キャッシングアカデミー

学生だって、キャッシングやカードローンを使いたい!

学生であっても生活費や学費で、急にお金が必要になることもあるでしょう。そのとき、キャッシングやカードローンを使おうか考える人もいるはず。 しかし、まだ利用したことがないという学生は、キャッシングやカードローンを使えるかどうかが分からないでしょう。 そこで今回は、「学生でもキャッシングが利用できるのか」また「どんな学生ならできるのか」などを専門家に聞いてみました。

学生でも、キャッシングやカードローンは使える?

基本的に、学生でもアルバイトなどで収入さえあれば、キャッシングやカードローンを申し込むことができます。ただし、金融機関ごとに定められた審査基準を満たさなければ利用することはできません。ここでは、キャッシングを利用できる学生とそうでない学生の違いを説明します。

【キャッシングを利用できる人・できない人】

貸出対象者に該当しない 貸出対象者に該当する
審査基準を満たさない 申し込みできない 審査で落とされる
審査基準を満たす 申し込みできない キャッシングを利用できる

キャッシングを「利用できる」学生の条件

学生であっても、金融機関が定める貸出対象者の条件を満たしてさえいれば、クレジットカードの「キャッシング機能」を利用することが可能です。このキャッシング機能があれば、国内外の提携ATMからクレジットカードを使ってお金を借ることができます。

また、「カードローン」についても、条件を満たしていれば同様に使うことが可能です。カードローンとは、専用のカードを使って店舗や提携ATMでお金を借りられるサービスです。

こうしたキャッシングやカードローンを利用するには、例えば「20歳以上」という年齢条件を満たしていることなど、いくつかの条件を満たす必要があります。また「安定した収入」も条件となっていて、返済能力を有している必要があります。これらの条件は、どの金融機関でも定めています。

ただし、こうした条件を満たしていても、審査に必ず通るわけではありません。なぜなら、金融機関が独自に定める審査基準をさらに満たす必要があるからです。

キャッシングを「利用できない」学生の条件

キャッシングを利用できない学生は、まず条件を満たしていない可能性があります。例えば、「20歳以上」という年齢条件です。こちらは、民法に基づいて、契約そのものが無効となる、あるいは取り消しされる可能性があります。そのため、「20歳以上」ではない学生は、申し込みの時点で断られます

また、学生のなかには仕送りで生活をしている人もいるでしょう。こうしたアルバイトをしていない学生は「無職」と変わりません。そのため、「安定的な収入」がないと判断され、審査に落ちてしまうのです。このように、金融機関が定める条件を満たせない学生は、キャッシングの利用ができません。

そのほか、金融機関の審査基準を通らない学生もキャッシングを利用できません。特に「借入希望額が大きい人」や「虚偽情報を入力・記入している人」は、審査に通らない可能性が高くなります。

また、スマートフォンの利用料金の支払いが遅れている、クレジットカードの支払いを延滞していることが影響をして、審査に通らない学生も増えているようです。

学生でもキャッシングを利用しやすくする「4つ」のポイント

キャッシングやカードローンのなかには、「学生ローン」のように、学生向けにサービスを提供しているものもあります。こうした学生向けのサービスに申し込みをすると、審査に通りやすくなります。

ここでは、学生でもキャッシングを利用しやすくする「4つ」のポイントを説明します。

ポイント1:「学生ローン」に申し込みをする

金融機関が提供するキャッシングやカードローンのサービスは、学生という理由だけで審査に落とすことはありません。しかし、雇用形態がアルバイトの場合は、審査で不利になる可能性があります。

そういった学生でも借り入れを利用できるように、「学生ローン」というサービスがあります。学生ローンは専門学校生や短大生、大学生などを対象としているため、学生でも審査に通りやすい点にあります。また、職業条件にも寛容で、フルタイムで働いていないアルバイトでも審査に通りやすいという特徴があります。

なお、学生ローンに似た言葉に「教育ローン」があります。こちらは保護者を対象にした、資金使途が「教育」に関する融資に限られるため、間違って申し込みをしないように注意をしましょう。

ポイント2:「消費者金融」に申し込みをする

キャッシングやカードローンのサービスを提供している金融機関は、数多くあります。ただし、学生がキャッシングを利用したいのであれば、「消費者金融」に申し込むのがいいでしょう。理由は、消費者金融であれば学生でも審査に通る可能性があるからです

一部の銀行のカードローンでも利用は可能ですが、基本的に審査が厳しく、限度額も低めに設定されています。また、クレジットカードの「キャッシング機能」についても、審査が厳しいため、学生は通りにくいです

一方、消費者金融の場合は審査が比較的にやさしく、利用しやすくなっています。また、「即日融資」にも対応しているため、急な出費があったときでも便利。そのため、学生がキャッシングを利用するなら、消費者金融に申し込むのがおすすめです。

ポイント3:利用希望額を「10万円程度」と少なくする

金融機関にキャッシングの申し込みをする場合、その利用限度額を少なくするのも審査に通りやすくするコツです。なぜなら、信販会社や消費者金融が提供するキャッシングには「総量規制」と呼ばれるルールがあるからです。

この総量規制とは、「年収の3分の1までしか貸し出しをしてはいけない」という決まりです。これは、消費者金融などのルールを定めた「貸金業法」に規定されています。そのため、あまりにも大きな額の融資を希望すると、その時点で審査に落とされてしまいます。

ただし、銀行にはこの総量規制が適用されません。銀行のルールは「銀行法」によって規定されているからです。そのため、銀行であれば年収に関係なく、高額な借り入れが期待できます。しかし、実際は銀行でも学生への融資は10万円程度と少額にする傾向が強いです。そのため、キャッシングやカードローンの審査に通りたいのであれば、利用希望額を少なめに設定するようにしましょう。

消費者金融 総量規制(※貸金業法)
銀行 銀行法

ポイント4:一度に複数の申し込みをしない

急にお金が必要になると、複数の金融機関にキャッシングの申し込みをしたくなるものです。しかし、この「複数社に申し込む行為」は絶対にやってはいけません。なぜなら、これをすると審査に落ちる可能性が極めて高くなるからです。

キャッシングの申し込み情報は、金融機関全体で共有されています。そのため、複数の金融機関に申し込みをしていると、支払いに困ってどうにもならない人と見られてしまうのです。その結果、「返済能力のない人」として扱われ、審査に落とされてしまいます。

なるべく早く融資を受けたいのであれば、「即日融資」に対応している消費者金融の店舗や自動契約機に行き、申し込みを済ませるといいでしょう。そうすれば、審査をその場で終わらせることもでき、急な資金調達にも対応できます

ポイント1 「学生ローン」に申し込みをする
ポイント2 「消費者金融」に申し込みをする
ポイント3 利用限度額を「10万円程度」と少なくする
ポイント4 一度に複数の申し込みをしない

学生が審査の際に気になる「3つ」のポイント

学生がキャッシングやカードローンを申し込むときには、次の3つのポイントに注意すべきです。これらを守らないと、借り入れで損をしてしまう可能性があります。

ポイント1:「在籍確認」はアルバイト先に対して行われる

キャッシングを申し込む場合、「在籍確認」について不安を持つ学生もいるでしょう。結論から言うと、学生からの申し込みであっても、審査の際には在籍確認が行われます。この在籍確認とは、申し込みの際に記載したアルバイト先に勤めているかを確認するものです。基本的には、電話で確認されます。

しかし、なかには在籍確認を取らない金融機関もあるようです。特にアルバイトの場合、勤務先への在籍確認が難しいからです。その場合、金融機関は給与明細などの「在籍証明書類」の提出を求められることもあります。

在籍確認は、あくまでもアルバイト先に対してなされます。学校には連絡が入らないので、その点は安心してください。

ポイント2:本人確認書類に「学生証」は使えない

キャッシングを申し込む際には、「本人確認書類」の提出が求められます。この書類には免許証や住民票などが当てはまります。学生証は当てはまりません。学生証が当てはまらない理由は、公的機関が発行していないからです。そのため、学生証以外の本人確認書類を提出することが求められます。

学生が本人証明書類として使えるものには「住民票」があります。住民票は、最寄りの役所や住民センターで発行してもらえるので、事前に用意しておきましょう。

ポイント3:虚偽情報を記入(入力)したら審査に落ちる

学生のなかには、申し込み内容に「虚偽情報を記入(入力)しても大丈夫だろう」と思っている人がいるようです。しかし、虚偽情報だと判明した時点で、審査に落とされてしまいます。そのため、収入や住所などについて虚偽情報を記入するのは絶対にやめましょう

たとえ悪意がなくても、誤って情報を記入したまま申し込んでしまうと、審査に落ちる可能性があります。そのため、申し込むときには細心の注意を払うようにしましょう。

ポイント1 「在籍確認」はアルバイト先に対して行なわれる
ポイント2 本人確認書類に「学生証」は使えない
ポイント3 虚偽情報を記入(入力)した審査に落ちる

POINT
・学生がキャッシングやカードローンを利用する場合、審査基準を満たす必要がある
・学生は「学生ローン」に申し込むほうが、審査に通りやすくなる
・虚偽情報を記入(入力)すると審査に落ちるため、絶対にしない

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧