キャッシングアカデミー

アイフルで千円単位の少額借入で押さえておくべきポイント

Cache_04_p0112

キャッシングサービスのなかには、借入単位が定められているものも多くあります。なかでも、千円単位の少額借入が可能なものは、利便性が高いことから人気があります。 実は、この少額借入はアイフルでも利用することが可能です。 そこで今回は、アイフルで少額借入をするうえで押さえるべきポイントを、専門家に聞いてみました。

アイフルでは「少額借入」をすることができる

アイフルでは、千円単位の少額借入をすることが可能です。ここでは、アイフルで千円単位の少額借入する方法を説明します。なお、一部の提携ATM では「1万円単位」の借り入れしかできないので注意が必要です。

専用ATMや銀行振込で少額借入ができる

アイフルでは、自社で設置をしている「専用ATM」と「銀行振込」を利用すれば少額借入が可能です。専用ATMは店頭窓口や無人(自動)契約機のそばにあります。少額借入をしたいのなら、専用ATMを探すのがいいでしょう

また、銀行振込でも当日振込が可能な時間帯であれば、インターネットや電話から千円単位で手続きをしてもらえます。

一部の提携ATM では少額借入ができない

アイフルの提携ATMのなかには、「1万円単位」の借り入れにしか対応していない(※少額借入ができない)ものもあります。そのため、提携している銀行やコンビニのATMに専用カードを差し込んで、少額借入が可能かチェックしておくといいでしょう。

アイフルで少額借入をする「3つ」のメリット

前述のとおり、「専用ATM」「銀行振込」「一部の提携ATM」であれば、アイフルでも少額借入をすることができます。少額借入には「ムダ遣いを減らすことができる」「支払う利息を少なくできる」「ホワイト情報を増やせる」という3つのメリットがあります。

ムダ遣いを減らすことができる

本来は1千円で済む買い物であるにもかかわらず、1万円単位でキャッシングをしてしまうと、その余ったお金を別のことに使ってしまう可能性があります。もちろん、絶対に使わないという意志のかたい人であれば問題ありませんが、多くの人は財布にお金が入っていると使ってしまうものです。

一方、「千円単位」の少額借入であれば、余計な借り入れをせずに済むため、ムダ遣いを減らすことができます

支払う利息を少なくできる

キャッシングを利用すると、借入額に対して利息が発生します。そのため、余計なお金を借りていたばっかりに、利息を余分に支払わなければならないことも……。

実際、アイフルの上限利率(実質年率)18%で1万円を借りた場合、1カ月で「150円」の利息が発生します。一方、千円だけを借りた場合では「15円」の利息で済むのです。わずか100円の差ではあるものの、なるべく早く完済をするなら、少額借入を利用したほうがいいのです。

借入履歴をホワイト情報にできる

アイフルの少額借入を上手に利用すると、借入履歴を「ホワイト情報」にすることができます。ホワイト情報とは事故暦(返済の遅延など)のない利用者情報であり、この場合には、新規の申し込みや増枠の申し込みなどで有利になります。そのため、毎月少額借入をして遅延なく返済を繰り返せば、借入履歴をホワイト情報にすることも可能です。

ただし、返済が滞って「ブラック情報」になると、新たな借り入れの際に不利になる可能性があるため、無理に少額借入を繰り返す必要はないでしょう。

アイフルで「千円未満」の端数を返済する手順

アイフルで完済をするにあたって、利息で生まれた端数分はどのようにすればいいのでしょう。ここでは、千円未満の端数を返済する手順を説明します。

(1)まずはアイフルに連絡する

完済をするにあたって、まずはアイフルに電話で連絡をします。そして、「返済総額」がいくらになるのかを確認しましょう。

なお、完済日がいつになるのかも伝える必要があります。なぜなら、返済総額が日々の利息によって変わる(利息は1日ごとに増えていく)ためです。完済したつもりになっているだけで、実際にはそうではないということにならないよう、確認をしましょう。

(2)4つの返済方法から選ぶ

アイフルでは、4つの返済方法が用意されています。それが「店頭窓口」「専用ATM」「提携ATM」「銀行振込」です。それぞれの特徴は次のとおりです。

【4つの返済方法の特徴】

返済方法 端数の取り扱い 特徴
店頭窓口 可能 エリアによっては、店舗数が少ないところもある
専用ATM 不可能 7時~23時まで営業しているため、返済しやすい
提携ATM 不可能 端数の取り扱いができないが、多くの場所で利用可能
銀行振込 可能 端数の取り扱いもできて、完済の手続きが簡単

このように、返済方法には端数の取り扱いができるものと、できないものとがあります。ただし、無理に端数の取り扱いができる方法を選ばなくても、お釣りとして返してもらうことができるので、自分が利用しやすい方法を選ぶといいでしょう。

(3)預かり金を返却してもらう

端数の取り扱いができない返済方法で完済をした場合、余分に支払ったお金が発生します。このお金は、アイフルで一時的に「預かり金」として保管しているので、いつでも返してもらうことが可能です。

預かり金は「店頭窓口」「銀行振込」「郵送」のいずれかの方法で、アイフルから返してもらうことができます。なお。この場合には手数料が発生しません

POINT
・アイフルの専用ATMや銀行振込であれば、千円単位の少額借入を利用できる
・少額借入を利用することで、最終的な返済総額を抑えられる
・利息で発生した千円未満の端数は、完済後に返してもらえる

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧