キャッシングアカデミー

新生銀行カードローンレイクの在籍確認がばれない理由

新生銀行カードローン レイクでも、他の銀行カードローンや消費者金融と同じく在籍確認が行われます。新生銀行カードローン レイクは、休日や夜21時過ぎでも審査してもらえるため、在籍確認で会社にカードローン利用をばれないようにするためには、在籍確認のタイミングや時間帯について把握していることが必要です。 また、学生や派遣社員の方は在籍確認がどこにされるかを注意する必要があります。 このページでは、新生銀行カードローン レイクの在籍確認について詳しく説明します。

新生銀行カードローン レイクの在籍確認は申し込み完了後、勤務先に電話がある

新生銀行カードローン レイクでは、審査時に勤務先への在籍確認が必要になります。在籍確認は本人の記載した申し込み情報を元に電話で行われます。在籍確認では申込者が電話口に出る必要はありません。では、どのタイミングで在籍確認が行われるのでしょうか?

審査から在籍確認までの流れ
新生銀行カードローン レイクでの審査の流れは以下の通りです。

  1. 申し込み
  2. 審査
  3. 審査結果回答
  4. 契約手続き
  5. 本人確認書類の提出
  6. 借入及びカードの受け取り

在籍確認は、②審査の段階で行われます。申し込み完了後にレイク担当者が勤務先へ在籍確認の電話を掛けるのです。そのため、もしも在籍確認に不安や心配がある場合は、申し込み完了前に相談することをおすすめします。

自宅に電話があるのは個人事業主だけ

新生銀行カードローン レイクでは勤務先の在籍確認が必須です。では、自宅固定電話には在籍確認をされるのでしょうか?
答えは「申告をすれば確認されるが、必須ではない」です。携帯電話を持っていて、勤務先の在籍確認がとれれば、自宅への確認は無くても大丈夫なのです。そのため、自宅への確認電話は控えて欲しい旨を伝えれば、掛かってくることはありません。そして、申込時に電話連絡ではなくメール連絡希望にしておくことも重要です。
しかし、携帯電話を持っていない場合や、自営業の場合は自宅電話番号への在籍確認が必須です。まず、携帯電話を持っていないと本人と連絡が取れませんので、本人と連絡のつく番号の確認が必要となります。また、自営業の場合は、勤務先の在籍確認として自宅固定電話への確認が必要となるのです。

休日でも在籍確認はしてくれる。ただし、結果が翌営業日になる場合も。

新生銀行カードローン レイクでは土日祝日(年末年始を除く)でも在籍確認の対応が可能です。もしも、土日祝日の在籍確認を希望する場合は気軽に相談してみてください。

審査結果お知らせ可能時間は対応してくれる

新生銀行カードローン レイクでは、土日祝日でも在籍確認をすることが可能です。例えば、「シフトの関係で、自身の在籍が確実に分かる人が土日に出社している日に在籍確認してほしい」など細かい依頼にも対応可能です。

しかし、在籍確認ができる時間帯は、下記の審査結果回答可能時間内であり、この時間以外の対応はできません。また、在籍確認が取れた場合でも、審査状況によっては結果連絡が翌営業日になることがあります

審査結果回答可能時間

申し込み方法 申し込み受付時間 審査回答時間(在籍確認可能時間)
パソコン・スマートフォン 24時間 通常8:10~21:50
毎月第三日曜日8:10~19:00
携帯電話 24時間 通常8:10~21:50
毎月第三日曜日8:10~19:00
自動契約機  平日・土曜日8:45~24:00
日曜・祝日8:45~22:00
毎月第三日曜日8:45~19:00
(ただし新規のお客様は8:45~21:00までが当日分融資)
電話 24時間 通常9:00~21:00
毎月第三日曜日9:00~19:00

 

在籍確認は勤務先の営業日にしかできない

新生銀行カードローン レイクでは土日祝日の在籍確認が可能です。

しかし、勤務先の休みが土日祝日の場合は在籍確認ができません。勤務先の定休日には在籍確認ができないのです。土日祝日が休みの会社へは平日の在認を実施します

新生銀行カードローン レイクは在籍確認の時間と名義を指定できる

新生銀行カードローン レイクでは、在籍確認の際、時間と名義を指定できます。しかし、時間は審査結果回答可能時間内、名義は担当者の個人名か「新生銀行」名のどちらかになります。在籍確認に対して不安がある場合は、事前に相談してみましょう。

時間指定をすれば心構えができる

在籍確認の際、時間指定を有効に使いましょう。

時間指定をし、電話を取る担当者へ「何時ごろに電話が来る予定ですからお願いします」と声を掛けておけば怪しさも軽減されるでしょう。また、自分の在籍を良く知る上司や同僚の居る時間帯に電話を掛けてもらえれば、在籍確認が取れずに審査に落ちるという事態を防げます

「新生銀行」名義での在籍確認が可能

新生銀行カードローン レイクでは、在籍確認時に個人名で電話をかける事が一般的です。

しかし、相談をすれば新生銀行名で在籍確認の電話をしてもらう事ができます新生銀行ではカードローン以外にも様々なサービスを展開しているため、在籍確認時に新生銀行を名乗ってもらえば、怪しまれたり、キャッシングがはれることはないでしょう。

この方法は、銀行カードローンならではのメリットです。

学生や主婦が新生銀行カードローンレイクで在籍確認を受けるときの注意

パートやアルバイトをしている学生や主婦も、勤務先での在籍確認が必要になります。また、派遣社員の場合は、派遣先・派遣元と在籍確認が必要になる場合もありますので、事前に電話番号をしっかり調べておきましょう。

学生や主婦アルバイト・パート先に在籍確認される

アルバイトの学生やパートの主婦は、勤務先に在籍確認をされます。しかし、業種にもよりますが、アルバイトやパート宛に電話が来ることは滅多にないでしょう。そのため、下記の2点のポイントを事前に実行しましょう。

  1. 担当者へ新生銀行名での在籍確認を依頼する
  2. 勤務先へ銀行から電話が来るかも知れない旨を伝える

新生銀行では様々なサービスを提供しているため、勤務先へは「クレジットカードの申し込みをした」「住宅ローンの審査をしている」「保険の相談をしている」などと、銀行から電話がくる旨を伝えておきましょう。そうすることで怪しまれたりばれたりし辛くなります。

派遣社員は派遣先と派遣元の両方に在籍確認してもらうのがベスト

派遣社員の場合は、派遣会社である派遣元か派遣先で在籍確認を取ります。もしどちらかで確認が取れない場合は、もう一方での確認が必要になります。

特に、派遣先では派遣社員の名前まで把握をしていない可能性があり、確認が取り辛い場合があります。そのため、申し込み時には、派遣元・派遣先の連絡先を調べておく必要があります。派遣先の連絡先は、直属の上司や配属されている部署への直通電話番号が分かるとより確実です。また、派遣元は担当者へ繋がる番号を調べておきましょう。

新生銀行カードローン レイクでの在籍確認は申し込み完了後に行われます。個人事業主や携帯電話の無い方は、自宅の電話番号確認が必要になりますが、それ以外は勤務先への在籍確認だけが必須となります。
在籍確認は土日祝日でも可能ですが、審査結果回答可能時間内での対応となりますので注意が必要です。また、勤務先の定休日には在籍確認はできません。在籍確認では時間指定と名義の指定ができ、それらを有効に利用すれば、ばれたり怪しまれたりする可能性は極めて低くなります。
学生や主婦、派遣社員も勤務先での在籍確認が必要です。パート・アルバイト先には、事前に銀行から連絡が来る旨を伝えておく事がポイントです。派遣社員は派遣元・派遣先で確実に在籍確認の取れる電話番号を調べておく必要があります。新生銀行カードローン レイクでの在籍確認で借り入れがばれることはほとんどありません。しかし、不安のある場合は、事前に担当オペレーターへ相談してみましょう。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧