キャッシングアカデミー

派遣社員や主婦などの非正規雇用者がプロミスを利用するコツ

プロミスを利用したいと考える人は、何も「正社員」だけとは限りません。派遣社員やアルバイト、学生や主婦でも利用したいという人は多いことでしょう。こうした非正規雇用者は、審査において差が出るのでしょうか。また、審査に通るコツはあるのでしょうか。 そこで今回は、こうした非正規雇用者がプロミスを利用する場合について、専門家に聞いてみました。

プロミスへの申込可否は「貸出対象者」がポイント

契約社員や派遣社員などの非正規雇用者、学生や主婦などでも条件が合えば、プロミスに申し込むことが可能です。その条件とは「20歳以上であること」と「毎月定期的な収入があること」です。

【プロミスへの申込可否】

雇用形態 年齢 安定的な収入
あり なし
正規雇用(正社員) 未成年 不可 不可
成人 可能 不可
非正規雇用
(派遣社印・契約社員・アルバイトなど)
未成年 不可 不可
成人 可能 不可

プロミスに申し込みができる人とは?

プロミスでは「お申し込みいただける条件」として、貸出対象者を明確にしています。この貸出対象者は「年齢が20歳~69歳の人」で「申込者に安定した収入のある人」としています。そのため、この条件を満たしてれば派遣社員やアルバイトでもプロミスに申し込むことが可能です。

ただし、ここで言うのはあくまで「申し込みの可否」についてだけです。申し込みは可能でも、プロミスの審査基準を満たさなければキャッシングを利用することはできません。

プロミスに申し込みができない人とは?

プロミスへ申し込みができない人は、前述の「お申し込みいただける条件」を満たしていない人です。つまり、「年齢が未成年もしくは70歳以上の人」で「申込者に安定した収入がない人」です。そのため、例えば派遣社員やアルバイトでも未成年者の場合には、申し込むことができません。

もし未成年者がプロミスに申し込みをすると、契約自体が無効や取り消しになってしまいます。また、「無職」の人が申し込みをすると、貸金業法の規定によって融資を拒まれてしまいます。

プロミスに申し込むのであれば、事前に「貸出対象者」の条件を満たしているか、確認をしましょう。

雇用形態によって審査で重視される属性が違う

雇用形態によって、プロミスの審査に違いがあるのでしょうか。また違いがあるとしたら、どのような点でしょうか。ここでは、非正規雇用の形態別に審査の違いについて説明します。

【非正規雇用の形態別・審査の違い】

派遣社員 アルバイト(学生) 専業主婦・兼業主婦
重視される
項目
勤務先・勤続年数 勤続年数・収入 自分の収入・夫の収入
利息制限法 適用される 適用される 適用される
借入状況 確認される 確認される 確認される
審査時間 最短30分程度 最短30分程度 数時間かかる
限度額 利息制限法の範囲内 上限額10万円まで 上限額10万円まで
注意点 申込内容の勤務先情報には「派遣元」情報を記入する 学生証は、本人証明書類として利用できない 夫の収入で審査を受ける場合には、時間がかかる

派遣社員は「勤務先・勤続年数」が重視される

非正規雇用のなかでも、派遣社員は「安定的な安定的な収入がある」ことから、審査に通る可能性が高いです。特に、審査では正社員や派遣社員といった「雇用形態」よりも、「年収」や「勤務先」が重視されます。そのため、もし大企業で派遣社員として勤めている場合は、「返済能力が高い」と判断されて審査に通りやすくなります。

また、派遣社員として働いている場合は「勤続年数」も重要な審査基準になります。6カ月未満など、勤続年数が短いと不利になりますが、5年以上勤めている場合には有利になることがあります。プロミスでは、派遣社員も正社員と同じように審査をしてくれるので安心してください

なお、派遣社員の在籍確認は「派遣元」に行われます。そのため、申込内容に派遣先の連絡先を書かないように注意をしましょう。

学生の場合は「収入の有無」が重視される

学生でも「貸出対象者」の条件を満たしていれば、プロミスから借り入れることができます。ただし、親からの仕送りだけで生活している学生は「無職」とみなされ、「貸出対象者」に当てはまらないので注意をしましょう。

仮に審査に通ったとしても、学生のアルバイトでは、キャッシングに多くの制限がつきます。例えば、そもそも収入が少ないため、「総量規制」の制限を受けやすいことが挙げられます。この「総量規制」とは、年収の3分の1までしか借入ができないルールのことで、「年収が150万円ある場合は、50万円まで借り入れできる」といったものです。

しかし実際は、学生への借入限度額は総量規制よりもずっと低く、「10万円程度」となっています。これは、学生に多額のお金を貸し出すと、「返済不能」になる可能性があるからです。そのため、「増枠」の審査も厳しくなるケースが多いのが実情です。

学生であっても、長期的にアルバイトとして勤めていたり、安定的な収入があったりすれば、プロミスのキャッシングを利用できる可能性が高いです。また、借入状況に問題がなければ、比較的審査には通りやすいと言えます。

なお、学生のなかには本人確認書類として「学生証」を提示する人もいますが、こちらはプロミスでは利用できません。「運転免許証」「健康保険証」「パスポート」のいずれかを用意して、本人確認書類として提示するようにしましょう。

主婦の場合は「自分の収入と夫の収入」が重視される

プロミスでは、主婦からのキャッシングの申し込みも受け付けています。ただし、「申し込める主婦」と「申し込めない主婦」がいるので注意が必要です。

申し込みができるのは「兼業主婦」です。兼業主婦とは、パートやアルバイトなどで稼ぎを得ている主婦のことです。もちろん、正社員や派遣社員として働いている人も該当します。こうした兼業主婦は自分の収入があるため、プロミスに申し込みをすることが可能です。

ただし、兼業主婦の収入はあまり高くないことが多いため「総量規制」に気をつける必要があります。プロミス側も返済不能に陥らせないために、少なめの限度額の設定をします。そのため、借入限度額は「10万円程度」と思っておくのがいいでしょう。

また、申し込みができないのは「専業主婦」です。専業主婦とは、パートやアルバイトを全くしておらず、無収入という主婦です。専業主婦は「安定的な収入がない」ため、プロミスに申し込むことができません。

こうした専業主婦が申し込むには、「夫の収入」を収入額として申告する方法があります。ただし、、夫の承諾を得るための確認を取ったり、在籍確認をしたりするため、審査までに時間がかかってしまう点には注意が必要です。

非正規雇用者が審査に通りやすくなる「3つ」のコツ

プロミスでキャッシングを希望する非正規雇用の人が、審査に通りやすくなるためにはどうしたらいいのでしょう。それには「属性をよくする」のが重要なポイントです。そこで、非正規雇用の人が審査に通りやすくなるための3つのコツを紹介します。

収入を増やし、勤続年数を長くする

プロミスでの審査では、「収入」と「勤続年数」が特に重視されやすいです。そのため、非正規雇用の人もこれらを意識するといいでしょう。ただし、非正規雇用の場合は収入を増やすというのは難しいところ。そこで、なるべく「勤続年数」を伸ばせるように、同じ勤務先に続けて勤めるようにするのがおすすめです。

また、もし勤務先を変えるのであれば、収入が多い場所を選ぶといいでしょう。こうした高収入の場所を選ぶことで審査に通りやすくなります。なお、働き始めたばかりで収入が少なかったり、勤続年数が短かったりする場合は、キャッシングをしばらくガマンしたほうがいいかもしれません。

借入履歴に「ホワイト情報」を増やす

プロミスでは申込者の借入履歴も、審査基準の1つとしています。この借入履歴とは、他社でのキャッシングやクレジットの利用履歴のことです。そして、これは遅延など(事故記録)がないほど「ホワイト情報」として扱われます。

このホワイト情報を増やすと、審査の段階で「返済能力」があると判断されます。その結果、キャッシングを利用しても返済してくれると信用してもらえるようになるのです。そのため、なるべく非正規雇用者は、キャッシングやクレジットの遅延を起こさないようにして、ホワイト情報を増やすようにしましょう。

なお、他社に借入が残っていると、プロミスでの審査で不利になる場合があります。そのため、なるべく借入残高は少なくしておくことも大切です。

「店頭窓口」での申し込みを利用する

プロミスでは、5種類の申し込み方法を用意しています。そのなかでも、非正規雇用者におすすめの方法が「店頭窓口」です。なぜなら、店頭窓口であれば担当者が「審査」と「決裁」を行ってくれるため、人柄も加味して判断してくれることがあるからです。その結果、「Web」や「自動契約機」で申し込むと審査に落ちてしまう人でも、通してくれる可能性が高くなります。

ただし、プロミスの店頭窓口(有人店舗)は、全国に18店舗だけしか用意されていません(※2015年3月現在)。また、基本的には平日の10時~18時までの営業となっています。近隣にプロミスの店頭窓口がないといいう人は、あらかじめ場所や営業時間を公式サイトで把握しておくといいでしょう。

POINT
・派遣社員の人がプロミスに申し込む場合は「勤務先」と「勤続年数」が重視される
・学生がプロミスに申し込む場合は「勤続年数」と「収入」が重視される
・兼業主婦なら「自分の収入」で、専業主婦でも「夫の収入」で申し込みができる

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧