キャッシングアカデミー

アイフルの審査に落ちたかもと思う人必見!その理由と対策

Cache_01_r0034

アイフルは学生や主婦でも借りられるので、なかなか審査落ちすることはないだろうと申し込んだのに落ちたという人もいるかと思います。アイフルに落ちたのなら何故落ちたのか理由がわかりやすいので、落ちないためにどうしたら良いか対策が打ちやすいと言えます。 このページでは、アイフルに落ちる理由からアイフルの審査に落ちてしまったらどうすれば良いかまでを説明していきます。

アイフルに落ちる理由は主に4つ

アイフルに折角申し込みをしても、落ちてしまう人がいます。アイフルの審査に落ちる人は何が問題だったのでしょうか。ここではアイフルに落ちる主な理由を4つあげて、審査に通るためのポイントを押さえてゆきたいと思います。

安定した収入がない

第一にアイフルで落ちる人の理由には、安定収入がない人があげられます。安定収入があれば、雇用形態はパートやアルバイトでも大丈夫です。

このため、安定収入があれば学生やフリーターでも審査は通ります。アルバイトをしているのに落ちるとすれば、安定収入と認められないことが考えられます。

アルバイト、パートの場合は、短期での契約を繰り返している場合は安定収入とはみなされず審査は不利になります。よってアルバイト、パートでは長期で継続的に働いているかどうかが大事なポイントになります。

本人の安定収入の有無は、アイフル以外の金融機関でも必ず審査の対象となります。本人に収入がない場合は、どの金融でも借入れはできません。

年齢制限に引っかかっている

アイフルの貸付には年齢制限があります。この年齢制限は絶対で、対象年齢に該当していない人は借りることができません。

アイフルの融資可能な年齢は、満20歳以上69歳以下の人で、20歳未満または70歳以上の人は申し込みができません。

融資の可否 年齢
融資可能 満20歳~69歳まで
融資不可 20歳未満、70歳以上

また傾向として、20歳以上でも若年者や、65歳以上の高齢者は貸付が比較的厳しく審査通過率が下がります。

総量規制の対象になるほどの希望額で申し込んでいる

総量規制を超えて借入れを希望する人も審査には通りません。総量規制とは金融機関からの借金は年収の三分の一以下とする規制で、これを超える貸付けは法律で禁止されています。

実際にそれほど多くの借入を必要としていないのに、希望額を無駄に大きくしてしまうと、この総量規制にひっかかってしまうため、審査に落ちてしまいます。審査通過するためには収入に応じた額で申し込みをすることが大切です。

申し込み時に申請した情報が間違っている

申込時に申請した情報が間違っていると、審査に通らない可能性があります。生年月日、名前、他社からの借入、年収などの基本情報はすべて正確に記載、申告をしましょう。ケアレスミスで落ちるのではたまったものではありません。申し込む前に内容に間違いがないか再度確認をすることをオススメします。

アイフルに落ちたら連続して申し込むのは絶対NG

アイフルに落ちたら連続して申し込むことはやめましょう。連続して申込んだ場合は申し込みブラックの状態になります。

半年間は申し込みが厳しい状態になっている

アイフルに限らず、消費者金融機関に申し込むと、その情報は信用情報機関に半年間残ることになっています。

この申し込み情報が残っている半年間の間は、審査に受かりにくいため、再度申し込むと信用情報に更なる傷をつけることになりますので、絶対にやめましょう。

以上の理由で、思い当たることがあり、申し込みをしても審査に通らないと思ったときは、最初から申し込みはしない方が無難です。また過去にアイフルで債務整理をした人や、信用機関に返済遅延や事故情報がある人も審査には通りません。

アイフルに落ちた人が申し込むオススメの金融機関

アイフルに落ちてしまったけど、キャッシングをしたいという時はどうしたら良いのでしょうか。ここではそんなアイフルに落ちた人へ、オススメの金融機関をケース別にご紹介したいと思います。

申し込み限度額が大きかったのなら銀行カードローン

アイフルに落ちるにはいくつかの理由がありますが、そのうちの一つに申し込み限度額が大きすぎるという理由あります。

このケースでは、銀行カードローンに申し込むことをオススメします。銀行カードローンは申し込み限度額が大きく設定されており、さらに総量規制には引っかからないため、申し込み限度額が年収の三分の一を超えても、現在他社ローンの借入をしている場合でも融資をしてもらえる可能性があります。

しかし、銀行カードローンは一般的に消費者金融より審査が厳しいため、その他の理由で落ちた人が申し込むのは難しいと考えた方が良いでしょう。

書類の不備だけなら消費者金融に再度申し込みを

アイフルの申し込みの際に融資希望額が低く、さらにしっかり自身で安定収入を得ているにも関わらず落ちた場合は、書類の不備で落ちた可能性があります。

思い当たる節がなければ、消費者金融に再度申し込みをしましょう。銀行は審査自体が厳しいため、消費者金融に申し込むことをオススメします。

ただし、本当に書類の不備以外に問題はなかったのかよく検証してから申し込むようにしましょう。審査に落ちた理由が書類の不備でなく、別の理由がある場合には、何度も申し込むと申し込みブラックとなってしまい、信用情報に傷がつきますので注意が必要です。

アイフル

aiful-banner
審査時間
最短30分 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年4.5%~18.0% 

※はじめての方に限り、最大30日間無利息。

公式サイトで詳細を見る

ここまで主にアイフルの審査に落ちる理由についてみてきました。 アイフルに落ちるケースでは、安定収入がないこと、年齢条件を満たしていないこと、総量規制を超えた額を申込んでいること、申し込み情報が間違っていることなどがあげられます。
安定収入がないことと、年齢条件を満たしていない場合は、アイフルに限らずどこの金融機関でも借入れはできません。年齢条件については各社違いますが、アイフルでは満20歳~69歳までです。
総量規制を超えた額を希望する場合は、アイフルの代わりに銀行カードローンの申込をオススメします。また申し込み情報の誤りといった書類の不備が理由の場合は、再度消費者金融に申し込みをすると良いでしょう。
審査に落ちるといっても、その理由と状況はさまざまですので、まずは審査に通る条件を確認して申し込み、落ちた場合にはここに書いたことを参考にして対策をしていただければと思います。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧