キャッシングアカデミー

銀行カードローンの審査に通らない3つの理由!事前に審査対策

Cache_36_P0145

キャッシング・カードローンの審査に落ちてしまった経験はありませんか?審査に通らない人には、3つの理由があります。 ①既に複数の会社からお金を借りている ②過去に支払遅延・滞納の経験がある ③年収から見て多く借りすぎている もし、あなたが金融会社の担当者であればこのような返済能力の見込みが少ない人には貸したくないですよね。つまり一つでも身に覚えがある場合、キャッシング・カードローンの審査には通らないと考えるべきでしょう。 しかし、まだあきらめていはいけません。 キャッシング・カードローンの審査項目は大きく分けて3つあり、それぞれ対策があります。対策をおこなえば、キャッシング・カードローンの審査に通る確率はぐっと上がります。このページでは3つの審査項目と、その対策方法を紹介しています。

審査にお悩みならこのカードローン

キャッシング・カードローン・クレジットカード 特徴 詳細
三菱東京UFJ銀行 テレビ窓口を利用して最短審査40分で即日融資も可能 詳細
アイフル お試し診断で融資可能か1秒でわかる 詳細
みずほ銀行 限度額は安心の最大1,000万円 詳細
ACマスターカード クレジットカード機能付き 詳細

審査に不安人はお試し診断ありのアイフルがおすすめ

アイフルにはたった4項目で自分が融資可能か判断できる、「1秒診断」というサービスがあります。自分がお金を借りれるか知りたい、審査に通るか不安な方は是非このサービスを利用してみてください。
アイフルならWebから申し込んだ後、フリーダイヤルに電話すれば審査時間を短縮することができます。審査時間は最短30分なので、急ぎの方にとっても利用しやすいです。
アイフルリコボタン

  • 最短1時間で借り入れ可能
  • 融資可能かすぐにわかる!1秒診断あり
  • 誰にも知られずに借りやすい

1秒診断するまでの流れ

下図で示している「1秒診断」というボタンをクリックすると・・・
アイフル

以下のページに飛ぶので、そこからお試し審査を進めることができます。


aiful-ota

銀行や消費者金融が重視する3つの審査項目を確認

銀行や消費者金融が申し込みで重要視している項目を紹介しています。この3つの項目に1つでの当てはまるなら、その対策まで読んでください。

1.既に3社以上の金融会社からお金を借りている

キャッシング・カードローンの審査に通らない理由の中でも一番多いのが、借りている金融会社の数が多いことです。合計の借入額が同じ場合、借り入れしている金融会社数が多いと「1つの金融会社で希望額を借りられないほどの信用なんだな。」と思われます。そのため借り入れ件数が少ないと審査に通りやすくなる可能性があります。それでは、3つ以上の金融機関から借り入れをしているならどのような対策があるでしょうか。
対策方法は1つの金融機関におまとめすることです。銀行のカードローンの中には複数の借り入れをおまとめできるものもあります。

2.過去の支払いの滞納している

各金融会社は、信用情報機関という、客の過去の審査や返済情報を記録した機関から情報提供を受けてます。過去に信用情報が悪くなるような行い、たとえば返済滞納や連続申込などをおこなっていると、審査に通らなくなり他の金融会社からも融資を受けられなくなってしまいます。対策としては、別の金融機関に申し込むことです。実は、消費者金融と銀行では審査に使う信用情報機関は違います。過去に支払い滞納をした時は別の金融会社に申し込み

3.既に年収の1/3まで借りている

消費者金融から年収の1/3まで借りてしまっていると、それ以上、消費者金融から借りることは絶対にできません。なぜなら、消費者金融は貸金業法の総量規制で年収の1/3以上貸し付けは法律違反になっています。
年収の1/3以上の貸付制限は消費者金融全体での貸し付けなので複数の金融機関から少額を借りていても法律にかかります。
対策は、銀行カードローンを利用することです。銀行は適用されている法律が銀行法と言って、そこに総量規制というものはありません。年収の1/3まで借りてしまっている場合は、銀行のカードローン

既に3つ以上からお金を借りているなら1つにおまとめ


3つ以上の銀行や消費者金融から借りているなら、1つの金融機関に「おまとめ」することです。「おまとめ」とは複数の金融機関の借り入れを1つにまとめることで、銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングは利用目的が基本的に自由なので、他社から借りている金額の返済に充てても問題ありません。おまとめすると、多くの金融会社から借りていて管理がめんどくささから解放されます。また、信用も復活してまた借りることができるようになるのでぜひ利用することをおすすめします。

おまとめに使える銀行のカードローン

銀行 限度額 金利 詳細
みずほ銀行 最大1,000万円 年3.0~7.0%※ 詳細
オリックス銀行 最大800万円 年3.0~17.8% 詳細
三菱東京UFJ銀行 最大500万円 年1.8~14.6% 詳細

※エグゼクティブプランの金利となります。みずほ銀行の住宅ローンをご利用の場合、上記の金利から年0.5%引き下げられます。

過去に支払いの滞納しているなら別の金融会社に申し込む

消費者金融と銀行は、支払い履歴や返済情報が載っている信用情報機関の情報をもとに審査を行います。しかし、その信用情報機関は、銀行と消費者金融では別の信用情報機関を使っているので片方の金融機関で落ちても、別の金融機関に申し込めば、初めてお金を借りるようなときの審査基準で審査を受けることができます。
まとめると

  • 消費者金融で滞納⇒銀行のカードローンに申し込み
  • 銀行のカードローンで滞納⇒消費者金融に申し込み

おすすめの消費者金融と銀行

銀行・消費者金融 特徴 詳細
みずほ銀行 みずほ銀行口座をお持ちなら即日融資可 詳細
アイフル 最短2分で申し込み完了 詳細

年収の1/3以上借りてしまっている人は銀行カードローン

消費者金融に適用されている貸金業法では、顧客の年収の1/3以上貸し出すことを禁じている総量規制という項目があります。しかし、銀行カードローンでは銀行法が適用されており、そこには総量規制のような貸出上限を制限するような項目はありません。
つまり、年収の1/3まで借りている状態でこれ以上消費者金融で借りられないと思った人は銀行カードローンに申込めば借りることが可能になるわけです。もし、年収の1/3以上借りてしまっている場合でお金を借りたいときは、銀行のカードローンに申込みましょう。

銀行のカードローン一覧

銀行 限度額 審査時間 詳細
みずほ銀行 最大1,000万円 最短即日 詳細
オリックス銀行 最大800万円 最短即日 詳細
新生銀行カードローンレイク 最大500万円 最短即日 詳細
三菱東京UFJ銀行 最大500万円 最短即日 詳細

希望条件でキャッシングを選ぶ

審査に不安だけど借りるのに
おすすめの消費者金融・銀行