キャッシングアカデミー

バンクイックの増額で金利引き下げ!増額のポイントを徹底解析

Cache_03

カードローンやキャッシングは、より低い金利で利用したいですよね。 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックでは、金利が利用限度額に応じて変動し、利用限度額が増額されれば金利が下がります。ここでは、バンクイックで利用限度額を増額できる条件や、増額する方法など、バンクイックの増額について説明していきます。

バンクイックの増額のメリットって?

三菱東京UFJ銀行が提供しているカードローンのバンクイックは大手銀行ならではの低い金利が魅力です。しかし、実際に利用するとなるとのちの返済の負担を軽くするためにも、少しでも借入利率、いわゆる金利は低いに越したことはありません。バンクイックでは、利用限度額の増額によって、金利を下げられる可能性があるので、このページで詳しく見ていきましょう。

バンクイックの金利と利用限度額を理解しよう

バンクイックでは、最高500万円までの限度額が用意されており、金利は1.8%~14.6%と利用限度額により異なります。

<限度額別金利の目安>

利用限度額 金利(実質年率)
400万円超500万円以下 1.8~6.1%
300万円超400万円以下 6.1~7.1%
200万円超300万円以下 7.1~9.6%
100万円超200万円以下 9.6~12.6%
10万円超100万円以下 12.6~14.6%

このように、利用限度額が高額になるほど金利は下がります。ですので、利用限度額の増額ができるのであれば増額し、いざ利用するというときにはより低金利で利用したいですね。

バンクイックの利用限度額が高いとこんなメリットも

バンクイックの大きな特徴として「総量規制の対象外である」という点があります。通常、消費者金融では、貸金業法の総量規制により年収の3分の1を超える借り入れはできません。しかし、バンクイックは銀行のカードローンなので、貸金業法の規制を受けずに借り入れが可能なのです。
先に述べたように、利用限度額が高ければ金利も比較的低くなるので、利用限度額が高いようであれば、バンクイックもまた他社をまとめたり借り換えたりするのに適していると言えます。
さらに、金利が8.1%以下まで利用限度額が高ければ、毎回の最小返済額を減らすことができる点もまたバンクイックの利用限度額増額のメリットと言えます。

バンクイックの利用限度額の増額で金利を下げるポイント

バンクイックでは、利用限度額が上がれば金利が下がるので、金利を下げるには増額という方法があります。では、どのようにすれば利用限度額を増額できるのでしょうか?ここでは、そのポイントをご紹介しましょう。

ポイント①収入が多いほど増額しやすい

三菱東京UFJ銀行は、バンクイックに関しては審査を通じどのように利用限度額を算出しているか非公開です。また、いくら総量規制の影響を受けずに借り入れが可能といっても、収入自体が低ければ高額の利用限度額を獲得するのは難しいものです。とは言え、バンクイックのみならず、一般的にカードローンやキャッシングは「収入が多くなると返済能力も増す」という認識のもとで信用に値するユーザーなのかを審査します。ですので、もしも他に少しでも副収入がある、または、年収が増えた場合も、その都度、増額希望を出してみましょう。

ポイント②返済実績は信用に直結

年収も低く、副収入が無い場合でも利用限度額を上げ、金利を引き下げられる可能性はあります。それは、返済実績を作るという方法です。金融機関や銀行の立場からすると、しっかりと滞りなく返済できる人には優遇をし、また利用してほしいという思惑があります。ですので、返済により信頼を得る事が重要なのです。具体的には、返済期日を守れない、債務整理の経験がある、などのいわゆる「金融事故」が無い状態です。どのような基準で返済実績の良し悪しを三菱東京UFJ銀行が判断しているかは明るみに出ていませんが、返済実績のよい「優良顧客」となるには相応の期間が必要ということもポイントなのです。

バンクイックで増額するためにも信用が大事

バンクイックの利用限度額の増額を考えているのであれば、上で紹介した2つのポイントどちらも極力クリアしたいところです。なぜなら、年収が高くても返済実績の悪いと判断され増額が認められない、または返済実績以外にも、カードローンの利用実績が浅い、年収が大幅に下がった、仕事を辞めたり転職したりした、他社からの借り入れが増えた、という場合には増額が認められない場合があるからです。ですので、バンクイックの利用時にはいつも「信用」を念頭に置いておきましょう。

バンクイックでの増額はどうすればいいの?

バンクイックでは、必要に応じて限度額の引き上げを依頼することができます。増額を申し込むには、専用の電話番号で相談してみましょう。

バンクイックの増額はまず電話で

バンクイックは、インターネットの申し込み窓口はなく、増額相談専用の電話番号にて相談を受け付けています(これは新規申し込み時の問い合わせ番号とは異なるので注意)。

増額の相談専用ダイヤル 0120-76-5919
受付時間:平日9:00~21:00、土日祝日9:00~17:00(12/31~1/3を除く)

上記に電話をかけ、増額申請をし再審査をしてもらえるようになります。バンクイックの増額審査は翌日には結果が分かります。再審査と言えども審査時間が他社と比べて短いのもバンクイックの特長です。

利用限度額まさかの減額?!増額するつもりだったのに…。

増額審査の最大の注意点は、減額されてしまう場合もあるという事です。それは、返済状況が悪かった、大幅に収入が下がった、他社からの借り入れが増えた、仕事を辞めたり転職した、という場合に考えられます。場合によっては利用停止も考えられるので、自身の状況をしっかり見極めてから申し込むことが必要です。
一方で優良であるとみなされた顧客には、バンクイック側から定期的に増額の案内をしています。その案内を待つのも一つの手だと考えられます。

三菱東京UFJ銀行カードローン

mufg_pc_670
審査時間
最短30分 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年1.8%~14.6% 

※学生や配偶者に収入がある方なら申込可※遅延損害金は限度額によって異なります※商品名は「バンクイック」です。

公式サイトで詳細を見る

バンクイックでは利用限度額が上がるほど金利が下がります。しかし、利用限度額は何もせずに上げられるものではありません。収入が増えたり、長期に渡り利用実績が良いということが条件となります。特に返済実績は信用を得るために重要となります。返済期日や返済額を守り、優良顧客となることが増額の近道となりますので、焦らず実績を積み重ねるようにしましょう。また、他社のおまとめや借り換えも気軽に相談してみることをおすすめします。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧