キャッシングアカデミー

プロミスを利用する人がトクする「2つの無利息サービス」

消費者金融のキャッシングを申し込むのであれば、なるべくサービスを利用したいもの。サービスを上手に使うと、利息を少なくしてキャッシングを利用することができます。その結果、銀行と同じくらいの低金利で借り入れをすることも可能なのです。 そこで今回は、特にプロミスの無利息サービスの詳細について、専門家に聞いてみました。

プロミスが提供する「2つの無利息サービス」とは?

プロミスでは、「新規会員登録をする方法」と「プロミスポイントを使う方法」による「2つの無利息サービス」があります。ここでは、これら2つのサービスについての具体的な違いを説明していきます。

【2つの無利息サービスの比較】

新規会員登録をする方法
(30日間無利息サービス)
プロミスポイントを使うポイント
対象者 新規で借り入れを申し込む人 プロミス会員
条件 メールアドレスの登録
Web 明細の登録
プロミスポイントの利用
内容 初回出金の翌日から30日間は、利息がつかない 消費するプロミスポイントによって、7日間・15日間・30日間のいずれかの期間は無利息となる
注意点 1回しか利用できない 複数回利用できる

「30日間の無利息サービス」とは?

プロミスでは新規会員登録をした人向けに、「30日間無利息サービス」を提供しています。これは、「初回出金の翌日から30日間は利息がつかない」というものです。30日間を過ぎれば、通常の利息に移行するようになっています。

このサービスは、無利息が適用される30日間であれば、追加で借り入れをした分も対象となります。また、30日以内に完済して、再度借り入れをした分についても対象になります。つまり、初回出金の翌日から30日間は、サービスが適用されている限り、利息はつきません。

ただし、こちらの「30日間の無利息サービス」は新規会員限定です。そのため、基本的に1回限りのサービスとなります。

「ポイントサービス」とは?

プロミスでは会員向けに「ポイントサービス」を提供しています。このサービス内容は「一定期間、提携ATMの手数料が無料になる」ものと、「一定期間、無利息になる」ものがあります。このうち、後者であれば無利息サービスとなります。

このサービスは、「プロミスポイント」と呼ばれるポイントを使って利用することが可能です。消費するポイントによって、「7日間」「15日間」「30日間」の無利息サービスを受けられるのです。また、ポイントさえあれば何回でも利用することができるため、上手に活用すれば、銀行と同じくらいに金利を低く抑えることも可能です。

ただし、このサービスを利用するには、ポイントを貯めなければなりません。ポイントは「サービスへ申し込み」や「収入証明書類の提出」などで貯めることができます。プロミスからのメールでも貯まるので、こまめにチェックするようにしましょう。

「30日間の無利息サービス」を受けるための「4つ」の手順

前述のように、プロミスには、新規に申し込む人限定で「30日間無利息サービス」を実施しています。また、期間中であれば、追加借り入れ分も対象になります。ただし、このサービスを受けるには、「新規申込者」「ポイントサービスの利用」「Web明細の利用」の3つの条件を満たす必要があります。ここでは、「30日間の無利息サービス」を受けるための手順について説明していきます。

(1)プロミスに申し込みをする

まずは、プロミスに申し込みをします。申し込み方法としては「Web」「自動契約機」「電話」などから選ぶことが可能です。申し込みを完了し、審査に無事に通れば、プロミスでキャッシングを利用できるようになります。

この「30日間無利息サービス」は、先ほど説明したように新規に申し込む人限定です。以前に、プロミスを利用したことがある人が再度申し込みをしても、対象外となるので注意をしましょう。

(2)メールアドレスを登録する

申し込みをする際、「メールアドレス」の登録をします。メールアドレスを登録することで、「ポイントサービス」や「Web明細」の利用が可能です。

もしメールアドレスが変わった場合には、会員ページへのログインや自動契約機で変更をすることができます。

(3)「ポイントサービス」を申し込む

無利息サービスを利用するには、「ポイントサービス」への申し込みが必要となります。これは、プロミス会員向けに提供されているサービスの1つで、「プロミスポイント」を消費するものです。

この「ポイントサービス」への申し込み方法は、まずプロミスの公式サイトの会員ページへログインをします。そして、会員ページで「ポイント申込」ボタンをクリックします。たったこれだけで「ポイントサービス」の登録が完了し、ポイントの獲得や利用が可能となります。

なお、この会員ログインには「カード番号とカード暗証番号」、もしくは「IDとパスワード」が必要になるため、契約時のものを忘れないようにしましょう。

(4)「Web明細」を利用する

30日間の無利息サービスを利用するためのもう1つの条件として、「Web明細」の利用があります。Web明細とは、借入時に発行される明細をWeb上で確認できるサービスです。

このWeb明細も「ポイントサービス」と同様に、まず会員ページにログインし「書面受取方法登録・変更」ボタンをクリックします。そこに表示される「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択すると、手続きが完了します。

以上の4つの手順が済めば、手続きは完了します。

  • (1)プロミスに申し込みをする
  • (2)メールアドレスを登録する
  • (3)「ポイントサービス」を申し込む
  • (4)「Web明細」を利用する

「プロミスポイント」を使って無利息にする「4つ」の手順

プロミスポイントを利用すると、「提携ATM手数料の無料サービス」や「無利息サービス」を受けることができます。ここでは、プロミスポイントを利用した「無利息サービス」を受けるための手順を説明します。特に、無利息サービスの期間と消費ポイントの関係を見ていきましょう。

(1)「ポイントサービス」を申し込む

すでに「30日間の無利息サービス」を利用している人であれば、この手続きは完了しています。しかし、新規申し込みのサービスを逃した人は、この「ポイントサービス」に申し込んでいない可能性があります。未加入なのであれば、ぜひこのポイントサービスに申し込んでおきましょう

申し込み方法は会員ページにログインをして、「ポイント申込」ボタンをクリックするだけ。これで「プロミスポイント」を貯めたり、サービスを利用したりすることが可能です。

(2)「プロミスポイント」を貯める

ポイントサービスを受けるためには、「プロミスポイント」をコツコツ貯める必要があります。その対象となるサービスは次に挙げるようにいくつかあり、その貯まり方に差があります。

【プロミスポイントを獲得できるサービス】

プロミスポイント対象のサービス 獲得できるポイント
ポイントサービスに申し込みをする(初回登録のみ) 100ポイント
会員サービスにログインする(毎月 1 回のみ) 10ポイント
会員サービスの「プロミスからのお知らせ」を確認する 5ポイント~20ポイント
収入証明書類を提出する(初回提出時のみ) 160ポイント
「ご返済日お知らせメール」の利用(毎月末 1 回のみ) 1ポイント
「取引確認メール」の利用(毎月末 1 回のみ)
パソコンなどによる書面の受け取り(毎月末 1 回のみ)

また、獲得済みのポイントは会員ページでチェックすることができるので、定期的に確認しておくといいでしょう。

(3)「プロミスポイント」を使う

プロミスポイントが貯まったら、それを利用してプロミス利用時の「提携ATM手数料の無料サービス」や「無利息サービス」を受けることが可能です。それぞれのサービスを受けるために必要なポイントは次のとおりです。

【サービスの種類と必要なポイント】

ポイントサービスの種類 使用されるポイント
提携ATM 手数料無料サービス(申込日から翌月末まで) 40ポイント
無利息サービス(7日間) 250ポイント
無利息サービス(15日間) 400ポイント
無利息サービス(30日間) 700ポイント

ポイントが十分貯まっていたら、会員サービスにログインして、ポイント情報にある「ポイント交換はこちら」で選択をしましょう。「提携ATM手数料の無料サービス」と「無利息サービス」のうち、自分の好きなほうを選ぶことが可能です。

(4)サービスの「開始条件」を満たす

ポイントサービスの「無利息サービス」を申し込んでも、すぐに利用できるわけではありません。このサービスを受けるためには「開始条件」を満たす必要があります。それが「利息以上の返済をしたとき」または「完済時に再度出金するとき」です。

これらの条件を満たしたときに、初めて無利息サービスを利用できます。そのため、返済をしたり、新たに出金をしたりするときに、ポイントをチェックしておきましょう。

  • (1)「ポイントサービス」を申し込む
  • (2)「プロミスポイント」を貯める
  • (3)「プロミスポイント」を使う
  • (4)サービスの「開始条件」を満たす

POINT
・プロミスでは、「新規会員登録をする方法」か「プロミスポイントを使う方法」による「2つの無利息サービス」がある
・新規会員登録をする方法では、「ポイントサービス」と「Web明細」への申し込みが必要
・プロミスポイントは、「ご返済日お知らせメール」「取引確認メール」の利用などで貯めることが可能

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧