キャッシングアカデミー

キャッシングのお試し審査・診断とは?本審査との違いやおすすめ会社

Cache_37_P0146

キャッシング審査に通過するかどうか心配、そういう人は意外と多いです。実際に行って、審査に落ちてしまったら時間や手間などももったいないですよね。そんなあなたにオススメなのが、キャッシングのお試し審査です。本審査ではないので、確実に審査に通過するとは言えませんが、可能性が高いということになります。 この記事では、お試し審査とは何か、本審査との違い、お試し審査に落ちてしまった場合の対処法などを紹介していきます。記事の最後にはお試し審査のある消費者金融や銀行系のカードローンの紹介もありますので、お試し審査に興味がある方は是非試してみてください。

キャッシングお試し審査とは?

キャッシングのお試し審査とは、WEB上で簡単な項目を記載して融資が可能か否かを判定してくれる無料サービスのことです。時間は3?5分程度と短い時間で可能で、手軽に試すことが出来るようになっています。入力する情報は、簡単な個人情報(生年月日や職業など)や他社借入件数、年収、保険加入の有無などといった数項目です。お試し審査の履歴は信用情報に記録されませんので、複数の会社でお試し審査をできるのがお試し審査の強みですね。

お試し審査と本審査の審査基準の違い

お試し審査と本審査の決定的な違いは個人信用情報機関に情報が登録されるかされないかの違いです。ここではお試し審査と本審査の違いについて紹介します

お試し審査は仮想的にコンピューター(システム)にプログラムして判定をします。お試し審査で融資可能と判断されても本審査では融資不可になる場合もあります。これは、申請者を過去に同じような人と照合して判定すると言われています。

本審査は実際に消費者金融や銀行系の金融業者を通して、詳しい申請書類を記載し、個人信用情報機関を通して信用情報を照合します。申請書類や個人信用情報、在籍確認や人柄などを総合的に判断して審査をします。そのうえで、総合的に融資可能か借入限度額はいくらになるのかが決定されます。

お試し審査に落ちてしまったら

お試し審査に落ちてしまったら、以下の項目に当てはまっていないか確認してみてください。その項目をクリアしていくことで、審査に通る可能性が上がります。

    • 就職の有無

定職に就ているか否かで判定が変わります。特に無職、専業主婦、収入が少なめのパートをしている人などは難しい傾向にあるようです。

    • 年齢

 

年齢が20歳に満たない方や60代の方は、収入が少ないということで返済が難しい人と思われるようです。60代の人でも、それなりの収入がある人は金融会社によってはお試し審査に通過する人もいますので、何社か試してみるのも手です。

    • 他社借入件数

 

他社からの借入件数や総借入額によってお試し審査の通りやすさが変わります。借入件数や借入額が多い方はまずそれを減らすようにしてみましょう。

お試し審査のある消費者金融、銀行系カードローン

ここではお試し審査がある消費者金融や銀行カードローンを紹介します。

    • プロミス

お試し審査で3秒で借り入れが可能かどうかの回答結果が判明します。その後、最短30分で契約可能額が決定するので即日融資を希望する人にはありがたいシステムです。
限度額50万円以下なら収入証明書も不要です。

    • アコム

お試し審査という名前ではなく、お試し3秒診断というサービスになっています。3項目だけで判定されるのでスピーディーに審査結果がわかります。
本審査時間も最短30分で可能です。

    • 新生銀行カードローンレイク

お借入れ診断という名前で診断出来ます。契約額1~200万円の方は、お借入額のうち5万円まで180日間利息無料またはお借入全額30日間無利息のどちらかを選べます。

希望条件でキャッシングを選ぶ

審査に不安だけど借りるのに
おすすめの消費者金融・銀行