キャッシングアカデミー

キャッシング・カードローンのランキング!おすすめはアイフル

お金を借りるときにどの消費者金融、または銀行のカードローンで借りるか迷ったことはありませんか?実質年率(金利)や審査時間などももちろん気になりますが、やはり人気のキャッシング・銀行のカードローンを利用したいですよね。イメージとしては消費者金融が即日融資、少口融資。銀行カードローンが低金利、高い限度額などがありますが、自分に合ったキャッシング・カードローンを選びましょう。 このページでは当サイトおすすめの消費者金融・銀行カードローン人気ランキングを紹介します。

消費者金融を比較。即日融資で選ぶならアイフル

消費者金融
実質年率
限度額
審査時間
アイフル 4.5%~17.8% 500万円 最短30分
プロミス 4.5%~17.8% 500万円 最短30分
アコム 3.0%~18.0% 800万円 最短30分

(1位)アイフル

主な特色としてまず最初に上げられるのが、web申し込み限定の「ファーストプレミアムカードローン」というものです。年収によって金利を設定しているのが特徴です。申し込み条件は23歳以上59歳以下の方及び初めてアイフルに借入の申し込みをする方です。金利は要審査ですが100万円以上200万円未満で4.5%~9.5%、400万円以上500万円未満で4.5%~5.5%です。次に上げられるのはインターネットで申し込み後に、フリーダイヤルで電話すると優先して審査を急いでくれるというサービスです。ネット申し込みをするとメールで案内が来ますが、その後にフリーダイヤルに電話するというシステムです。5万円~10万円のお金を今すぐに借りたい!という方にもアイフルはおすすめできます

アイフル

aiful-banner
審査時間
最短30分 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年4.5%~18.0% 

※はじめての方に限り、最大30日間無利息。

公式サイトで詳細を見る

(2位)プロミス

プロミスカードローンの特色として上げられるのが「瞬フリ」というサービスです。電話やインターネットを利用した振込サービスはどこの消費者金融でもありますが、プロミスの場合、三井住友銀行やジャパネット銀行の口座を持っている方は、手続き後最短10秒で口座に振込可能です。最短10秒は大手消費者金融の中でも最短です。24時間深夜でも振り込み可能で、銀行振込手数料もかかりません(要会員登録)。

(3位)アコム

アコムの特色として上げらるのが「むじんくん」で、審査がOKになるとその場でカードを受け取れるサービスです。大手の消費者金融でも行っている所もありますが、受付時間が8時から22時迄あるので仕事帰りでも安心して申し込み可能です。

今回は大手3社をピックアップして比較してみましたが、消費者金融で金利や借入限度額に大きな違いはありません。しかしその他のサービス内容を見るとかなり違ってきます。サービスの充実度について言えば、3社の中ではアイフルが群を抜いています。特に「ファーストプレミアムカードローン」は金利も低く、条件の年収基準もそう高くないので、初めての方は是非利用することをおすすめします。

銀行のカードローンを比較。三菱東京UFJ銀行カードローンは即日融資向け

銀行
実質年率
限度額
審査時間
三菱東京UFJ銀行カードローン 4.5%~14.6% 500万円 最短30分
みずほ銀行カードローン [エグゼクティブプラン]
年3.0%~7.0%※
[コンフォートプラン]
年4.0~14.0%※
1,000万円 最短当日
午後の申込の場合は翌日返答
楽天銀行カードローン 4.9%~14.5% 500万円 最短即日
通常2営業日までに回答

※みずほ銀行の住宅ローンをご利用の場合、上記の金利から年0.5%引き下げられます。

(1位)三菱東京UFJ銀行カードローン

見て分かる通り消費者金融とほとんど違いはありません。審査時間も最短30分で即日融資も可能です。銀行ATMの近くにあるTV窓口で申し込みをすれば、その場でカードを受け取ることができます。土日祝日も平日と変わらず18時まで取引ができるのが他の銀行にはない三菱東京UFJ銀行だけの特徴です。金利は利用限度額によって違います。下限金利は、最高限度額の400万円超500万円以下で4.6%~6.1%となっています。大手銀行でもトップクラスの低さです。100万円以下の申し込みまで収入証明書の提出は必要ありません。

三菱東京UFJ銀行カードローン

mufg_pc_670
審査時間
最短30分 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年1.8%~14.6% 

※学生や配偶者に収入がある方なら申込可※遅延損害金は限度額によって異なります※商品名は「バンクイック」です。

公式サイトで詳細を見る

(2位)みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンの最大の特徴は2つあります。1つは最高借入限度額が1,000万円、2つ目はカードローンの中で最も高い限度額なことです。いずれも銀行カードローンならではと言えます。即日融資は可能ですが、申込が午後になると審査結果の回答は翌日になってしまうので注意しましょう。200万円までの申し込みであれば、収入証明書の提出の必要はありません。

(3位)楽天銀行カードローン

楽天銀行にはポイント制度があり、カード入会及び利用で最大30,000ポイントが溜まり、楽天市場等で最大31,000円の買い物が可能となります。
300万円の借り入れまで収入証明書の提出の必要はありません。

金利や限度額、審査結果の時間などで比較した結果、オススメできるのはやはり三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックです。審査のスピードやお金を借りるまでの時間は消費者金融とさほど変わりはないことが1番の特徴です。

どの金融機関のカードローンが利用者にとって一番良いのかを比較する時、金利や審査の早さはもちろんですがその金融機関の独自のサービスを比較検討するのも大切です。共通して言えるサービスに、消費者金融系には金利0円サービスというものがあります。新規の借入に限って無利息期間30日というサービスですが、今回紹介した大手消費者金融3社とも、そのサービスを利用できます。消費者金融・銀行カードローンのどちらも自分に状況に合った借り入れ・サービスを利用しましょう。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧