キャッシングアカデミー

信用金庫のカードローンの審査は厳しい?カードローンで選ぶなら銀行がおすすめ

Cache_06_p0138

信用金庫のカードローンは審査に通過するのが厳しいのでしょうか。審査に通るかは申込者の年収や支払い履歴、借入状況などで決めます。信用金庫のカードローンを利用する人の多くは、「既に利用している信用金庫だから申し込む」「担当者を知っているから安心」などの理由で利用する人が多いです。そのため、信用金庫のカードローンが審査に通りやすいわけではありません。場合によっては消費者金融や銀行の方がお得にお金を借りられるかもしれません。 ここでは、信用金庫と銀行と消費者金融の審査基準を比較しています。自分の年収や勤続年数によっては銀行や消費者金融がおすすめかもしれません。

条件が良いのは銀行や消費者金融。信用金庫との審査基準を比較

信用金庫のカードローン、銀行のカードローン、消費者金融のキャッシングの3つの金融機関の審査基準を紹介します。
銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングが信用金庫よりも安心や信頼できないものかというとそんなことはありません。大手銀行カードローンならそもそも口座保有者が多いので信頼できますし、消費者金融も今となっては日本人の8~9人に1人が利用しているので安心できます

金融機関
限度額
保証・担保
収入証明書
おすすめ
信用金庫 平均100万 必要 必要 ×
三菱東京UFJ銀行 500万 不要 不要※2 詳細
アイフル 500万※1 不要 不要※2 詳細
みずほ銀行 1,000万 不要 不要※2 詳細

※1消費者金融は法律により年収の1/3までしか借りられません。(総量規制と言います)
※2収入証明書不要の条件は、銀行だと限度額100~300万円以下、消費者金融だと限度額50万円以下になります。

上記の表の基準を見ればわかりますが、信用金庫よりも銀行や消費者金融のほうが、条件としては良いです。
信用金庫は担保や保証の準備が必要だったり、借りられる対象地域が限定されるので申込ための条件が厳しいです。また、銀行や消費者金融よりも借入限度額が低いのでおすすめできません。

また、上記の表の信用金庫の「保証・担保」の欄に”必要”と書かれていますが、実際に家を担保にする必要はありません。こちらは信金ギャランティ株式会社やしんきん保証基金などの保証会社に申し込みます。そこでの保証料金がかかるので注意しましょう。
万が一、返済が困難になった場合は、保証会社が請求する形になり、その後の返済は保証会社にしていきます。

信用金庫のカードローンの審査は甘い?厳しい?

信用金庫のローンの審査は厳しいわけではありませんが、かといって審査に通りやすいわけでもありません。
信用金庫のローンに申し込む人の多くは、審査の通過しやすさよりも「以前から利用している信用金庫だから安心」・「担当者が信頼できる」などの安心や信頼で選ぶのが多いと思います。金利もそれほど高くないので、借りやすさの面で条件は良いのですが、信用金庫のローンには次のようなデメリットがあります。

信金ローンの審査基準とデメリット

信用金庫のローンの審査基準(審査条件)を大まかにまとめると以下のようになります。

  • 1,安定継続した収入のある方(パート、アルバイトの方もお申込みいただけます)
  • 2,年齢が満20歳以上65歳未満で、公的健康保険に加入している方
  • 3,しんきん保証基金の保証が得られる方
  • 4,信用金庫の借入可能地域にいること

この中でも特に3,4の審査条件である「しんきん保証基金の保証が得られる方」と「信用金庫の借入可能地域にいること」が、信用金庫での借り入れを難しくしています。また、年収や、勤続年数、過去の借入歴も大きな判断材料になります。

信用金庫信用金庫の営業区域内に住んでいることなどが条件なので、当然以外の区域で申し込むことはできません。もちろん居住区の信用金庫には100%申し込みできますが。
信用金庫のローンを利用するためにはまず「会員」になる必要があります。それだけでも少しネックですが、信用金庫の大きな特徴は「来店して手続きしなければならない」ことです。申し込み自体はネット上でできますが、用紙の記入などのため最終的に来店する必要があるのです。
さらに信用金庫でお金を借りるためには、新たに指定された口座を開設する必要があります。しかし口座を開設しておけば、全国の信金ATMが手数料無料で利用できるというメリットもあります。

信用金庫ローンのメリット・デメリットまとめ

信用金庫ローンのメリット・デメリットを下の表にまとめました。手続き、保証などの手間を考えると、信用金庫のローンを利用することは必ずしも賢い選択とは言いにくいです。

メリット デメリット
・安心・信頼感がある
・低金利
・ATM手数料無料
・手続きが面倒(会員登録)
・申し込みが窓口のみ
・保証が必要
・口座を開設する手間
・信金を利用できる地域が限られている

こうみると消費者金融・銀行を利用したほうがお得にお金を借りれるかもしれません。審査が不安な方にもおすすめです。審査時間は「最短30分」であり、借り入れも「来店不要」でできます。次に信金と銀行と消費者金融の審査基準を比較してみましょう。

信用金庫の審査期間は約1週間。銀行なら最短即日

信用金庫のカードローンの審査期間は早くても2~3営業日、長いと1週間以上もかかることがあります。申し込みは基本的に窓口での対応になるので、決済などの忙しい時期はある程度の数日は見ておいたほうが良いでしょう。
このように銀行のカードローンや消費者金融と違って即日融資などは望めません。
また、審査で必要な書類を揃える為に会社や市役所で書類をもらわないといけないので、ここでも時間がかかってしまいます。

審査での必要書類は

  • 本人が確認できる書類(免許証や保険証)
  • 収入証明書(源泉徴収や確定申告)
  • 印鑑証明(市役所でもらいます)

書類はすぐに準備できるものもあれば、時間がかかるものもあるので早めに準備しましょう。

信用金庫のカードローンよりおすすめの銀行のカードローン・消費者金融

信用金庫のカードローンよりもおすすめの銀行のカードローン・消費者金融は、バンクイック、みずほ銀行カードローン、アイフルの3つです。
バンクイックとみずほ銀行カードローンは、パートやアルバイトでも安定した収入があれば借入は可能ですし、アイフルは最短30分で審査可能で、他の人にばれないような配慮がなされています。

大手の安心感!最短即日で融資可能なバンクイック

バンクイックこと三菱東京UFJ銀行カードローンのおすすめポイントはなんといっても「テレビ窓口」です。平日はもちろん、土曜・祝日も18時まで利用できます。信用金庫と違って口座がなくても利用できるのがポイントですね。

  • 最短30分審査
  • 最短3秒で融資可能かわかる「お試し診断」
  • 土日にも対応!テレビ窓口
  • 安心のネームバリュー

三菱東京UFJ銀行リコボタン

最大限度額1,000万円!みずほ銀行カードローン

消費者金融で借りるのが少し不安なら、銀行のカードローンであるみずほ銀行カードローンおすすめです。アルバイトやパートの方でも借りられる可能性は十分にあります。また、みずほ銀行の口座を持っていれば、業界一の限度額であり最短即日でお金を借りることができます。

  • 最短即日審査
  • 限度額最大1,000万円
  • おまとめ・借り換えにも向いてる
  • 全国ATM設置台数が多い

みずほ銀行リコボタン

最短1時間でお金が借りられるアイフル

全国どこでも最短1時間でお金を借りられるので、信用金庫のカードローンよりも便利です。カードの発行もスムーズでプライバシーもばっちり配慮されており、使い勝手に高い評価を得ているのも納得ですね。

  • 最短1時間で借り入れ可能
  • 1秒で融資可能かがわかる「1秒診断」
  • 誰にもばれない無人契約機あり
  • カードの郵送時間帯を指定できる

アイフルリコボタン

信用金庫は安心感があり低金利でお金を借りることが出来ますが、利用できる地域が決まっていたり口座開設や会員登録が必要です。比較してみると銀行のカードローンや消費者金融の場合、手続きが早く最短で30分で借り入れ可能です。また、信用金庫より限度額が高いことや必要書類が少ないといったメリットもあります。
このように信用金庫の審査で悩んでいるなら銀行のカードローンや消費者金融を試してみると良いでしょう。

希望条件でキャッシングを選ぶ

審査に不安だけど借りるのに
おすすめの消費者金融・銀行