キャッシングアカデミー

アイフルの申込手続きにかかる時間とサービスの利用時間

Cache_47_P0011

アイフルは「インターネット」や「無人契約機」などで申し込みができるのが特徴。また、アイフルでは「提携ATM」や「店頭窓口」などで借り入れをすることも可能です。 しかし、こうした便利なサービスは、営業時間外では利用することができません。 そこで今回は、アイフルのこうしたサービスに関する時間について専門家に聞いてみました。

アイフルの申込手続きにかかる時間は数分程度

アイフルは、即日融資が可能な消費者金融です。申込手続きにかかる時間は短く、1時間程度で完了する場合もあります。

ここでは、アイフルの申込手続きにかかる時間について見ていきましょう。

手続き内容 手続きの概要 所要時間の目安
申込書作成 個人情報などを申込書に記入・入力する 5分~10分程度
必要書類提出 本人確認書類と収入証明書類を提出する 5分~10分程度
審査手続き アイフルが申込内容をもとに、融資可能か判断する 30分〜数時間
契約手続き 審査結果に基づき、融資の契約をする 5分~10分程度
カードの発行 アイフルで利用できる専用のカードを発行 1分程度~数日

▲申込書の提出は「5分程度」で完了する

アイフルに申し込む際には、どの方法でも申込書を作成する必要があります。インターネットなら申し込みページから個人情報などを入力し、無人契約機であれば申込用紙に必要事項を記入します。これは特に難しいものではいため、5分程度で完了できるでしょう。

ただし、勤務先の電話番号や連絡先については、確認が必要になることがあります。インターネットで申し込む場合はその場での確認も可能ですが、店舗や無人契約機で申し込むのなら、あらかじめ用意しておくといいでしょう。

▲必要書類の提出も「5分程度」でできる

申込書を提出すると、アイフルの担当者から申込者に連絡が来ます。そして、審査手続きをするために、「本人確認書類」や「収入証明書類」の提出を求められます。

こうした必要書類の提出は、店舗窓口や自動契約機であればその場で提出します。また、インターネットや電話から申し込む場合は、専用のアプリやFAXなどから提出が可能です。分からないときは、担当者に確認をするといいでしょう。

この点、必要書類をあらかじめ用意しておけば、それを提出するだけなので「5分程度」で手続きは完了します。

▲審査時間は「30分~40分程度」で済む

「即日融資」に対応しているので、審査時間が短いアイフルでは結果も「30~40分程度」で知ることができます。

審査中は、インターネットや電話からの申し込みであれば、自由に過ごして待つだけ。この点、店舗や無人契約機の場合は、契約後のカードの利用方法について確認をすることになります。

ただし、こうした審査は申込内容に不備があったり、在籍確認が取れなかったりすると長くなる可能性もあります。また、必要書類が用意できていないときには「審査保留」になる可能性があるため、注意が必要です。

▲契約手続きは「5分~10分程度」で完了する

審査結果の連絡は、店頭窓口や無人契約機なら、その場で担当者から伝えられます。また、インターネットや電話の場合には、連絡先に電話かメールで連絡がきます。審査の結果、無事「融資可能」と判断されれば、契約手続きを行うことができます。

この契約手続きは、限度額や契約書類を確認する程度なので、5分程度で完了します。

▲専用カードの発行は「1分程度」で済む

店舗や自動契約機で専用カードを発行してもらうのは、1分もかからずに済みます。そのため、インターネットや電話で申し込んでいる人も、カードの受け取りだけは店舗にするのもいいでしょう。

インターネットや電話の場合は、専用カードを郵送してもらうこともできます。郵送での受け取りにすると、カードが手元に届くのは数日後。なお、キャッシングは銀行振込で対応してもらうことも可能です

アイフルの「4つ」の申込方法に関する時間

アイフルには、「インターネット」「店舗」「無人契約機」「電話」の4つの申込方法があります。それぞれの営業(稼働・受付)時間が異なる点には、注意が必要です。

【申込方法に関する時間】

申込方法 時間 土日・祝日 注意点
インターネット 24時間 可能 場合によっては、翌日の審査になる
店舗 10時〜18時 不可能 基本的に、土日・祝日は休業している
無人契約機 8時~22時 可能 一部の店舗では、営業時間が異なる
電話 24時間 可能 深夜の申し込みは、翌朝以降の審査になる

▲インターネットは「24時間」稼働している

申し込みをインターネットから行えば、土日・祝日を問わず「24時間」いつでも申し込みをすることができます。また、インターネットが使える環境であれば、パソコンやスマホ、携帯電話からでも申し込みが可能です。

ただし、審査については24時間行っているわけではありません。また、土日には審査ができないことや、混雑具合によっては翌日審査になることもあるので注意しましょう。

▲店舗は平日「10時~18時」に営業している

アイフルでは、店頭窓口でもキャッシングの申し込みが可能です。店舗によって営業時間は異なるものの、基本的には平日「10時~18時」の営業です。

▲無人契約機は土日を含む「8時~22時」に稼働している

アイフルでは、無人契約機で申し込みをすることもできます。無人契約機は「8時~22時」の稼働となっています(※土日・祝日も含む)。

ただし、設置場所によって稼働時間は異なるため、あらかじめ公式サイトで確認をしておきましょう。

▲電話は「24時間」受け付けている

電話なら、「24時間」いつでも申し込むことができます。「はじめての方専用ダイヤル」も「女性専用ダイヤル」も24時間対応なので、すぐに申し込みをしたい人には便利。なお、アイフルの専用ダイヤルでは、キャッシングについての質問をすることもできます。

アイフルの「3つ」の借入手段に関する時間

アイフルでは、「専用ATM」「提携ATM」「銀行振込」で借り入れができます。ただし、それぞれ利用時間が異なる点と、「店舗窓口」では借り入れができない点には注意が必要です。

【借入手段に関する時間】

借入手段 時間 土日・祝日の利用 注意点
専用ATM 7時〜23時 可能 一部の店舗では、稼働時間が異なる
提携ATM ATMによる ATMによる 提携先ATMによって稼働時間が異なる
店頭窓口 10時~18時 不可能 店頭窓口では、借り入れができない
銀行振込 9時~14時 不可能 振込までに1時間程度を要する

▲専用ATMは全日「7時~23時」で営業している

アイフルでは、店舗内に専用ATMを設置しています。稼働時間は店舗によって異なるものの、多くは「7時~23時」まで利用できます。また、土日・祝日にも借り入れが可能です。

アイフルの専用ATMであれば、借り入れだけでなく返済も可能ですが、それも「7時~23時」までしか利用できない点には注意が必要です。

▲提携ATMは「24時間」稼働のものもある

アイフルでは、提携先の銀行やコンビニの提携ATMでも借り入れができます。ただし、利用できる時間はそれぞれのATMよって異なります。そのため、キャッシングをする前に確認しておくといいでしょう。

アイフルでは以下の提携先の銀行ATMで、借り入れと返済が可能です。

  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 親和銀行

また、以下のATMでは借り入れのみができます。

  • 福岡銀行
  • 熊本銀行

さらに、借り入れと返済が可能なコンビニATMは下記のとおりです。

  • セブン銀行
  • ローソンATM
  • ファミリーマート
  • サークルKサンクス
  • ポプラ
  • スリーエフ
  • デイリーヤマザキなど

▲銀行振込は平日「9時~14時」まで可能

アイフルでは銀行振込にも対応していて、インターネットの「会員ページ」や電話から申し込むことができます。

この点、アイフルの場合は銀行振込が行われるまでに1時間ほどかかります。そのため、振り込みを依頼した時間が14時以降の場合、翌日振込になってしまう可能性があります。

また、アイフルの銀行振込では24時間対応している口座がないという点も、注意が必要です。

▲店舗窓口では「キャッシングの利用ができない」

消費者金融の多くは、店頭窓口でキャッシングを利用することができます。しかし、アイフルの場合は店頭窓口でキャッシングを利用できません。そのため、専用ATMや提携ATMの利用となる点には注意が必要です。

まとめ

・アイフルで申込手続きが完了するまでには1時間ほど必要です。
・アイフルでは、インターネットや電話でいつでも申し込むことができます。
・アイフルの店頭窓口では、キャッシングの利用ができないので注意です。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧