キャッシングアカデミー

みずほ銀行カードローンの申込から審査までの流れを解説

Cache_38_P0205

みずほ銀行カードローンは、審査時間の短い銀行カードローンなので急な出費でも安心です。でも実際、みずほ銀行カードローンの審査や提出書類はどうなっているのでしょう?ここでは、申し込みから審査結果の連絡までの流れやその所要時間など、みずほ銀行の口座の所有の有無での違いにも触れながら、みずほ銀行カードローンの審査を解説します。

みずほ銀行カードローンの流れ。審査時間はどれくらい?

審査時間も短くて、メガバンクが提供する安心のカードローンであるみずほ銀行カードローン。では、どのような流れで借り入れができるのでしょうか?

みずほ銀行カードローンはインターネット申し込みが最短

インターネット申込は、申込後に審査が行われ、審査に通るとみずほ銀行の口座を持っている人は即契約となります。口座を持っていない場合は、審査後に本申込の書類が送られ、必要書類を返送した後に契約成立、ローンカードが郵送されます。インターネット申込の審査結果は最短即日回答されます。

電話申し込みは相談しやすいけど時間がかかってしまう

電話で申し込む場合は、みずほ銀行カードローン専用ダイヤルへ電話をします。申込受付時間は平日の9時から20時までです。電話の場合は分からないことを相談しながら申し込めるメリットがありますが審査結果が申込受付後、原則2~3営業日後と少々遅いです。

郵送での申込も審査に時間がかかる

郵送の場合は、申込の書類が届いてから審査が行われます。そのため、審査結果は申込書類到着後、原則翌営業日に回答されます。郵送の場合は、郵便到着まで数日かかるので、審査結果回答に時間がかかってしまいます。郵送でのやり取りでは、ご家族に借り入れがばれてしまうリスクも高いと言えるかもしれません。

窓口申込でも審査に時間がかかる場合がある

窓口で申し込んだ場合、原則翌営業日に審査結果の回答がありますが、申込時間帯が午後の場合、2営業日後となることがあります。土日を挟む場合などがそのケースにあたりますので、窓口の場合は注意が必要です。

みずほ銀行カードローンの審査に必要な提出書類とは?

みずほ銀行カードローンの申し込みや審査には必要な書類があり、「本人確認書類」に加え、「収入証明書」が必要な場合もあります。申し込みを行う前に、スムーズな借り入れのためにも必要な書類をしっかり準備して、どのタイミングで書類の提出が必要なのか見ておきましょう。

みずほ銀行カードローン必要書類提出一覧

本人確認書類一覧

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 各種保険証
  • 住民票
  • 印鑑証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード・特別永住者証明書

収入証明書一覧

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 納税証明書

インターネット・電話での申込は審査完了後に必要書類提出

インターネットか電話から申し込む場合は審査完了後に必要書類を提出します。
カードローン申込時に、すでにみずほ銀行の口座を持っている場合は、WEB完結申込のみになり、利用限度額が200万円以下の場合は書類の提出は必要ありません。

窓口・郵送での申込は、申込時に必要書類提出

窓口か郵送で申し込む場合は、申し込む時に書類を提出します。本人確認書類に加えて、限度額が200万円を超える場合は収入証明書類も提出します。また印鑑も必要となりますので持参しましょう。

みずほ銀行カードローン審査結果の連絡方法とは?

みずほ銀行カードローンの審査結果の通知手段は申込方法によって異なります。詳細は以下の通りです。

インターネット申込と電話申込は審査結果をメールで回答

インターネットと電話申込では、みずほ銀行に口座を持っているか、持っていないかで申込~審査結果回答の流れが変わります。
みずほ銀行の口座を持っている場合はWEB完結申込となります。この場合、本審査の結果がメールで通知されます。審査に通るとお手持ちのキャッシュカードですぐにローンを利用できます。
みずほ銀行の口座を持っていない場合は、申込後、仮審査が行われます。仮審査に通ると本契約の書類が送られ、必要事項を記入した後に必要書類を返送します。書類が受理されれば1~2週間でお手元にカードローン専用カードが届き、ローンが利用できます。

電話・郵送・窓口申込は、電話もしくは郵送で審査結果を通知

電話・郵送・窓口申込の場合は、審査結果は電話か郵送で通知されます。
審査に通った場合は申込時に伝えた電話番号にかかってきます。電話に出られない時は代わりに結果が郵送されます。審査に落ちた時は郵送のみでの連絡になります。

みずほ銀行カードローンでの借り入れで届くものって?

カードローンの契約時に以下の書類が自宅へ郵送されてきます。

  • カードローンカード専用型を申し込んだ場合:カードローンカード
  • キャッシュカード兼用型を申し込んだ場合:契約内容確認用の資料
  • 契約時の利用限度額が申し込み時と異なる場合:契約内容確認用の資料

また、カードローンのお取引明細は、みずほダイレクト[インターネットバンキング]で確認できるので、カードローンの取引明細が郵便物として発送されることはありません。なので、カードローンを利用後に自宅に封書が届くことがないので、家族から怪しまれないで済むというのは安心できますね。

みずほ銀行カードローン

mizuho_pc_670
審査時間
最短即日 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大1,000万円 
実質年率
年3.0%~7.0%※ 

※みずほ銀行の住宅ローンを利用すると下限金利は年2.5%

公式サイトで詳細を見る

ここではみずほ銀行の申込方法とそれぞれの審査の流れを見てきました。
申込にはインターネット・電話・郵送・窓口からがありますがインターネットでの申込が最短で審査結果をもらえ、みずほ銀行の口座をすでに持っていれば、審査に通ったらすぐに手持ちのカードでローンの利用ができますのでさらに便利です。また限度額200万円までは収入証明書類の提出が必要ないことも好評です。持っていない人にとっても審査に通ればとても利用しやすいローンですので、どこのカードローンを利用しようか迷っている人にはオススメのサービスです。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧