キャッシングアカデミー

借金の滞納による「負のスパイラル」から脱出せよ!

Cache_49_r0072

もし現在、あなたが消費者金融などの借金を滞納しているなら要注意です。滞納を続けていると督促状や一括請求書が届き、さらには裁判を起こされるといった、想像もつかないような事態に悪化するという「負のスパイラル」に陥ってしまうことに……。そこで、このページでは借金の 滞納によって生じる問題や問題になる前に債務整理をすべきタイミング、借金の相談をするのにおすすめの弁護士事務所を紹介します。この記事を参考に、一刻も早く借金の滞納による負のスパイラルから脱出しましょう!

借金滞納で起こる4つの問題

毎月借金が膨らんでいき、返済が難しくなると、ついつい返済を先延ばしにしている人も多いか と思います。しかし、借金を滞納するといろいろな問題が連鎖的に起こります。ここでは滞納に よってどのような問題が起こるのかを紹介します。

①督促の電話や郵便が来る【滞納初日~】

借金を滞納するとまず、消費者金融などから電話や郵便で支払いの督促が来ます。この段階ではま だ督促状が届くだけなので無視することもできますが、>家族に内緒で借りている場合などは借金があることを知られてしまうので注意が必要です。また、督促状を無視すると一括請求書が郵送 されるなど、さらに状況が悪くなる「次のステップ」に進んでしまいます。

②遅延損害金が発生する【滞納初日~】

期日までに返済できないと、ほとんどの場合、消費者金融や銀行に遅延損害金を払う必要があり ます。遅延損害金の利率は、期日までに払えなかったペナルティの意味もあるため「20.0%」と 通常の利率よりも高く設定している金融機関がほとんどです。さらに、遅延損害金にプラスして通 常の金利も発生するので、支払う利息は「2倍以上」になります。つまり、1日でも滞納をすれば 支払う利息が2倍に増えてしまうわけです。

③一括請求書が届く【滞納から1ヶ月後~】

2ヶ月ほど滞納すると、消費者金融などから一括請求書が届きます。この一括請求書には、今までの滞納分と遅延損害金の請求について記載されています。一括請求書で請求される金額は、滞納者の返済能力を超えていることがほとんどです。

④裁判を起こされる【滞納から3ヶ月後~】

一括請求書も無視をすると、「最終手段」として裁判を起こされます。裁判を起こされると、裁判所から出廷を求める特別送達(特送)が滞納者のもとに郵送されます。特別送達は、差し押さえ通知と言い換えることができ、この差し押さえ通知を無視すると、欠席裁判によって相手側の主張を100%認めたことになり(※要するに敗訴)、>給料の差し押さえなどをされてしまいます。以上のように借金を滞納を続けると、最悪の場合には裁判になって、給料を差し押さえられることに。そうなる前に、債務整理を考えてみてはいかがですか。「債務整理って何か怖い」などと いうイメージをしている方もいますが、それをしないと借金を完済するのが難しくなってしまいます。そこで、次に債務整理を考えるべきタイミングを紹介します。

債務整理を考えるべき3つのタイミング

借金があっても、「まだ、自分はなんとか返済できるから大丈夫」と考えている人もいるかもしれませんが、債務整理をしないと手遅れになるかもしれません。そこで、ここでは債務整理を考えるべきタイミングを3つ紹介します。

①年収の1/3以上のお金を借りている

総量規制によって、年収の1/3以上のお金は消費者金融から借りることはできません。すでに年収の1/3以上を借りているのなら、当然ですがほかの消費者金融に申し込んでも審査に落ちてしまいます。このような場合は、債務整理を考えるべきタイミングです。

②返済のためにほかの消費者金融からも借りている

返済のためにほかの消費者金融からお金を借りているのなら、債務整理を考えるべきタイミングです。なぜなら、そのままだと借金がどんどん膨らんでいって自分の返済能力を超えてしまい、自力で完済できなくなってしまうからです。

③給料の半分以上を毎月の返済に充てている

給料の半分以上を借金の返済に充てているという人は、生活するだけでも大変かと思います。 ちょっとした出費のためにほかの消費者金融からお金を借りて、結果として借金が増えていく恐れも……。このような場合も、債務整理を考えるべきタイミングです。
もし、上記に1つでも当てはまるのなら、債務整理について考えてみてください。「債務整理をしたいけど、何したらいいのかよく分からない」と思う人も多いことでしょう。実は、弁護士に相談すれば、誰でも債務整理をすることができます。相談するだけなら、それほどハードルは高くないって思いませんか?

債務整理の相談は初めての人でも簡単にできます

債務整理を弁護士に相談するとなると、手間とお金がかかってしまう考えがちです。を弁護士に相談するとなると、手間とお金がかかってしまう考えがちです。しかし、電話で相談するだけなら無料だし、弁護士は様々な条件を総合的に判断して最適な答えを出してくれるので、無理やり債務整理を進められることもありません。そのため、気軽に相談することができます。 他人に借金の相談はできないと、自分一人で悩むことが多いもの。プロである弁護士に話すだけでも楽になるはず。借金のことで悩んでいるなら、まずは弁護士に一度相談してみましょう。

希望条件でキャッシングを選ぶ

審査に不安だけど借りるのに
おすすめの消費者金融・銀行