キャッシングアカデミー

アコムの金利を引き下げる方法と出来ない時の借換え策

Cache_27_r0224

アコムのホームページには、具体的な金利を引き下げる方法というものは記載されていません。銀行カードローンのように借入額に応じて金利決まっているかも不明ですが、アコムの担当者から金利引き下げの案内が来たり、自ら交渉することで金利が引き下げられる可能性があったりと、何かしらの金利引き下げの条件は存在します。 このページでは、アコムの金利を引き下げる方法についてを解説していきます。

優良顧客でアコムの金利引き下げ

アコムで借り入れをする場合、少しでも金利を低く借りたいと思いませんか?アコムでは必ず金利が下がるとは限りませんが、金利の引下げ交渉をする事が可能です。ではどのような場合に金利引下げ交渉が可能なのでしょうか?

<金利引き下げ方法一覧>

  • ①優良顧客となる
  • ②増額をする
  • ③おまとめローンを利用する
  • ④借り換えローンを利用する

といくつかの方法があります。その中でも、真っ先に金利の引き下げ対象となるのは、やはり優良顧客です。優良顧客になるとアコム側から金利引き下げの案内があることもあります。

優良顧客は延滞せず返済している人のことではない

では、優良顧客とは一体どのような方を指すのでしょうか?

一般的に優良顧客と聞くと「毎月延滞なく返済をしている人」だと思うでしょう。しかし、それだけでは優良顧客とは言えないのです。
上記の方法の中でも重要なのはです。毎月延滞無く、決められた返済金額かもしくはそれ以上で入金をしていることは大前提です。その上、他社の利用状況も悪くないことが重要です。具体的には、他社での借入件数が増えたり、借入額が増えたりしていない、他社との取引でも延滞がない事が大切なのです。

アコムは優良顧客には金利を下げてでも融資したい

アコムは優良顧客であれば金利を下げてもらえます。なぜなら、優良顧客であればあるほど、他のもっと金利の低い会社に借り換えられてしまう可能性があるからです。また、優良顧客には長い期間便利に利用してもらいたいため、金利を低くするのです。

増額などの金利の相談はアコムに電話

金利の引き下げを交渉する場合は、アコムの総合カードローンデスク(電話番号0120-629-215 受付時間平日9:0018:00)に相談しましょう。ここでは、既に会員となっている方の様々な問い合わせを受けています。
利用限度額の増額や借り換えなどのキャッシングや金利に関する相談はいつでも受け付けています。

金利引き下げの交渉は電話が基本

金利引き下げの交渉をする場合は、電話で行いましょう。メールや郵送、来店でも可能ではありますが、断られやすくなってしまいます。交渉の際は、まず「金利の引き下げをお願いできませんか?」と伝えましょう。あくまで、お願いをするという形をとることが重要です。高圧的な言い方をしてしまうと、クレーマーだと思われてしまいますし、担当オペレーターも人間ですので、横柄な方のお願いは聞きたくないと思うでしょう。金利引き下げの交渉は、必ず成功するとは限らないため、駄目で元々という事を前提にお願いしてみてください。「他社の金利と比較をしている」と伝えてみるのも有効です。

利用限度額が100万円を超えたら金利が下がる

貸金業法では、借入額100万円以下と100万円以上で上限金利が変わり、消費者金融業者では設定された上限金利以上では契約できないことになっています。そのため、増額をすることで金利が下がる可能性は高くなります。

アコムなどの消費者金融では、100万円未満は最大18.00の金利ですが、100万円以上では最大15.00の金利となっています。そのため、現在100万円未満の限度額で15.01%~18.00%の金利の方は、増額をして限度額が100万円以上になれば確実に下がるのです。増額の相談をしても必ず限度額を上げられる訳ではありませんが、気になる方は、ぜひ問い合わせをしてみてください。

金利を下げられないなら初回30日間無利息のプロミス

ちなみに、アコムの利用を半年以上行っている方に関しては交渉がよりうまくいきやすいです。逆に利用期間が半年以内だと交渉がうまくいかない場合も多いです。もし引き下げ交渉が厳しく、返済の減額に関してお困りの方は、他の初回30日間無利息で借りられるキャッシングに申し込まれるとよいでしょう。

初回30日を無利息で借りられるのは、アコム・アイフル・プロミス・新生銀行カードローンレイクです。まだ利用したことのない消費者金融や銀行のカードローンがございましたらこれを利用することがおすすめです。特にプロミスは他のキャッシングと違い初回借入日の翌日から30日間適用されるのでとても便利です。他のキャッシングは初回契約日の翌日から30日の適用となっています。

プロミス

おまとめローンや借り換えローンでも金利は下がる?

金利引き下げ条件の中でも、おまとめローンや借り換えローンを検討の際は、積極的に金利引き下げの交渉をしてみるべきと言えます。

おまとめローンや借り換えローンは金利が下がらないと意味がない

おまとめローンとは、複数の会社から借り入れしている分を一本化して多重債務を防ぎ、毎月の支払い負担を軽減することが目的の商品です。また、借り換えローンは、他社から借入している分をより条件の良い商品に借り換えすることです。

この時、他社から借入している金利よりも低くないと、一本化や借り換えをする意味がないと言えます。例えば、5社から20万円をそれぞれ18.00%で借りていた時、一本化で100万円を15.00%で借入できれば良いのですが、5社から20万円をそれぞれ13.00%で借りていた場合、一本化で100万円を15.00%で借りるのでは意味がありません。ですから、金利は損にならないように交渉する必要があるのです

銀行のカードローンに借換えるならみずほ銀行がおすすめ

銀行のカードローンに借換えると、年収の3分の1以上借りること(総量規制)の対象にもならず金利を下げれるかもしれません。

銀行名 金利
三菱東京UFJ銀行 年1.8%~14.6
みずほ銀行 年3.0~7.0%※
三井住友銀行 年4.0~14.5%

※エグゼクティブプランの金利です

比較表だと、みずほ銀行は安心の金利で、しかも限度額が1,000万円と業界ではトップクラスのカードローンです。
みずほ銀行の口座をすでにお持ちの方は、最短即日で融資でき、キャッシュカードでお金を借りることができるので、ばれにくいというメリットもありおすすめです。

おまとめや借り換え時に金利交渉をするとベスト

アコムでは、おまとめ専用キャッシングがあり、一本化に関する契約内容や貸付金額、利率、返済額について相談しながら契約することが可能です。おまとめや借り換えの際に金利を下げるには、交渉が重要になります。提示された金利に納得のいかない場合は、「他社にも一本化の審査を依頼していて、そちらの方が金利が低い」と他社を引き合いに出すのもひとつの方法です。この方法でも、必ず金利が下がるとは言い切れませんが、交渉してみる価値はあるでしょう。

アコムの借り入れで金利を下げるためには、いくつかの方法があります。
①優良顧客となる
②増額をする
③おまとめローンを利用する
④借り換えローンを利用する
金利を下げる交渉は、アコム総合カードローンデスクにて受付をしています。
優良顧客とは、単に延滞無しで返済をしているだけでなく、他社の借入状況も良く、仕事も安定している事が条件となります。
貸金業法では、100万円以上と100万円以下の上限金利が決められているため、限度額が100万円を超えると金利が下がる可能性があります。そのため、増額の相談をしてみるのも良いでしょう。
おまとめローンや借り換えローンでは、一本化する前よりも金利が低くないと意味がありません。そのため、他社を引き合いに出して交渉してみる方法も是非試してみましょう。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧