キャッシングアカデミー

複数の消費者金融や銀行でお金を借りているならまとめるのがおすすめ

Cache_01

複数の消費者金融や銀行のカードローンからお金を借りているなら、1つの消費者金融や銀行のカードローンにおまとめするのがおすすめです。ここではおまとめするメリットやおまとめにおすすめの消費者金融や銀行を紹介しています。

複数の消費者金融や銀行から借りるデメリット2つ

「1社目の限度額の増額の審査に落ちた」や「なんとなく複数の消費者金融から借りている」など複数の消費者金融や銀行から借りている人も多いと思います。しかし、複数から借りているとデメリットもあります。デメリットの2つを紹介します。

1.返済日が把握できず支払い遅延をする可能性がある

金融機関によって返済日は違うので、複数の金融機関で借りていると返済日も金融機関の数だけあります。各金融機関の返済日と返済金額を全部把握してその日までに1つの漏れもなく返済できますか。最初はできていても返済を忘れてしまう可能性は十分にあります。また、金融機関への返済に1回でも遅れると、信用情報機関という全部の金融機関がカードローンやキャッシングの審査のときに使用する情報機関に支払い遅延の情報が伝わり、その後のローンの審査に落ちる可能性が格段に上がるので注意してください。

2.複数社からの借入だと金利が高いケースが有る

消費者金融や銀行は限度額によって金利を決めています。一般的に限度額が高いと金利が低いです。
各金融会社の上限金利にもよりますが、限度額50万円で2つの金融機関からお金を借りるより、限度額100万円で1社からお金を借りるほうが金利が低くなる可能性があります。そのため、複数の金融機関でお金を借りていると金利でも不利です。

おまとめにおすすめは銀行のカードローン

では、1つの金融機関にお金をまとめようと考えているなら消費者金融と銀行どちらでまとめるのがお得でしょうか。答えは銀行のカードローンでおまとめするのがおすすめです。銀行のカードローンがおまとめにおすすめな理由をまとめました。

銀行のカードローンは消費者金融よりも上限金利が低め

銀行のカードローンの金利は消費者金融に比べて低い場合が多いです。そのため、複数の消費者金融から借りているなら銀行のカードローンにおまとめすることをおすすめします。銀行は消費者金融よりもは年3.0~4.0%ほど低いので、50万円借りているなら銀行のカードローンにおまとめするだけで、月に約1,700円ほど支払う金利を下げられます。

銀行のカードローンにおまとめしたら月の支払いが21,000円安くなった体験談

私は月に40万円ほどの収入がありますが、生活費や交際費などがかさみ消費者金融でキャッシングをすることにしました。Aという消費者金融から年18.0%で95万円、Bという消費者金融から年17.0%で115万円で2社から合計210万円を借りました。毎月の返済額は55,000円でそこまで難しくはないもののもう少し返済金額を抑えたいと思い、銀行のカードローンにおまとめの申し込みをしました。限度額が高かったため、年6.9%の金利で借りることができ月々の返済は34,000円と21,000円も減りました。今は節約もしてコツコツ返済に励んでいます。

希望条件でキャッシングを選ぶ

借金をまとめるのにおすすめ
の消費者金融・銀行