位での借入れができる銀行があります。

銀行 1,000円単位の借入 詳細
三菱東京UFJ銀行 三菱東京UFJ銀行ATMだけでなく、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート全てが手数料無料で1,000円単位での借入が可能。 詳細
みずほ
銀行
みずほ銀行のATMや提携しているコンビニATM、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート全てが手数料無料で1,000円単位で借入が可能。 詳細
オリックス銀行 オリックス銀行のATMや提携しているコンビニATM、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート全てが手数料無料で1,000円単位で借入が可能。 詳細

三菱東京UFJ銀行カードローンとオリックス銀行カードローンはどちらも銀行ATMだけでなく、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートなどのコンビニATMでも1,000円単位での借入れが可能です。さらに引き出しの手数料も無料なので、使い勝手や手数料を考えればキャッシングより銀行のカードローン(三菱東京UFJ銀行カードローン、オリックス銀行カードローン)がおすすめです。

クレジットカードのキャッシング枠で1,000円単位は難しい

クレジットカードを持っている場合、消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンより、クレジットカードのキャッシング枠を使う方が早く借り入れできます。しかし1,000円単位での借入れができるクレジットカードはほとんどありません。

クレジットカード 金利 1,000円単位の借入
エポスカード 18.0% △ エポスのATMなら可。コンビニも可能だが手数料がかかる
セゾンカード 18.0% △ セゾンのATMなら可能
イオンカード 18.0% × 1万円単位での借入しかできない
ライフカード 18.0% × 1万円単位での借入しかできない
楽天カード 18.0% × 1万円単位での借入しかできない
三井住友VISAカード 18.0% × 1万円単位での借入しかできない
JCBカード 18.0% × 1万円単位での借入しかできない
オリコカード 18.0% × 1万円単位での借入しかできない

エポスカードはエポスATMでは1,000円単位での借入れも可能ですが、コンビニでは手数料がかかるため、かなり損になります。セゾンカードはセゾンATMのみ借入ができますがATMの台数やATMが使える営業時間を考えると利便性がイマイチ。 さらにクレジットカードのキャッシング枠は通常のキャッシングに比べて金利が高いのです。

定期的にキャッシングを使う可能性があるなら、消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンを持つのをおすすめします。1,000円単位でキャッシングするのにおすすめなのは上記の消費者金融と銀行カードローンです。是非ご参考にしてください。

希望条件でキャッシングを選ぶ

1~5万円の少額キャシング
可能な消費者金融・銀行一覧