キャッシングアカデミー

プロミスで土日・祝日でもキャッシングを利用する方法

Cache_10_p0219

消費者金融によっては土日・祝日に営業をしていないこともあります。しかし、プロミスの場合は、土日でもキャッシングを利用することができます。また、すでに契約をしている人だけでなく、新規で申し込む人でも利用できる可能性があります。 ただし、土日のキャッシングは平日と比べて、いろいろと制限がかかることもあるようです。 そこで、土日に使えるプロミスのサービスについて、専門家に聞いてみました。

土日に利用できるプロミスのサービスを理解しよう

プロミスは、土日・祝日にもキャッシングを利用できる消費者金融として知られています。しかし、一部のサービスは利用できないこともあるため、注意が必要です。ここでは、土日に利用できるサービスと、そうではないサービスについて説明します。

土日でも利用できるサービス

土日でも利用できるサービス 土日には利用できないサービス
申し込み インターネット・電話・自動契約機 店舗窓口・郵送
増枠 インターネット
借り入れ 一部の銀行振込・ATM 一部の銀行振込・店舗窓口
返済 インターネット・ATM 店舗窓口・銀行振込(完済)

プロミスなら「新規での申し込み」もできる

プロミスは、土日・祝日も新規での申し込みできます。ただし、店舗窓口は一部を除いて営業をしていません。そのため、申し込みをするのであれば「インターネット」か「電話」、「自動契約機」のいずれかになるでしょう。

また、プロミスでは新規の申し込みを受け付けるだけでなく、その後の審査も行ってくれます。しかし、土日・祝日の場合には必要書類を用意できない、在籍確認が取れないなどの理由で、「審査保留」になることもあります。

土日にキャッシングの利用を希望する人は、まずは申し込んでみるといいでしょう。

プロミスは「増枠」の審査も行っている

一般的な消費者金融では、土日に増枠の審査を行っていません。しかし、プロミスの場合は、土日・祝日でも増枠の審査を受けられる可能性があります。そのため、プロミスの公式サイトにある「会員ログイン」から自分のページに飛び、「限度額変更申込」で申し込みをするといいでしょう。

しかし、増枠は新規と比べて審査に通りにくいものです。そのため、審査に時間がかかるケースもあるので注意をしましょう。

一部の銀行振込とATMなら「借入」もできる

プロミスでのキャッシング方法には「銀行振込」と「店舗窓口」、「ATM」の3つが用意されています。そのなかでも一部の「銀行振込」と「ATM」のみ、土日・祝日でも借入で利用することが可能です

銀行振込の場合は、借り主の銀行口座が「三井住友銀行」か「ジャパンネット銀行」であれば、土日・祝日でもキャッシングができます。これは、プロミスの「瞬フリ」と呼ばれるサービスです。この2つの銀行以外は翌営業日扱いになってしまうので、注意をしましょう。

ATMの場合、営業時間内であれば借入が可能です。ただし、ATMによって営業時間が異なる点には注意が必要です。

インターネット返済とATMで「返済」が可能〉

プロミスの返済方法には、「インターネット」「店舗窓口」「ATM」「銀行振込」の4つがあります。ただし、土日に利用できるのは「インターネット」か「ATM」に限られます。

「インターネット」か「ATM」による返済の場合、その日のうちにプロミスに返済したとみなされます。しかし、銀行振込での返済の場合は、翌営業日扱いになってしまいます。そのため、土日でも確実に返済ができるように、あらかじめインターネットバンキングの設定をしておくといいでしょう。こうしておけば、返済の遅延となるのを防ぐことができます

土日に新規でキャッシングをするための「4つ」の手順

プロミスで、土日に新規の申し込みをしたいという人もいることでしょう。ここでは、土日に申し込みをする手順について説明をします。

(1)申込方法は「インターネット」がおすすめ

前述のように、申込方法には「インターネット」か「電話」、「自動契約機」の3つがあります。そのなかでもおすすめなのが「インターネット」。なぜなら、24時間申し込みができ、個人情報などを入力すれば手続きが完了するからです。そのため、時間がないときにおすすめです。

ただし、「電話」や「自動契約機」にもメリットがあります。例えば、電話であれば入力する手間がなく、担当者に質問ができます。また、自動契約機であればそのまま契約まで進むことが可能です。

そのため、状況に合わせて申込方法を選択するのがいいでしょう。

(2)審査時間は「最短30分」

プロミスは即日審査に対応しているので、最短30分ほどで審査結果を知ることが可能です。

しかし、土日の審査の場合には「必要書類がそろわない」や「会社が休みで在籍確認が取れない」などの問題が起こることもあります。その際在籍確認は翌営業日(次の週の月曜日)になります。

この点、自動契約機で申し込みをするのなら、必要書類を忘れないよう気を付けましょう。事前に必要書類がそろわないと分かっているなら、担当者に電話で連絡をしておくといいでしょう。

なお、書類がそろわない、あるいは在籍確認が取れないことが理由で「審査保留」になると、その日にキャッシングを利用することができなくなるので注意が必要です。

(3)契約方法は「自動契約機」を選ぶようにする

無事に審査に通れば、契約手続きへと進みます。契約方法としては「来店(自動契約機)」がおすすめです。その理由は「来店(自動契約機)」なら、専用カードをその場で発行してもらえるからです。

もし「三井住友銀行」か「ジャパンネット銀行」の口座を持っているなら、インターネットで契約を結び、「銀行振込」をしてもらえばカンタンに手続きを終えられます。

(4)ATMで借入を実行する

自動契約機で専用カードを発行してもらった後は、専用のATMで借り入れが可能になります。専用のATMは自動契約機に隣接して設置されているので、すぐに借り入れができます。

また、三井住友銀行をはじめとする銀行やコンビニのATMなど、提携ATMでも借り入れが可能です。上手に使えば、プロミスのキャッシングのATMの手数料が無料になるので、ATMを使わない手はありません。

POINT
・プロミスでは、土日でも「インターネット」「電話」「自動契約機」で申し込みが可能
・プロミスでは、土日でもATMでのキャッシングが可能だが、営業時間には注意が必要
・土日に新規でキャッシングをするなら、インターネットで申し込み、来店(自動契約機)で契約するのがおすすめ

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧