キャッシングアカデミー

オリックス銀行カードローンの審査の不安はここで解消!

Cache_36_P0145

オリックス銀行カードローンでは、申し込んだけど時間がかかってなかなか審査結果がこない、落ちてしまったらどうしよう、などと不安になる利用者は多いようです。オリックス銀行カードローンなど銀行カードローンは、消費者金融と異なることも多くあります。 ここでは、オリックス銀行カードローンの審査について詳しく説明していきます。

オリックス銀行カードローンの審査に落ちる4つの理由

オリックス銀行カードローンの審査に落ちるときには必ず理由があります。審査基準は非公表となっていますが、落ちる理由としてはいくつかの事が考えられます。以下が審査に落ちる理由の代表的なものとされています。

<審査に落ちる理由一覧>

まずは審査結果の確認から

審査結果を待っている間は不安になるものですが、そもそもオリックス銀行から審査結果がきているかどうかチェックをしてみましょう。審査結果は電話かEメール、または郵送で伝えられますので、これらの確認は必須です。

オリックス銀行カードローンの審査結果がくるまで2~3日程度

オリックス銀行カードローンの審査期間は比較的長めで、申し込みから審査結果がでるまでに平日で2~3日程度、その間に土日を挟むと5日程度かかるとされています。そのため、なかなか連絡がこなくても、申し込みから5日以内である場合はもう少し連絡がくるのを待ってみましょう。

審査結果はメールか電話か郵送で

オリックス銀行カードローンの審査結果の連絡はメールか電話か郵送で伝えられます。メールで審査結果をもらうには、申し込みの際に登録したEメールアドレスに「Eメールアドレス確認用URL」が送付されてきますので、Eメールアドレス確認用URLをクリックし受信確認を行います。Eメールアドレスの受信確認が終わると、審査結果等の連絡がEメールできます。
審査結果はEメール以外には郵送や電話で連絡がきます。そのため郵便物がきているかどうか、また電話の着信履歴のチェックも忘れずにしてみましょう。

オリックス銀行カードローン落ちても連続申し込みは待って

連続で申し込むと申し込みブラック状態に

オリックス銀行カードローンの審査に落ちてしまった場合には、連続でもう一度申し込むことは避けましょう。連続で申し込むと申し込みブラックとみなされ、以後の審査も通りにくくなります。
申し込みブラックとは、何度も申し込んで落ちた結果、その記録が信用情報機関に残ってブラック認定されることを指します。申し込みブラックに認定されると以後の審査が一層厳しくなります。

他社との同時申し込みにも注意

また他社との同時申し込みも避けたほうが良いでしょう。同時申し込みをすると、その申込情報が信用情報機関にいきますので、審査で信用情報を照会する際に同時申込はバレます。利用者の多重債務は好ましくないことから、オリックス銀行カードローンの審査自体が不利になります

オリックス銀行カードローンで落ちても消費者金融に申し込んでみて

銀行カードローンの審査は比較的厳しい

オリックス銀行カードローンに落ちた場合でも、まだ消費者金融に利用するという選択肢があります。銀行カードローンの審査は消費者金融の審査に比べて比較的厳しく、銀行カードローンで落ちても消費者金融なら審査に通る可能性が残っています
銀行カードローンの審査が厳しい理由として、銀行カードローンには保証会社が付いていることがあげられます。
保証会社には、破産、遅延などの債務不履行になった場合、銀行に対して残りの借入金と利息を一括で債務者に代って返済する役割があります。
融資に際しては、銀行と保証会社のふたつの審査があるため、保証会社が付いていない消費者金融会社に比べて審査が厳しくなる傾向にあります。

オリックス銀行カードローン

orix_pc_385
審査時間
最短即日 
融資時間
契約後最短即日 
限度額(極度額)
最大800万円 
実質年率
年3.0%~17.8% 

公式サイトで詳細を見る

このページではオリックス銀行カードローンの審査に落ちる理由をご紹介しました。
オリックス銀行カードローンの審査の結果が分かるまでには長くて5日程度かかるとされていますので、その間、審査結果通知のEメール、電話、郵便物がきているかどうかこまめにチェックしてみましょう。
審査に通らなかったとしても、何度も申し込むことはやめましょう。申し込みを連続ですると申し込みブラックとされ、以後の借り入れが一層厳しくなります。
審査に落ちた後、どうしても申し込む場合は、比較的審査の通りやすい消費者金融に申し込みましょう。
オリックス銀行カードローンに申し込むときには、まずは審査に落ちない条件を揃えましょう。そして万が一落ちてしまっても、消費者金融などここでご紹介した方法を検討してみるのもオススメです。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧