キャッシングアカデミー

みずほ銀行カードローンの審査に落ちたらチェックする4点

みずほ銀行カードローンは決して審査が緩いカードローンではありませんが、専業主婦にも融資してくれるので、審査に落ちているのであれば以前の事故情報などが原因かもしれません。また、審査結果を見落としている可能性も十分にあります。 このページでは、みずほ銀行カードローンの審査に落ちたかも…?と思った場合にチェックする事項と対策を説明します。

みずほ銀行カードローンの審査に落ちる理由一覧

みずほ銀行カードローンに申し込んだとき、審査に必ずしも通るとは限りません。申し込みをした人の中には審査に落ちる人もおり、その人達には落ちる理由があります。

カードローンに落ちる理由は大きく4つに分けて、属性審査、書類確認、在籍確認、信用情報審査のうちのいずれかの要件を満たしていないことがあげられます。以下は審査詳細の一覧表です。

審査項目 審査詳細
属性審査 年齢、年収、他社借入件数、勤続年数、雇用形態、家族構成など
書類確認 書類の不備・記入ミス、申告内容と証明書類内容の相違など
在籍確認 在籍確認がとれるかどうか
信用情報審査 遅延・事故(債務整理・任意整理など)情報、申し込みブラックなど

審査結果はメール。迷惑メールにまぎれていないかチェック

連絡が来なくて不安な人は電話で問い合わせ

みずほ銀行カードローンの審査結果はメールできます。審査の結果に関わらず連絡は必ず来ます。

もし連絡がこないとしたら、迷惑メールフォルダに入っていないかチェックしてみましょう。それでも確認できない場合はこちらからカードローン専用ダイヤルに問い合わせをしてみましょう。

問い合わせをすれば、審査結果を教えてもらうことができます。また契約を急いでおり、メール連絡よりも早く結果を知りたい場合は、電話で問い合わせをすれば教えてもらえます。

専業主婦でも融資可能。ただし限度額が低いことに注意

みずほ銀行カードローンでは、専業主婦でも借り入れをすることができます。ただし、専業主婦が借りる場合は配偶者に安定収入があることが条件です。審査通過しないとしても、本人が専業主婦であるということだけの理由で落ちることはありません。

専業主婦が借り入れをする場合、融資可能な限度額は低くなります。そのため、希望限度額が高いと落ちる可能性が高くなりますので、申し込みに際しては融資額に注意が必要です。

債務整理後は5年間はキャッシング不可能

みずほ銀行カードローンに限らず、金融機関の借り入れ審査には必ず信用情報の審査があります。

これは、過去に返済の遅延や事故はないかなどを調べます。その中でも過去に債務整理・任意整理を行っているとその後5年間はキャッシングが不可能です。

任意整理には、1・任意整理、2・特定調停、3・民事再生、4・自己破産があります。1~4までの順に内容が重くなってきます。1~3までは任意整理後の借り入れ不可能期間は5年間です。また4の自己破産に関しては7~10年は借り入れができません。

その他債務整理としては5・過払い金請求があります。過払い金請求に関しては、返済後の請求はこれにあたりませんが、返済中の請求でかつ、借金が過払い金より多い場合は任意整理となり、この場合は請求以後の5年間は借り入れができません。

また債務整理とは別に遅延に関する事故情報として、支払予定の返済日より3ヵ月間支払いが遅れた場合も以後5年間は借り入れができません。以下は任意整理方法とその内容、借り入れができない期間の一覧表です。

任意整理方法 内容 借入不可
1・任意整理 債権者と直接交渉をして借金の減額をする 5年間
2・特定調停 個人で裁判所を通し任意整理する 5年間
3・民事再生 住宅ローン以外の借金を大幅減額する債務整理法 5年間
4・自己破産 借金が多く返済が不可能な人へ、国が定める救済法 7~10年間
5・過払い金請求 法定金利を超える分の過払い金を請求すること 5年間

落ちた後に連続申し込みをすると申し込みブラックに

カードローンの審査に落ちた後に、続けて申し込むことはやめましょう。申し込み内容と審査結果は指定信用情報機関に登録されていますので、落ちた理由が記入ミスなどの単純な理由でない限り、他の金融業者で申し込んでも審査に通ることはありません。

信用情報機関に登録されるのは、申し込みから半年間です。この間に申し込みを繰り返すと、申し込みブラックに登録されます。そうなると自身の信用情報にさらに傷がつくことになり、その後のキャッシング審査も通りにくくなりますので、審査に落ちたら半年間は申し込みをすることは絶対に控えましょう。

みずほ銀行カードローン

mizuho_pc_670
審査時間
最短即日 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大1,000万円 
実質年率
年3.0%~7.0%※ 

※みずほ銀行の住宅ローンを利用すると下限金利は年2.5%

公式サイトで詳細を見る

いかがでしたか。ここでは主にみずほ銀行のカードローンの審査に落ちる理由をみてきました。

落ちる理由には、主に年齢や年収などの属性の問題、書類不備、在籍確認不可、信用情報に問題アリのいずれかのケースがあげられます。

審査の 中でも信用情報に関しては厳しい制限があり、過去に任意整理・債務整理をしている人は、以後5年間の借り入れができません。また特に自己破産をしている人は以後7~10年は借り入れができません。

審査に落ちた後は、信用情報機関に申し込み情報を半年間登録されます。この期間は他社を含めて再申し込みをすることは控えましょう。再度申し込むと申し込みブラックに登録され、以後の審査も通りにくくなります。

カードローン申し込みの際には、信用情報に傷をつけないためにも、これらの審査項目をよく把握して、審査に通る目処をたててから申し込むことをオススメします。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧