キャッシングアカデミー

専業主婦必見!安心してキャッシングをするための方法

キャッシングの審査では、会社員や自営業、学生など、その人の属性もチェックされます。なぜなら、その属性によって返済能力に差があるからです。それなら、専業主婦はキャッシングができるのか、不安に思う人もいるでしょう。 そこで今回は、専業主婦でもキャッシングができるのかについて、専門家に聞いてみました。

専業主婦でもキャッシングはできる

収入のない専業主婦であっても、場合によってはキャッシングを利用できます。そこで、ここでは専業主婦がキャッシングを利用するうえで、どのようなことに注意すべきなのかを説明します。また、「パート」などで収入がある場合についても触れていきます。

収入がない場合のキャッシングについて

全く収入がない専業主婦の場合、キャッシングができるかどうかは「夫の収入」によるところが大きくなります。

基本的に、消費者金融では「返済可能性」によってキャッシングの可否を判断しています。この返済可能性とは、将来的に返済をしてくれるかどうかを見極めるもので、収入状況などを加味して判断します。

そのため、妻に全く収入がない場合は、夫の収入が返済財源となり、これがキャッシングの可否に大きな影響を与えることになります。したがって、妻は事前に夫と相談をしておくべきでしょう。

収入がある場合のキャッシングについて

パートなどで妻に収入がある場合は、「総量規制」内でのキャッシングが可能であることが多いです。

この総量規制とは、貸金業者からの借入残高が「年収の3分の1を超える」場合、新たに借り入れをすることができなくなるというルールです。これは、消費者金融からの借り入れに適用されるもので、銀行からの貸し付けは対象外となります(※銀行のカードローンも含む)。

ただし、たとえ収入があっても、場合によっては「夫の収入」も影響することがあるため、必ずしもキャッシングできるとは言えません。この点には注意をしてください。

専業主婦がキャッシングするための条件

消費者金融によっては、積極的に専業主婦への貸し出しをするところと、そうでないところとがあります。また、正社員の場合と比べて、貸し出す条件に違いもあるので、その点について説明します。

【正社員と専業主婦のキャッシングの違い】

正社員 専業主婦
キャッシングの可否 自分の収入次第 夫の収入次第
キャッシングの限度額 審査結果によって初回貸付が30万円〜50万円 基本的には初回貸付は10万円
キャッシングの審査時間 即日審査可 即日審査可。場合によって審査期間が長くなることもある

これらについて、より詳しく説明していきましょう。

キャッシングの可否はどうか?

キャッシングの比較サイトなどでは「専業主婦でもOK」といった広告文を見ますが、具体的にどこが審査に通りやすいかと言うことはできません。なぜなら、夫の収入次第で審査の可否が変わるからです。

ただし、消費者金融のなかには、積極的に貸し出しをしている会社もあります。こうした会社を探して申し込みをすれば、審査に通るかもしれません。

また、クレジットカードについているキャッシング枠を使って融資を受ける方もいます。「クレディセゾン」や「VISA」は主婦の利用も多いようなので、こうしたブランドのカードであれば、キャッシングを受けられるかもしれません。

いくらくらい借りれるのか?

消費者金融では、その審査結果によって貸し出す金額が決定されます。ただし、専業主婦の場合、審査結果によって異なるものの、基本的には10万円となっています。

正社員の場合、初回貸付は30万円~50万円となっていて、専業主婦がいかに低く設定されているかが分かるでしょう。理由としては、消費者金融が過剰な貸し付けを嫌うことと、返済されない可能性があることが挙げられます。

キャッシングの審査時間はどのくらいか?

キャッシングの最大のウリは「即日でお金を借りれること」にあります。これは専業主婦でも同様で、基本的には申し込み後すぐに審査を始めてもらうことができます。

しかし、なかには「専業主婦」というだけで審査時間が長くなる金融会社もあるようです。これについては、夫の収入状況を確認するなどの必要があることが理由として考えられます。そのため、急な借り入れが必要な場合には、なるべく専業主婦に積極的に貸し出しを行っている金融機関を選ぶようにしましょう。

キャッシングをする際の4つのポイント

ここでは、専業主婦がキャッシングをする際のポイントについて説明します。借り入れを夫に知られたくない人や、海外で借り入れる際の方法について知りたい人もいるはず。そういう人のために、ポイントを説明しましょう。

【1】夫にキャッシングをバレないようにする

消費者金融は、専業主婦が借り入れをした場合でも、家族に気付かれないように配慮してはくれません。したがって、夫に知られたくない場合は、自分で対処しておく必要があります。
その方法は2つあり、まずは「延滞をしないこと」です。返済期限に間に合わず、延滞をしてしまうと、家に電話がかかってきたり、催促の郵便物が届いたりします。これらによってキャッシングをしたことがばれる可能性もあるので、延滞は確実に避けましょう。

もう1つが「家の電話やダイレクトメールの使用禁止を伝えること」です。あらかじめ消費者金融に連絡を入れておけば、家に直接電話がかかることやダイレクトメールが届くことはありません。その結果、夫に気付かれずに済むため、キャッシングを申し込むときに伝えておくのがいいでしょう。

ただし、妻に収入がない場合は、夫の収入が審査の判断基準になります。そのときには、前述のように事前に相談すべきなので、夫に知られることなくキャッシングをするのは難しいかもしれません。

【2】海外でキャッシングを受ける

日本国外に住む専業主婦でも、「提携ATM」があればキャッシングの利用が可能です。現在では世界各国にATMが設置されているため、「VISA」や「JCB」などの国際ブランドのカードを使って、現地でもキャッシングが利用できます。詳しくは、申込先の金融機関に尋ねるといいでしょう。

【3】低い金利でお金を借りる

消費者金融によって金利に差がありますが、基本的には14%~18%程度に設定されています。なるべく低い金利のほうが、将来的な総返済額が少なくて済むため、低い金利を設定している消費者金融に申し込むのがいいでしょう。

消費者金融によってはキャンペーンを実施して、通常の金利よりも低めに設定されているケースがあります。こうしたキャンペーンをできるだけ利用するのが、「賢いキャッシング」と言えるでしょう。

【4】資金使途が「ギャンブル」だと通過しにくい

キャッシングの審査では資金使途、つまりどのようなお金の使い道なのかを聞かれます。もちろん、キャッシングの多くは無目的ローンであるため、審査に影響することはありません

しかし、資金使途が「ギャンブル」の場合には、貸し出しをしない可能性があります。特に、専業主婦のキャッシングでは「ギャンブル」が資金使途であるケースが見られるため、借り入れの際には注意が必要でしょう。

POINT
・専業主婦でも、夫の収入次第でキャッシングができる
・専業主婦に向き・不向きな消費者金融がある
・専業主婦は、キャッシングをする前に夫に相談をする

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧