キャッシングアカデミー

これは知っておきたい!新生銀行カードローンレイクの金利引き下げ方

キャッシングやカードローンを利用しているときに、「金利が低ければ返済が楽になるのに……」と思うことは良くあることです。主に、金利の引き下げは利用状況が良ければ交渉可能です。新生銀行カードローン レイクでも、しっかり返済をしていたり利用額が多ければ金利引き下げの可能性が高まります。 このページでは、新生銀行カードローン レイクでの金利引き下げの方法と条件を説明していきます。

新生銀行カードローン レイクの金利が変わる条件

新生銀行カードローン レイクは返済をしっかりして、借り入れ限度額が多ければ金利が下がるローンです。契約限度額が上がれば上がるほど金利が下がることが特徴で、金利を下げるためには高い限度額で契約をすることがポイントです。

また、新生銀行カードローン レイクの初回の利用に限り、30日間無利息と180日間5万円分無利息の2種類の無利息プランが用意されています。新生銀行カードローン レイクを初めて利用する人にとっては嬉しいプランです。

新生銀行カードローン レイクの金利を下げるためのポイントは以下の通りです。

  •  返済をしっかりしていること
  •  借り入れ限度額を高くすること
  •  初回利用については30日間無利息か180日間5万円分無利息を選べる

 

借り入れ限度額が上がれば金利は下がる

金利は限度額に比例している

新生銀行カードローン レイクの金利は借り入れ限度額に比例しており、限度額が上がれば金利は下がります。借り入れ限度額に対しての金利は以下の表の通りです。

 

 

借り入れ限度額が200万円以下の場合

契約限度額  金利
1円~100万円未満  15.0%~18.0%
100万~200万円  12.0%~15.0%

 

借り入れ限度額が200万円超の場合

契約限度額  金利
200万1円~300万円以下   9.0%~15.0%
300万1円~400万円  7.0%
400万1円~500万円  4.5%

上記の表を基に借り入れをした場合、契約限度額10万円で10万円を借りた場合の利息は18%、限度額200万円で200万円を借りた場合の金利は15%、限度額400万円で400万円を借りた場合の金利は7%となります。

限度額の増額案内が来ていると金利引き下げのチャンス

金利を低くするには、限度額の増額案内が来ているときがチャンスです。増額案内がくるのは優良顧客とみなされているからであり、もっと多くのお金を借りてほしいという新生銀行カードローン レイク側の意思表示でもあります。そのため、増額案内がきている時に金利を下げるために限度額をあげておくと良いでしょう。

もし増額案内がこなくても、しっかりとした返済ができている場合は、電話で問い合わせてみましょう。希望によって増額が可能となる可能性もあります。

 

利用状況が良いと金利は引き下げられる

返済状況と利用期間が長い優良顧客が有利

返済状況が良く利用期間が長いと、新生銀行カードローン レイクから優良顧客と認められます。また、きちんとした返済に加え、適度に借り入れをしていることがポイントです。一度契約してほとんど借り入れをしてない場合は優良顧客とはみなされません。また、返済してもすぐに限度額一杯に借り入れをしている人も、今後の返済に関して不安があるとみなされます。

優良顧客と認められるには以下の事がポイントになります。

  • 返済状況が良い
  • 利用期間が長い
  • 適度な借り入れ実績がある

これらのポイントを満たすことによって、増額しなくても金利引き下げを案内される可能性があがります。

 

金利引き下げの案内がない場合は交渉は難しい

新生銀行カードローン レイクからの金利の引き下げ案内がない場合は、金利の引き下げ交渉は難しいと考えたほうが良いでしょう。新生銀行カードローン レイクは返済状況が良く、利用期間が長く、適度に利用をしている優良顧客には金利引き下げの案内を送ります。その金利引き下げの案内がなければ、金利の引き下げは難しいといえます。

金利引き下げは新生銀行カードローン レイクの定める基準で行われますので、優良顧客と見なされるような利用実績を重ねてゆきましょう。

返済状況や経済状況によっては交渉してみると良い

返済が厳しかったら交渉はしてみよう

新生銀行カードローン レイクの金利引き下げは、新生銀行カードローン レイクの金利引き下げの案内がない場合は難しいのですが、返済が厳しいなど、経済状況が苦しい場合には金利引き下げの交渉をしてみましょう。この様なケースでは貸し手も返済ができないと困るため、金利の引き下げをに応じてもらえる可能性があります。

今後の利用は厳しくなるかもしれない

返済が厳しいという理由で金利を下げてもらった場合は、その後の新生銀行カードローン レイクの融資は厳しくなると考えましょう。そのため、返済が厳しいという理由で、安易に金利引き下げの相談をすることはオススメできません。金利引き下げ以外に返済の手立てがない場合など、最終手段として考えたほうがよいでしょう。

いかがでしたか。ここでは新生銀行カードローン レイクの金利の引き下げについて詳しく解説してきました。金利が変わる条件として、借り入れ限度額を高くすること、優良顧客と見なされることが大切です。 

優良顧客と見なされるためには、 返済状況が良いこと、利用期間が長いこと、適度な借り入れ実績があることがポイントとなります。新生銀行カードローン レイクから優良顧客と認められると、増額案内や、金利引き下げの案内がくるなど、金利面で優遇されます。

このように、新生銀行カードローン レイクで金利を下げるには、日頃の利用を通して信頼を積み重ねてゆくことがポイントとなります。借り入れをしたら遅れずに返す、それを長く続けることでお得な金利になりますので、利用の際の参考にしてもらえればと思います。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧