キャッシングアカデミー

消費者金融と銀行カードローンの限度額を比較。

キャッシングするときには自分がいくらまで借りられるかを知るために「限度額」を把握する必要があります。お金を借りるときは審査時間や金利などで判断しますが、当然限度額もお金を借りるときの判断要素です。 ここでは消費者金融と銀行のカードローンの限度額を紹介します。

消費者金融と銀行のキャッシング限度額を比較してみました

消費者金融と銀行のキャッシングを比較してみると、両者には大きな違いがあります。それは限度額と金利設定の違いです。今回大手消費者金融と大手銀行カードローンを比較してみました。

<消費者金融の限度額>

消費者金融
実質年率
限度額
アイフル 4.5%~17.8% 最高500万円
プロミス 4.5%~17.8% 最高500万円
アコム 3.0%~18.0% 最高800万円
モビット 3.0%~18.0% 最高800万円

<銀行のカードローンの限度額>

銀行のカードローン
実質年率
限度額
三菱東京UFJ銀行カードローン 年4.6%~年14.6% 最高500万円
みずほ銀行カードローン [エグゼクティブプラン]
年3.0%~7.0%※
[コンフォートプラン]
年4.0~14.0%※
最高1,000万円
楽天銀行カードローン 年4.9%~年14.5% 最高500万円
オリックス銀行カードローン 年3.0%~年17.8% 最高800万円
新生銀行カードローンレイク 年4.5%~年18.0% 最高500万円

※みずほ銀行の住宅ローンをご利用の場合、上記の金利から年0.5%引き下げられます。

比較表を見てわかるように銀行のカードローンは消費者金融と比較して一般的に金利が低く設定されていて、限度額も消費者金融と比べて高いのが特徴的です
限度額だけでみたら「みずほ銀行カードローン」が1,000万円と銀行のカードローンの中では最も高額です。しかしこの限度額はあくまで最高限度額ですので、必ずしもこの金額が借りられるとは限りません。最高限度額いっぱいのお金を借りるのは相当まれなケースですね。消費者金融だと最低でも年収が1,500万円以上ないと最高限度額の500万円を借りることはできません。
また最高限度額を借りたときは最低金利が適用されます。みずほ銀行の場合だと1,000万円近くのお金を借りれば、最低金利の4.0%が適用されます。

キャッシング限度額は年収・職業などによって決まる

カードローンの借入限度額は、最高限度額を上限として細かく設定されます。限度額は高ければ高い方が良いものですが、この限度額はどのようにして決められるのでしょうか?

年収が高いと限度額も高くなる

審査基準は各金融機関によって違うので一概に言えませんが、一般的に最も重要視されるものが「年収」です。理由としては総量規制という法律によって年収の3分の1までしかお金を借りることができないからです。つまり年収が高ければ高いほど、キャッシング利用者の限度額は高く設定されます。年収が300万円なら限度額は100万円、年収が600万円なら限度額は200万円になるといったかんじです。

職業が重要視される理由

結論から言うとアルバイト・パート、自営業者よりも大手企業に務める正社員や公務員などのほうが限度額が高く設定されやすいです。なぜなら雇用形態がアルバイトやパートなどよりも正規雇用の正社員の方が「安定した収入」と「返済能力」あると見込まれるからです。学生やパートをしている主婦の方でも当然キャッシングの利用は可能ですが、限度額は正社員に比べて低く設定されると思いましょう。

総量規制に注意!自分の年収に合った借り入れがおすすめ

総量規制という法律があります。キャッシングの合計額が自分の年収の1/3を超えて借入ができないという法律です。総量規制はキャッシングを利用するには知っておかなければならない最低限の基礎知識です。

消費者金融のキャッシングは総量規制の対象

消費者金融のキャッシングは原則総量規制の対象となります。ただし銀行のキャッシングは総量規制規制対象外です。例えばあなたの年収が300万円だとすると、消費者金融からキャッシング出来る、最高限度合計額は100万円です。銀行のカードローンは総量規制対象外です。

キャッシングは自分の年収にあった借り入れをしよう

総量規制は貸金業法という法律です。自分はまだ借入して返済できると思っても総量規制を超えた融資をすることは法律で禁止されているのです。ですのでキャッシングは自分の年収とキャッシング残高を良く考えながら利用することが大切なのです。

限度額を上げられるのか?増額する方法

限度額を上げることはもちろん可能ですが、そのためには「増額審査」に通過する必要があります。では増額するためにはどうしたらいいのでしょうか?

  • キャッシングの利用実績が増額のポイント

キャッシング限度額を増額するためには「どれだけキャッシングを利用しているか」がポイントです。少なくとも半年以上キャッシングの利用をしている必要があります。定期的にキャッシングをしてしっかりと返済をしていることが限度額増枠の最低条件です。
また限度額は増額できたとしても10万円~20万円程度なのでいきなり限度額が50万円から100万円にあがるケースはありません。あくまで総量規制がありますので限度額はそう大きく上がることはないので覚えておきましょう。

キャッシングの限度額は、申込者の年収や職業によって決められることがおわかりいただけたでしょうか?限度額の決定基準は金融機関によって違うので一概には言えませんが、無理に限度額ぎりぎりのお金を借りる必要はありません。限度額を意識するのも大事ですが、より大事なことは「必要な分だけお金を借りる」ことです。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧