キャッシングアカデミー

キャッシングの貸付利率(金利)の仕組み〜プロミスの場合〜

キャッシングの貸付利率(金利)は、「利息制限法」という法律で上限金利が決められています。そのため、貸金業者は上限金利を超えた貸付利率を定めることはできません。貸付利率の上限金利は借入金額によって異なり、その金額が大きいほど上限金利は下がります。 この点、過去に利用したキャッシングで上限金利を超えた貸付利率による利息の返済をしていた人は、過払い金が生じている可能性があります。過払い金は貸金業者に返還請求をすることが可能なので、過去の取引履歴を確認してみましょう。

キャッシングで定められている「上限金利」について理解しよう

キャッシングの貸付利率(金利)は、「利息制限法」という法律によって借入金額に応じて、次のように上限金利が定められています。

【利息制限法で定められた上限金利】

借入金額(元金) 上限金利
10万円未満 年20.0%まで
10万円〜100万円未満 年18.0%まで
100万円以上 年15.0%まで

例えば、プロミスの「フリーキャッシング」は「借入利率4.5%~17.8%(実質年率)」となっています。実質年率とは、日歩(日割計算)の利息を年率に換算していることを表しています。プロミスだけでなく、貸金業者のキャッシングでは貸付利率に上限と下限が記載されていて、その理由は借入金額によって上限金利が変わることによるものです。

また、利用者の信用状況などに応じて貸金業者が金利を優遇することがあります。ただし、正社員、学生などの属性に応じて貸付利率に差が出ることはありません。

貸付利率(金利)は契約時に定められ、以後、その貸付利率で利息の計算がなされます。具体的には、残元金に対して年利を乗じて365日(閏年は366日)で除した額に経過日数を乗じ、円未満を切り捨てた額が利息となります。

借入金額が高いほど、金利は低くなる

貸金業者との交渉により、貸付利率が上下することはありません。前述の表にあるように、一般的には借入金額が多いほど、貸付利率が下がるようになっています。また、契約更新時などのタイミングも、適用される貸付利率が見直されることがあります。

なお、返済期限を過ぎてしまうと、貸付利率よりも高い遅延利率が適用されてしまいます。プロミスの「フリーキャッシング」の場合、遅延利率は「20.0%(実質年率)」に設定されています。遅延損害金にかかる利率は、法律で「通常の貸付利率の1.46倍まで」と定められています。返済を遅延すると、個人信用情報に延滞の事実が記録されるうえ、利息を多く返さなければならないことには注意しましょう。

初めての方が利用するべき「金利0円サービス」

プロミスでは、はじめて申し込む利用者向けに、メールアドレス登録とWeb明細の利用を条件に、お得な「30日間無利息サービス」を実施しています。「30日間無利息サービス」は、申込後初回出金の翌日から30日間、何度利用しても借入金額に利息がかからないというものです。

グレーゾーン金利の禁止により「過払い金」の返還請求ができる

平成19年(2007年)12月に、貸金業者を規制する貸金業法が改正施行されました。この改正法では、「利息制限法所定の制限利率(15.0%~20.0%)と出資法所定の上限利率(29.2%)の間の金利での貸付は、行政処分の対象とする」と定まり、貸金業者は、利息制限法の上限を超えるキャッシング契約を結ぶことができなくなりました

その結果、利息制限法の制限利率と出資法の上限利率の間の「グレーゾーン金利」が禁止されるとともに、それまでグレーゾーン金利で貸金業者が受け取っていた利息は不当利得として、利用者は不当利得返還請求ができるようになりました。これがいわゆる「過払い金」です。

過去に、グレーゾーン金利によるキャッシングでの返済をしている人は、貸金業者に過去の契約内容の開示請求を行ってみましょう。グレーゾーン金利の借入れがあり、借入金額と借入期間が分かれば、過払い金の金額を計算することができます。

例えば、グレーゾーン金利29%で100万円を借りていたとします。この場合、1年後の利息は29万円と計算されます。本来であれば、利息制限法の制限利率は15.0%なので、1年後の利息は15万円となるはずです。すなわち、29万円から15万円を差し引いた14万円が過払い金で、返還請求ができるというわけです。過払い金は取引期間が長い、借入金額が大きい、貸付利率(金利)が高いほど、大きくなります。

過払い金を返還するには、貸金業者に直接請求するか、弁護士や司法書士といった専門家に依頼をし、請求を代行してもらいます。返還請求から実際に返還されるまでに要する期間は、貸金業者によって違うものの、請求から3年程度かかるケースもあるようです。

POINT:
・貸付利率(金利)は、利息制限法によって上限金利が定められている
・初めて申し込む人に限り、「30日間無利息サービス」が受けられる
・上限金利を超えた借入れを返済していた人は、過払い金の返還請求ができる

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧