キャッシングアカデミー

カードローン・キャッシングの審査落ち。ダメな2つのパターン

Cache_28_P0134

各金融会社ではキャッシングやカードローンの申し込み者に対して様々な条件をつけています。例えば、安定した収入があることや日本に在住していること、年齢などで、条件を満たしていると審査を受けることができます。条件が整っていたとしても、1度に3つ以上のカードローンに申込をしたり、収入に対して多く借りようとすると審査に落ちやくなります。このページでは、キャッシングに申込むときに、これをやってしまったら審査には合格できませんよ、というポイントを紹介していきます。審査に不安のある人は審査に通りやすいキャッシングを選んで申し込むことが大切です。

キャッシングでお金を借りる時にやってはいけないこと

第一に他社で遅延があるのに追加で融資を申し込むこと

結論から言うと、現在のカードローンの返済が遅延している時点で、信用が落ちているので審査に通りにくくなります。他社で遅延している方が、他のキャッシングの審査に通るか心配になるのは当然でしょう。仮に追加申込のキャッシング審査に通って借りられたとしても、借りたお金で遅延分を支払うと、両方の利子を払うことになり、利息が増えるため、段々と返済が難しくなっていきます

キャッシングに申し込む際には遅延がなくても、過去に返済期日を大幅に遅れたことがあったり、細かい遅延が何度も遭ったりした場合も、信用が落ちていて審査に通りにくくなります。

また、キャッシングの申込書に虚偽の記載は当然してはいけませんし、間違って記載してしまったりして不備があると審査に落ちることがあります。勤務先の電話番号を間違えたぐらいであれば、再度確認される程度で済むこともありますが、会社名を間違えていたりすると、虚偽記載を疑われる可能性があり、審査に落ちることがあります。

他のキャッシングで数件借りているのに新たに申し込みをしない

他社からの借り入れ件数が多いと、返済する余力がないとみなされてキャッシングの審査に落ちることがあります。この場合、借入の合計額も重要ですが、借りている件数のほうが重要になります。

額が多い場合は、逆にそれだけの融資が受けられる能力がある、とみなされることもありますが、キャッシング・ローン・消費者金融などの借り入れ件数が多い場合は、単純に経済状態が厳しい、とみなされるからです。

銀行カードローンに申込むときの注意点

モビット・プロミス・アコムなどのキャッシングに比べて、銀行系のカードローンでは、上記の内容以外にも審査に落ちやすくなる傾向にあります。まず、消費者金融などより審査が厳しい為、消費者金融で借り入れを断られた場合、銀行系ローンでも審査で落ちることが多くなります。

また、消費者金融では他に1社での借り入れがあるぐらいでは、遅延・滞納などない限り、キャッシングの審査に通ることが多いですが、銀行カードローンは消費者金融より審査が厳しいため、すでに他の銀行カードローンを1社でも利用していて、新たに別の銀行ローンを申し込む際、返済する余力に信用がなくなってしまい、結果審査に落ちることが多くなります

希望条件でキャッシングを選ぶ

審査に不安だけど借りるのに
おすすめの消費者金融・銀行