キャッシングアカデミー

アイフルで即日融資を受けたい人が押さえておくべきポイント

Cache_38_P0205

アイフルを使う人のなかには、即日融資を希望している人もいるはず。また、即日増枠を希望する人もいるでしょう。アイフルでは、こういった申し込みにも対応しています。 ただし、申込方法によっては、その日のうちに融資や増枠をしてもらえないことも……。そこで今回は、アイフルで即日融資を受けるために押さえるべきポイントについて、専門家に聞いてみました。

アイフルは即日融資に対応した消費者金融

アイフルは即日融資に対応している消費者金融です。しかし、人によっては即日融資を受けられない可能性もあります。ここでは、即日融資を受けられる人と受けられない人について説明します。

▲基本的には全ての人が即日融資を利用できる

アイフルは審査時間「最短30分」で結果を知ることができ、即日借り入れが可能な消費者金融です。また、新規の申し込みだけでなく、増枠申し込みでも同様に即日融資が可能です。これは、基本的に貸出対象者を満たしている全ての人が対象となっています。

貸出対象者とは「満20歳以上」で「定期的な収入と返済能力を有する人」です。そのため、申し込みをする人が「未成年」や「無職」でなければ、その日のうちに審査を受けることが可能です。

ただし、申し込みは可能であっても、即日融資を受けられないこともあります。例えば、時間帯によって「翌日審査」となってしまう、あるいは審査条件に満たない場合です。

▲即日融資を利用できない3つのケース

アイフルで即日融資を受けられないケースとして、次の2つが考えられます。

1つ目が「翌日審査」になってしまうケースです。閉店ギリギリの申し込みや、必要書類がそろわないなどの理由で、翌日審査になってしまうことがあります。

2つ目が「審査落ち」のケースです。審査に落ちしてしまう理由として、年収が少ないことや勤続年数が短いことなどがあります。それだけの理由ではないものの、「返済能力がない」と判断された場合には審査に落ちてしまいます。

即日融資を希望する人におすすめの申込方法

ここでは、アイフルで即日融資を受けるための「申込方法」を説明します。

【申込方法別の即日融資の可能性】

申込方法 即日融資の可能性 備考
インターネット 高い 24時間の受付で、夜遅くまで審査を受けられる
店頭窓口 低い 平日の10時〜18時の営業
無人契約機 普通 土日祝日も対応しており、8時〜22時の稼働
電話 高い 専用ダイヤルがあり、24時間の受付

▲「インターネット」で申し込んで、来店で契約をする

アイフルでは、全ての申込方法で即日審査に対応をしていますが、契約方法によっては即日融資が受けられない点には注意が必要です。

インターネットでの申し込みの場合は、「Web契約」か「来店契約」のどちらかを選ぶことができます。即日融資を希望するのであれば、「来店契約」を選んだほうがいいでしょう。なぜなら、来店契約であればその日のうちに専用カードを受け取って、すぐにキャッシングを利用できるからです。

一方「Web契約」は銀行振込で対応をしてもらえるものの、14時までとなります。

▲スピードよりも安定を重視するなら「店頭窓口」

アイフルの店頭窓口は、即日審査・即日融資に対応しています。そのため、店頭窓口が自宅や勤務先から近いのであれば、そこで契約をするといいでしょう。ただし、店頭窓口は基本的に平日10時~18時の営業となります。

店頭窓口なら、申込者に人柄などを踏まえたうえで審査をしてくれます。そのため、ほかの方法ではよく落ちる人でも、審査に通る可能性があります。

また、もし店頭窓口を利用して審査に通ったら、その場でアイフルの専用カードを発行してもらえます。店頭窓口には専用ATMが設置されているため、その場ですぐにキャッシングをすることもできます。

▲「無人契約機」は、ワンストップで契約まで可能

アイフルの無人契約機でも、即日融資に対応しています。無人契約機は店頭窓口よりも利便性が高く、全国各地に設置されていて、8時~22時の間稼働しています。

また、無人契約機では申し込みから契約までを行うことができます。そのため、審査が早く終わればその場で専用カードを手に入れて、隣接する専用ATMですぐにキャッシングが可能です。

ただし、必要書類などを忘れてしまうと契約を結べないため、本人確認書類や収入証明書類などを準備してから、無人契約機に行きましょう。

▲電話は「24時間」申し込みが可能

アイフルでは、電話での申し込みも可能です。アイフルの専用ダイヤルでは、申し込みを24時間受け付けています。

なお、審査などの流れはほかの申込方法と同じです。そのため、インターネットでの申し込みと同様、契約を店頭窓口ですれば即日融資も可能です。銀行振込にすると、銀行の営業時間によってはその日に融資を受けられないこともあるので、注意が必要です。

即日融資を希望する人におすすめの借入手段

アイフルでは「銀行振込」「専用ATM」「提携ATM」による借り入れが可能です。ただし、それぞれ利用できる時間が異なる点には注意が必要です。

【借入手段別の即日融資の可能性】

申込方法 即日融資の可能性 備考
銀行振込 低い 14時までに振込手続きをする必要がある
専用ATM 高い 稼働時間は7時〜23時の間となる
提携ATM 提携先による コンビニATMであれば、深夜でも利用できる

▲銀行振込は「14時以降」になると当日振込ができない

アイフルでは、銀行振込によるキャッシングの利用が可能です。しかし、14時までに振込手続きを済ませないと、その日のうちに利用はできません。

▲専用ATMは「23時まで」キャッシングを利用できる

アイフルが提供している専用ATMは、稼働時間が7時~23時となっています。そのため、22時ごろに契約手続きが完了しても、ATMで借り入れをするには十分な時間があります。即日融資を希望するのであれば、専用ATMの利用がおすすめです。

こうした専用ATMは、基本的にアイフルの店舗内に設置されていまが、一部の店舗では設置されていないこともあるので注意が必要です。

▲提携ATMは、コンビニATMを利用すると利便性が高い

アイフルの提携ATMには、セブン銀行や三菱東京UFJ銀行などの「銀行ATM」とローソンやイーネットなどの「コンビニATM」の2種類があります。これらは提携先によって稼働時間が異なる点には注意が必要です。一般に、稼働は18時~21時の間というケースが多いようです。

なお、セブン銀行のATMでは、平日なら2時~3時を除いた23時間、キャッシングができます(※2016年3月現在)。

もし専用ATMが見当たらない場合には、コンビニATMを利用するといいでしょう。

・アイフルは、即日融資に対応している消費者金融です。
・アイフルで即日融資を希望するなら、無人契約機で専用カードの受け取る申込方法を選ぶと良さそうです。
・アイフルでその日にキャッシングを利用するなら、専用ATMかコンビニATMを使うと良いですね。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧