キャッシングアカデミー

審査の「キホン」を知りたいキャッシングの初心者は必読!

Cache_42_r0036

初めてキャッシングの申し込みをする人にとって、「審査」は一番不安な手続きと言えるでしょう。しかし、審査はあなたに返済能力があるかどうかを判断するものなので、不安になる必要はありません。 むしろ、しっかりと審査をしてくれる金融機関のほうが信頼できると言えるでしょう。 そこで今回は、審査が不安な人のために、基本的な知識について専門家に聞いてみました。

融資までの流れ〜仮審査から振り込みの実施まで〜

どの金融機関に申し込むかによって、その融資を受けるまでの流れは少し変わります。しかし、大抵の審査では仮審査後に申し込みや本審査へと進み、結果の通達後、審査に通っていれば振り込みが実施されます。ここでは、仮審査から振り込みの実施までの流れを説明します。

【一般的な融資までの流れ】

内容
仮審査 インターネット上のシステムに必要項目を入力して、借り入れできるかを審査する
申し込み 個人情報や収入状況、借入状況などを金融機関に伝える
本審査 金融機関が申込内容を基に、貸し出しできるかを判断される
審査結果の通達 口頭(店舗窓口)や電話、メールなどによって融資の可否が伝えられる
振り込み 指定口座などに融資可能額が振り込まれる

インターネット上で「仮審査」

仮審査とは「申込希望者が審査に通るかどうかを、自動で審査するシステム」のことを言います。なお、これはあくまでシミュレーションなので、本審査には影響しません。そのため、このステップは省いても問題ないでしょう。

自分が審査に通るか心配という人は、仮審査を試してみるのもいいかもしれません。この仮審査は、各金融機関のWebサイトなどで試すことができます。専用ページを開いて、生年月日や家族構成などの必要項目を入力すると、審査に通るかどうかを簡単に知ることができます。

キャッシングの「申し込み」

キャッシングを利用するためには、金融機関に申し込みをしなければいけません。代表的な申込方法には「店舗窓口や自動(無人)契約機」「インターネット」「電話」などがあります。申し込む際には個人情報や収入状況、借入状況などを金融機関に伝えます。

場合によっては「本人確認書類」や「所得証明書類」を用意して、提出しなければなりません。そこで、これらの書類をあらかじめ用意しておくと、スムーズに申し込みを済ませることができるでしょう。書類を提出するタイミングは、金融機関によっては異なる場合もあります。

金融機関による「本審査」

借入希望者から申し込みを受けた金融機関は、その申込内容を基に審査を行います。この段階を本審査と呼び、実際に貸し出しが可能かどうかを判断します。

本審査では、「返済能力があるか」を判断します。この返済能力は年収や勤務先、勤続年数などから判断しており、金融機関によって重視する項目が異なります。年収や勤続年数などの属性が優れている人ほど、本審査に通りやすい傾向にあります。

また、消費者金融やクレジットカード会社では、「総量規制」と呼ばれるルールに従って貸し出しが行われます。「総量規制」とは、年収の3分の1までしか貸し出しができないというルールです。そのため、借入希望額が年収の3分の1を超えている場合は、いくら属性が優れていても希望額どおりの借り入れはできません。

こうした審査を、早ければ30分ほどで、長いと1週間くらいかけて実施します。特に、住所や勤務先の確認が取れない人、必要書類がそろっていない人ほど審査に時間がかかる傾向にあります。本審査の期間中には、申込者が勤務先に勤めているかを確認する「在籍確認」も行われます。

金融機関から「審査結果の通達」

金融機関側で審査が完了し次第、「メール」または「電話」で審査結果の通達が行われます。これらの通達は申込方法によって異なり、例えば、店舗窓口ならその場で回答してもらえます。

そして、もし審査に通った場合は「○○万円のご融資が可能です。」といった連絡が来ます。この融資金額は審査結果によるものなので、希望額に満たない可能性もある点には注意をしましょう。また、もし審査に落ちた場合には「今回はご希望に添えません。」といった連絡が来ます。

審査が通っていた場合は、別途、契約書を作成して、キャッシング用のカードを作ることもあります。そのため、審査結果の連絡をよく確認しておくようにしましょう。

指定の口座へ「振り込みの実施」

審査に通過し、キャッシングが利用できるようになったら、通達の時点で指定口座に振り込みをしてくれます。なお、Webサイトにある会員ページからでもキャッシングが可能です

専用のカードが発行されると、コンビニや金融機関の自動現金預払機(ATM)などでキャッシングができるようになります。

代表的な5つの申込方法〜それぞれの特徴や違いは?〜

代表的なキャッシングの申込方法として、「電話」「店舗窓口」「インターネット」「自動(無人)契約機」「郵送」があります。これらはそれぞれ特徴があり、審査の通りやすさに若干影響することも……。

【代表的な5つの申込方法】

特徴
電話 質問がしやすいが、契約は店舗や自動契約機で行われる
店舗窓口 担当者が丁寧に対応してくれるが、営業時間や立地に左右される
インターネット 24 時間受付可能である一方、審査が一義的に行われやすい
自動(無人)契約機 担当者に会わずに済むが、必要書類を用意し忘れたりする
郵送 ゆっくりと検討ができるが、契約までに時間がかかる

(1)電話による申し込み

金融機関によっては、キャッシングの申し込みを電話で受け付けている場合があります。口頭で必要事項を伝えるだけで、担当者と顔を合わせないで済むことから、質問・相談がしやすいというメリットがあります。

ただし、審査に通過した場合は、店舗窓口や自動契約機まで足を運ぶか、郵送によって契約を行わなければなりません。そのため、契約までの時間がかかる可能性もあります。

なお、金融機関によっては女性スタッフが対応しているサービスもあり、キャッシングに不安がある女性でも安心して利用することが可能です。

(2)店舗窓口による申し込み

ほとんどの金融機関は、店舗窓口でキャッシングの申し込みを受け付けています。「キャッシング専用の窓口」を用意しているのが一般的で、担当者が審査と貸し出しの決裁を行う場合が多いです。担当者が申込者の人柄なども判断して審査をしてくれるケースもあるため、ほかの申込方法より審査に通りやすい傾向にあります。

また、審査の結果をその場で聞けることも店舗のメリットと言えます。審査に通れば、その場で融資を受けられるため、「即日借入」を希望している人にはオススメです。

ただし、平日のみの営業となっていることが多く、土・日・祝日の申し込みができない点がデメリットです。また、繁華街の駅周辺には店舗が多く構えられていますが、少し郊外に出ると少ない可能性もあります。

(3)インターネットによる申し込み

多くの金融機関では、インターネットによる申し込みを受け付けています。各社のWebサイトを見て、申込ボタンをクリック、個人情報や所得状況、借入状況を入力すれば申請が完了します。そのため、誰とも会わずに、スピーディーな申し込みができる点で優れています。

また、インターネットなら24時間対応しているため、急にお金が必要となった場合でも申し込みできるのがメリットです。

ただし、インターネットでの申し込みは、審査が一義的に行われる傾向にあります。つまり、申込内容が審査基準のギリギリである場合、リスクがあるとして落とされてしまう可能性もあります

(4)自動(無人)契約機による申し込み

大手の金融機関であれば、自動(無人)契約機を構えていることもあります。自動契約機の申し込みでは、自分で備え付けの機械を操作することになりますが、分からないときにはオペレーターに電話をして、指示を受けながら操作をすることもできます。

担当者と直接顔を合わせないで済むというメリットに加えて、遅い時間帯や土・日・祝日でも稼働している自動契約機は多いので、利便性が高いというメリットもあります。

ただし、自動契約機で申し込む場合、必要書類を用意し忘れるなどのデメリットもあります。また、審査担当者と決済者が異なるため、人柄による審査がなされないのもデメリットと言えるでしょう。

(5)郵送による申し込み

キャッシングの利用を希望する金融機関に問い合わせをして、資料を取り寄せ、郵送で申し込みをする方法もあります。近くに店舗がない場合や、携帯電話やパソコンを使えない人にオススメの方法です。また、契約まである程度日数がかかるため、途中でキャンセルをしやすいというメリットがあります。

ただし、早くお金を借りたい人にとっては、キャッシングの利用までに日数がかかるため、デメリットに感じるでしょう。

申し込みに必要な書類には何がある?

キャッシングの申し込みでは、基本的に本人確認書類が必要になります。また、借入金額によっては収入状況を証明できる書類などを提出する場合もあります。ここでは、審査で必要な書類について説明していきます。

運転免許証、健康保険証などの「本人確認書類」

どの金融機関であっても、「本人証明書類」の提出は必須になっています。こうした本人確認書類には、下記のようなものがあります。

運転免許証 運転免許試験場で、学科試験や実技試験に合格して発行してもらう
共済保険や組合保険、社会保険、国民健康保険などに加盟する
住民票 役所や住民センターなどで発行してもらう
パスポート 各都道府県のパスポート申請窓口で手続きを済ませる
在留カード・特別永住者証明書 外国籍の人の場合、入国管理局などで発行してもらう

これらの本人確認書類は審査するうえで必須となるので、あらかじめ用意しておくといいでしょう。また、金融機関によって本人確認書類が異なるため、Webサイトで調べるか、電話をして確認を取るようにしましょう。

源泉徴収票などの「収入証明書類」

キャッシングの審査では「50万円を超える」など、高額借入を希望する人に対して収入証明書類の提出を求めています。こうした収入証明書類には、以下のようなものがあります。

源泉徴収票 勤務先から毎年発行される
確定申告書 控えを取っておくか、国税当局に開示請求をすることで取得できる
給与明細書 勤務先から毎月発行される

収入証明書類は、「借入希望額」や「他行との借入総額」、「金融機関が必要と判断したとき」に提出が求められます。万が一、金融機関から提出を求められたときに対応できるように、準備をしておくといいでしょう。

「勤務先証明書類」

金融機関では申し込む人が勤務先に勤めているか怪しいと判断したとき、勤務先証明書類の提出を求めることもあります。提出する勤務先証明書類には、次のようなものがあります。

社員証 勤務先から配布される
在籍証明書 勤務先の担当部署から発行をしてもらう
給与明細書 勤務先から毎月発行される

勤務先証明書類についても、万が一、金融機関から提出を求められたときに対応できるように、準備をしておくといいでしょう。

POINT
・消費者金融やクレジットカード会社は、総量規制の対象となる
申込方法として、「電話」「店舗窓口」「インターネット」「自動(無人)契約機」「郵送」がある
・審査を受けるためには、本人確認書類の提出は必須となる

希望条件でキャッシングを選ぶ

審査に不安だけど借りるのに
おすすめの消費者金融・銀行