キャッシングアカデミー

転職直後の方がカードローン審査に通過するための3つのポイント

Cache_34_P0144

転職する前の方や転職した直後の方は、カードローンの申し込み方法や審査について不安に思っている方が多いようです。 確かに、勤続年数が審査に影響するという話もありますし、転職直後などはカードローンを利用するにあたって不利な条件といえるでしょう。 このページでは、そんな方々が審査に通過できるように様々なテクニックや、審査の方法について紹介しております。審査に無事通過するため、しっかり読んでくださいね。

転職した人でもキャッシングできる消費者金融
少額のキャッシングならこの2つの消費者金融

転職したばかりの人がキャッシング審査に通過するための3つのポイント

キャッシングで融資を受ける条件は
20歳以上で安定した収入があること
ですので転職直後でもキャッシングできる可能性はあります。審査の段階では、勤続年数が長い方が一般的に審査に有利です。転職したばかりの人が審査に通過するための3つのポイントは、以下の3つです。それぞれ3つのポイントについて説明します。

  • ①借入希望額が5~10万円以内
  • ②勤続年数が半年以上
  • ③信用情報に返済遅延・延滞などの履歴がない

①借入希望額が5~10万円以内

借入希望額は5~10万円以内と少額にするのをおすすめします。転職したての収入が不安定な状況では、借入希望額が高すぎるとキャッシングの審査に落ちる可能性が高くなります。審査に通るためにも、借入額を高めにしてお金を借りるのだけは控えましょう。

②勤続年数が半年以上

転職先で勤務してから半年以上だとキャッシングの審査で有利になります。半年以下でも必ず審査に落ちるわけではありませんが、不利になる可能性があるということを覚えてください。

③信用情報に返済遅延・延滞などの履歴がない

過去の利用していたキャッシングやカードローンの返済遅延や延滞をすると、各金融機関が審査で使う信用情報機関にその情報が登録されます。遅延情報がたくさんあると、金融会社から「返済能力がない」と判断され、信用面で不利になってしまう可能性があります。他社借入(他社からの借金)も審査において不利になるので、支払い遅延を起こしてないか、また他社借入がないか確認しておきましょう

転職直後に借りるなら銀行のカードローン

上述で説明した3つのポイントの条件に当てはまるのであれば、銀行のカードローンで借りることをおすすめします。5~10万円からの借り入れも可能なうえ、知名度の高い大手銀行カードローンなので安心して利用することができます。

銀行 特徴 詳細
三菱東京UFJ銀行 最短30分審査。テレビ窓口を利用すれば最短即日融資も可能 詳細
みずほ銀行 みずほ銀行の口座を持っていれば最短即日融資OK 詳細
新生銀行カードローン
レイク
最短即日融資OK
2種類の無利息サービスあり
詳細

おすすめは三菱東京UFJ銀行カードローン

中でもおすすめなのは三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)です。審査時間は最短30分、安心の大手銀行カードローンなので借りやすさでは一番優れているカードローンです。借り入れできるか不安な方は最短3秒で融資可能かわかる「お試し診断」を利用してみましょう。
三菱東京UFJ銀行

  • 少額からの借り入れOK
  • 「コンビニATMでも手数料0円
  • 最短即日で融資可能」

転職すると審査に通りにくくなる理由TOP2

転職すると、転職前よりキャッシングの審査に通りにくくなる傾向があります。理由としては「新しい就職先での勤続年数が短い」「今後も安定した収入を得られるか見込めない」の2つです。ここでは転職すると審査に通りにくくなる理由について紹介します。

理由①勤続年数が半年以下と短い

勤続年数が1年以上と半年以下の人とでは、1年以上の人の方が審査に有利です。短い人ほど不利になります。キャッシングの審査における、勤続年数が長い人とは勤務先での勤続年数が1年以上の人を指します。必ずしも1年以上である必要はありません。しかし勤続年数が半年以下だと、審査に通る可能性は1年以上の人と比べて低いです。つまり、転職後すぐにお金を借りるとなると勤続年数が短いと判断され、審査の通過が難しくなります。

理由②毎月の収入が見込めない

たとえ新しい就職先での月収がよいとしても、その月収を今後も定期的に得られるとは断定できません。金融会社は、申込者が毎月収入を得ていることを知ってはじめて融資をします。そうなると先ほど説明した「勤続年数」は、安定した収入を得ているかどうか判断するうえで重要な審査基準ですね。

転職した人がキャッシング審査に必要な2つの必要書類

ここでは転職した人がキャッシング・カードローンの審査に必要な書類を説明します。

①本人確認書類は運転免許証か健康保険証

本人確認書類は基本的に「運転免許証」「健康保険証」のどちらかがあれば大丈夫です。

②前職の収入証明書類

少額の場合、収入証明書類の提出は必要ない金融会社が多いですが、転職した後だと「前職の収入証明書類」の提出を求められる可能性があります。ここでいう収入証明書類とは、
・源泉徴収票
・確定申告書
・給与明細
のことを指します。主に提出を求められるのは「源泉徴収票」や「給与明細」なので、あらかじめ用意しておくのがベストですね。

しかし転職後でも本人確認書類と職場への在籍確認だけで、審査に通った事例もあります。場合によっては収入証明書が必要ないかもしれませんね。

借入希望額は少額の方が審査に有利かも?

なるべくカードローンの審査に通りたい、ということを考えると借入希望額は5万円~10万円と少額にすることをオススメします。融資額が100万円以上とあまりに高額だといくら消費者金融だとはいえ、慎重にならざるを得ません。つまり審査がより厳しくなり、落ちてしまう可能性が上がります。なので5万円や10万円程度などの、比較的少額な金額ですと成功しやすいと言われています。逆に借入限度額ギリギリで申し込むと落ちる可能性があるので注意が必要です。

ここでは少額からお金を借りることができる消費者金融を紹介します。

初めは5万円~10万円で申し込む

なるべくキャッシングの審査に通りたい、ということを考えると借入希望額は5万円~10万円と少額にすることをオススメします借入希望額が100万円以上とあまりに高額だといくら消費者金融だとはいえ、慎重にならざるを得ません。つまり審査がより厳しくなり、落ちてしまう可能性が上がります。なので5万円や10万円程度などの、比較的少額な金額ですと成功しやすいと言われています。

少額で申し込んだ方が良い理由

最初は少額で申し込みをして、コツコツ返済をしていくことで信用度を上げられるからです。期日までに返済することによって金融会社から「この人は返済能力がある」と判断されれば、今後キャッシングを利用するときにスムーズに審査を進めることができます。

転職したてでも借りれる銀行のカードローンまとめ

転職したてでも借りれる銀行のカードローンをまとめました。自分の状況に合った銀行のカードローンを利用しましょう。

銀行 特徴 詳細
三菱東京UFJ銀行 最短30分審査 詳細
みずほ銀行 みずほ銀行の口座を持っていれば最短即日融資OK 詳細
新生銀行カードローン
レイク
最短即日融資OK
2種類の無利息サービスあり
詳細

希望条件でキャッシングを選ぶ

審査に不安だけど借りるのに
おすすめの消費者金融・銀行