キャッシングアカデミー

モビットの審査に落ちた時の対策とお金を借りるためのポイント

モビットはカードローン、キャッシングのサービスを行っている消費者金融です。 WEB完結申し込みは在籍確認の電話がなかったりと今までの消費者金融にはない特別なサービスなどを展開しています。 そんな大手消費者金融のモビットですが、やはり大手なので安心できる反面、審査が厳しいという特徴もあります。 審査に落ちた後、どのような対応を取ればいいのか、わからない人も多いようです。 このページでは、モビットの審査に落ちたとき、どのような対応をすれば良いのかを説明しています。

もしモビットの審査に落ちたなら6か月は消費者金融に申し込みは控えよう

モビットの審査に残念ながら落ちてしまった場合には、注意をしなければならないことがあります。

もし審査で落ちてしまった場合、すぐに他の消費者金融に申し込むことは絶対にやめましょう。

なぜなら、申し込みから6か月は指定信用情報機関にその申し込みに関する情報が登録されています。

そこですぐに他の消費者金融に申し込むと、モビットで落ちた、という事実が残っているため、再度落ちる可能性が高くなります。

そればかりでなく、何度も落ちると信用力が更に失われ、いわゆる「申し込みブラック」という状態になり、以後の貸付についても厳しい状況となります。

モビットに落ちたら、まずは落ち着いて過去の自分の利用履歴を確認してみましょう。落ちるにはそれ相当の理由があります。例えば過去に返済滞納がある場合や、連続申し込みをしたことで指定信用情報機関のブラックリストに載っている可能性が考えられます。

モビットで落ちたものの、他社で借り入れをしたい時には、過去に問題が起こったのが消費者金融だけである場合に限り、銀行カードローンの検討をしてみましょう。なぜなら銀行カードローンなら信用情報機関が別なので、信用情報が共有されていないため借りられる可能性が高いからです。

また無職である場合は他社でも借りられないので、アルバイトなどをして安定収入を得ることが先決です。

銀行カードローンではなく、どうしても消費者金融から借りたい場合は、少し時間をおいて、自分の問題を改善した後に、他の消費者金融に申し込みましょう。

モビットの審査に落ちた時のおすすめ!みずほ銀行カードローンは使いやすい

モビットで落ちたものの、他社で借り入れをしたい時には、過去に問題が起こったのが消費者金融だけである場合に限り、銀行カードローンの検討をしてみましょう。
なぜなら銀行カードローンなら信用情報機関が別なので、信用情報が共有されていないため借りられる可能性が高いからです。

その際、おすすめしたいのがみずほ銀行カードローンです。
銀行系カードローンは三菱UFJ銀行や三井住友銀行などがありますが、モビットは、三菱UFJフィナンシャル・グループや三井住友フィナンシャルグループに属すため懸念されるかたには、
どちらにも属さないみずほ銀行カードローンをおすすめします。

みずほ銀行カードローン

mizuho_pc_670

おすすめ度5.0

審査時間
最短即日 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大1,000万円 
実質年率
年3.0%~7.0%※ 

※みずほ銀行の住宅ローンを利用すると下限金利は年2.5%

みずほ銀行に申し込み

モビットの審査基準基づいて落ちにくくするための3つのポイント

消費者金融の審査の際には、基本的に年収、属性、信用情報の3つの要素が確認されます。このうちの一つでも要件を満たしていなければ審査には通りません。ここではその3つの要素を詳しくみてゆきます。

①毎月安定した収入がある

審査で確認される第一の要素は年収です。年収についてはアルバイト・パートであっても良いので、毎月の安定収入があることが絶対条件です。

また貸付に際しては、年収が多ければ多いほど審査には有利です。

②正社員で勤続年数が1年以上だと有利

審査で確認される第二の要素は属性です。属性とは、以下のようなものです。

<属性>

  • 年齢
  • 職業
  • 勤続年数
  • 住居など

例えばモビットに申し込みできる年齢は、満年齢20歳以上69歳以下の方とあり、安定収入があり、延滞情報などがなくとも、その年齢に該当しなければ審査は通りません。
勤続年数は長ければ長いほど良いですし、雇用形態はアルバイトやパートよりも正社員のほうが好条件とされます。居住形態は賃貸より持ち家に住んでいる方が有利です。
もし賃貸に住んでいる場合はその居住年数が長い方が審査には好条件です。

③クレジットカードの支払い遅れは不利になりやすい

信用情報は過去の利用履歴のことです。しっかり返していれば良い信用情報になり、返済を滞納していればその履歴がのこり、悪い信用情報になります。
クレジットカードの支払い遅れや、他社からの借り入れが多い場合も信用情報に関わるので返済の滞納には気を付けましょう。

審査に有利な情報としては、過去にしっかりキャッシングをして、遅れることなく返しておくとそれがプラスの信用情報となり、実際の審査で良い印象を与えることができます。

逆に審査に影響する不利な情報は過去に大幅な返済滞納や、踏み倒しなどをしている等は金融事故を起こしたとして非常に悪い信用情報が残る可能性があります。
返済が滞っている、自己破産の経験があり債務整理をした、また借り入れ件数が多いという情報についてもは信用度を下げる情報となるので気を付けましょう。

過去1年以内など直近の返済遅延や、1ヶ月以内など短期間での複数申し込みなどは審査に落ちてしまう可能性があります。
他の会社で借入契約をしていないか再度確認を行いましょう。

この信用情報は指定信用情報機関が持っており、一定期間情報が残ります。3か月以上の返済滞納の情報が残った場合は、
以後の5年間はブラック情報として登録され、その期間はキャッシングの申し込みはできなくなるので気を付けましょう。

モビットのインターネット審査の流れが知りたい

モビットではインターネットだけで申し込みが簡単です簡潔ができます。

メリットとしては、

 

  • ・電話や郵送のわずらわしさがない
  • ・郵送での手続きがないので待ち時間が最小限

の2点があげられ、審査時間が最短で即日完結できます。

即日の条件としては、

 

  • ・三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行の口座をお持ちの方
  • ・全国健康保険協会発行の保険証、もしくは組合保険証

をお持ちの方はになります。

審査の流れとしては、

  • 1  ネットで必要事項を記入
  • 2  ネットで必要書類を提出
  • 3  メールで審査結果確認
  • 4  ネットで入会手続き
  • 5  ネットで利用可能

の流れです。

モビットではWEBで10秒審査を一度受け受けることができます。10秒簡易審査ですが、こちらは本審査に近く項目数も多いので一度受けてみるのもおすすめです。

モビット

mobit-banner
審査時間
10秒簡易審査 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大800万円 
実質年率
年3.0~18.0% 

※審査時間は、申込の曜日・時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

公式サイトで詳細を見る

このページでは、モビットの審査に落ちる理由と、落ちた時の対処法についてみてきました。

審査に落ちる理由は、年収、属性、信用情報です。特に年収と信用情報については審査通過の重要な要素です。

落ちた時は連続して消費者金融に申し込むことはやめましょう。申し込みから半年間は指定信用情報機関に申し込み情報が登録されますので、連続して申し込むと申し込みブラック認定をされる可能性があり、信用情報に更なる傷がつきます。

審査に落ちるとキャッシングができないだけでなく、その後の影響も大きいため、申し込みの際には、ご自身の年収、属性、信用情報が基準を満たしているかよく確認をしてから申し込むことをオススメします。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧