キャッシングアカデミー

実際のところ、みずほ銀行カードローンの審査は厳しいのか

Cache_27_r0224

どうして?みずほ銀行カードローンに落ちてしまった

【落ちた理由1】信用情報に問題がある
「信用情報ブラック」でも借り入れが可能か
信用情報ブラックとは、狭義的には事故情報の事を言いますが広義的には多重債務を含みます。事故情報が出ている場合の借り入れは非常に難しいものになりますが、多重債務の場合は、各金融機関の審査基準によるので一概には借り入れが出来ないとは言い切れません。

尚、多重債務は、ブラック情報にもなり得ますが、多くの場合は、ホワイト情報として、審査に有利に働く事が多いです。

「信用情報ブラック」とはどの様な状態なのか

信用情報ブラックの定義は難しいものがあります。なぜなら、正式にブラック情報というものが無いからです。当然ブラックリストなるものも存在しません。信用情報は、金融機関での取引内容と、事故情報からなっている為、そこに「この人はブラックですよ」と記載されているものではありません。また、この情報が各金融機関の審査基準内であるかどうかでブラックかそうでないかが決まります。従って信用ブラックとは、各金融機関で変わります。

他社借り入れがあっても問題ないか

他社借り入れについては、各金融機関の基準にもよりますが、多重債務に陥っている場合はほとんど審査に通りません。しかし、適正な借り入れ額で、かつ取引期間が長い場合等は、ホワイト情報として扱われます。簡単に言うと、全く取引が無く初めて取引する人よりも、借りたお金をきっちり返している人のほうが信用出来るという事になります。

過去に遅滞をしても問題ないか

遅滞の程度にもよりますが、2~3か月ほど滞納すると、事故情報が出ます。事故情報の場合、解消後5年ほどは残りますので借り入れに影響します。しかし、短期の延滞であれば、ほとんど問題はありません。

【落ちた理由2】属性に問題がある

属性とはどのようなものか

属性とは、年齢、性別、居住地、勤務先、年収、家族構成等を各金融機関でグループ化したものです。どの属性が良くてどの属性が悪いかというのは、各金融機関により異なります。なぜなら、利用者を属性わけして、各金融機関の経験則に基づいて、属性の判断をしているからです。
一番重視されるものは、勤務先になります。弁済資力は収入により判断されますので、安定した職業という属性は重要になります。

学生や専業主婦、派遣社員でも借りられるのか

みずほカードの申込基準は20歳以上66歳未満の安定した収入がある方もしくは収入を見込める方、配偶者に安定した収入がある方となっています。学生でも20歳以上で安定した収入があれば借り入れが可能です。専業主婦も配偶者に安定した収入があれば、借り入れ可能です。派遣社員も安定収入があれば問題ありません。

【落ちた理由3】NG行動をした

NG行動とは

多重申し込みとは、同時期に数社へローンの申し込みをする事を言います。例えば初めてローンを申し込む時に審査に通るか不安で何社も申し込みをするのも多重申し込みになります。

多重申し込みが問題となる理由

金融会社に申し込みをすると信用情報機関に申し込みがあった事実が6カ月間登録されます。その為、多重申し込みをすると数社に申し込みをした事実が登録され、審査に悪影響を及ぼす可能性があります。
その理由としては、短期間で数社申し込みをしていると言う事は、他社で審査に落ち続けているか、一気にカードを作って多額の金額を引き出そうとしているのではないかという事が推測されるからです。

申込書にウソの記載をした

申込書にウソの記載をした場合に直ちに審査に落ちるかというと、程度の問題になります。
例えば全く虚偽の勤務先を記載したり、すでに退職している勤務先を記載したりした場合等は完全に審査落ちしますが、年収が300万円のところ400万円と記載した場合等は融資枠が減る可能性はありますが、それを理由に審査に落ちると言う事はありません。しかし、審査をする側からするとあまり良い印象ではなくなってしまう為、ウソや間違った情報は記載しないようにしたほうが良いです。

限度額の設定をあまり高くしない

基本的に希望限度額は審査に影響するものではありませんが、利用目的と、希望限度額に関係がある場合は少し注意が必要です。例としては200万円の物品を買う目的で200万円の限度額を希望している場合、200万円は出せないけど50万円は出せると言う時に、足らない150万円はどうするのかと言う事を金融機関は考えます。利用目的の資金が調達できなさそうな時は、本来あれば融資していた50万円も融資に躊躇される可能性はかなりあります。

みずほ銀行カードローンの審査の概要

申し込みに必要な書類は何か

本人確認書類
本人確認書類は下記の内1通になります。
運転免許証・運転経歴証明書・パスポート・各種健康保険証・印鑑証明書・住民票・住民基本台帳カード・在留カード・特別永住者証明書

年収を確認できる書類(コピー)
年収を確認できる書類として下記の内1通になります。
源泉徴収票・住民税決定通知書・課税証明書・納税証明書

審査にどれくらいかかるのか

・審査に要する時間はどれくらいか

Web完結申込(インターネット申込)なら、最短即日で審査結果がわかります。ただしみずほ銀行の口座を持っている人に限りますので、その点は注意しましょう。

<店頭申込>
店頭申込の場合は、原則翌営業日の回答となっています。店頭申込のメリットの一つとしてはみずほ銀行の口座を持っていなくても、窓口で申込と同時に口座の開設手続きも行えます。

<電話申込>
電話からの申し込みももちろん可能ですが、ネット申込に比べて手間がかかる+審査結果がくるタイミングが遅いのでオススメはしません。やはりネットからの申込が一番手っ取り早いです。

土日・祝日にも審査を行っているのか

インターネットは土日祝日関係なく申込が可能です。しかし審査は翌営業日以降になります。土日に今日中にお金を借りたい方はみずほ銀行カードローン以外のカードローンを利用するのをオススメします。

増額審査(利用限度額の増額審査)は可能か

増額については、基準が厳しくなるのではないかというイメージがありますが、実際は、新規契約よりも、自社の取引実績が参考となるので、審査が通りやすいというのが現実です。ただし、その利用者の与信上限に達している場合は審査がとおりません。

増額審査を受ける方法

みずほカードの場合、インターネットか、みずほ銀行窓口でカードローンの再申し込みをする方法で増額審査が受けられます。
増額の申し込みをすると、新規申し込みと同じ様に、審査が行われます。その後、メールで審査結果が伝えられ、必要書類がある場合はそちらの提出を求められます。
増額審査の場合、すでに金融会社や保証会社には、利用者情報があるので、基本的には新規申し込みよりも、審査時間が早いです。

審査結果はどうやって連絡されるのか

審査結果はメールにて回答されます。急いでいる場合は、専用ダイヤルに電話して確認する事も出来ます。
パスワードを忘れた場合は、カードローン専用ダイヤルに電話する事により審査結果を確認する事が出来ます。
カードローン専用ダイヤルの受付時間は、
月~金 9:00~20:00
12/31~1/3、祝日、振替休日を除きます。

みずほ銀行カードローン

mizuho_pc_670
審査時間
最短即日 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大1,000万円 
実質年率
年3.0%~7.0%※ 

※みずほ銀行の住宅ローンを利用すると下限金利は年2.5%

公式サイトで詳細を見る

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧