キャッシングアカデミー

新生銀行カードローンレイクならATM手数料が、いつでもどこでも無料!

Cache_11

新生銀行カードローンレイクで契約を済ませるとカードが発行されます。カードが手元にきたら、早速ATMでキャッシングができます。 ATMの設置場所は、自動契約機で契約をすると、新生銀行カードローンレイクのATMが併設されているため、そちらを利用しましょう。また、カードが郵送されてきた時は、新生銀行カードローンレイクのATMや提携ATMで借り入れができます。 今回、このATMにつていて分かりやすく解説していきます。

新生銀行カードローンレイクでは、専用ATMと提携ATM(銀行・コンビニ)が利用できる

新生銀行カードローンレイクのカードは、ATMで使うことができます。ATMは新生銀行カードローンレイクの自動契約コーナーに備え付けられている専用ATMと、コンビニや銀行などにある、提携ATMに分かれています。

ここでは、新生銀行カードローンレイクのカードが利用できるATMについて解説します。

専用ATMと提携ATMの比較(深夜対応・一括返済・利用手数料)

新生銀行カードローンレイクのATMには「専用ATM」と「提携ATM」の、2種類のATMがあります。こちらを徹底比較します。

新生銀行カードローンレイク専用ATM 店舗内の自動契約コーナーに併設されているATM
提携ATM 新生銀行カードローンレイクのカードが利用できる、コンビニや銀行のATM

「新生銀行」や「新生銀行レイク」と書いてあるATMが目印です。主に借り入れ・返済する際に利用します。

新生銀行カードローンレイク専用ATMだけの特徴!カードがなくても返済できる

新生銀行カードローンレイクの専用ATMの特徴として、専用カードを忘れた場合でも必要情報(電話番号・生年月日・カード暗証番号)を入力すれば、返済ができてしまうということです。新生銀行カードローンレイクの専用ATMであれば、カードを忘れた場合でも、「カード忘れ返済機能」を利用することによって、必要情報の入力で返済することができます。

新生銀行カードローンレイクなら、提携ATMもいつでも手数料無料

新生銀行カードローンレイク提携ATMは、他の銀行やコンビニエンスストアに設置されています。ほとんどの消費者金融・銀行は提携ATMを利用すると手数料が発生します。しかし、新生銀行カードローンレイクは、新生銀行カードローンレイク専用ATMはもちろん、提携ATMを利用しても手数料は発生しません。また、いつでも手数料は無料なので、安心して使えるカードです。

ATM利用手数料が無料なATMまとめ

ATM利用手数料無料
銀行 イオン銀行
セブン銀行
コンビニ セブンイレブン
ローソン
ミニストップ
ファミーマート
サークルkサンクス
ポプラ
セーブオン
デイリーヤマザキ
スリーエフ
セイコーマート

専用ATMと提携ATMの営業(稼働)時間

専用ATMと提携ATMの利用できる時間帯について解説します。
基本的な時間は下記のとおりです。

ATMの種類 曜日 営業時間/利用可能時間
専用ATM 平日・土曜日 7:30~24:00
日曜日 7:30~22:00
提携ATM 月曜日 5:00~23:50
火曜日・水曜日 0:10~23:50
木曜日 1:30~23:50
金曜・土曜・日曜 0:10~23:50

※提携ATMは第三日曜日の営業時間が20:00までとなります。
※ATMの利用時間は店舗によって異なることがあるので注意して下さい。

このように、提携ATMは、コンビニで深夜まで利用ができ非常に便利ですが、千円単位でしか取り扱いができないというデメリットがあります。

しかし、新生銀行カードローンレイクの専用ATMは全国いたるところにあるので、一括返済する際はそれほど不自由するものではありません。

新生銀行カードローンレイクのATMの設置場所を調べるには(店舗検索)

新生銀行カードローンレイクのATMは全国にあります。ここではレイクATMの設置場所を調べる方法を解説します。

新生銀行カードローンレイク公式HPで検索できる

新生銀行カードローンレイクのカードローンが利用できるATMを知りたい場合どうやって調べるのかというと、パソコンやスマートフォンからレイク公式ホームページにリンクしてATM設置店舗の検索をするとすぐに確認できます。レイク公式HPの「店舗・ATMのご案内」から検索することが可能です。

専用ATMは平日24時まで、提携ATMは23時50分まで

24時間利用できるATMはありませんが、専用ATMは平日なら24時まで利用できます。提携ATMであれば、月・木以外に1日で20分間、利用できない時間があるのみです。

新生銀行カードローンレイクは口座振り込みで、キャッシングできる

新生銀行カードローンレイクのATMについて記載してきましたが、実は、新生銀行カードローンレイクのカードを利用しないでお金を借りることができる方法があります。

それは、指定の銀行口座に振込融資をしてもらう方法です。振込融資は、会員ページから平日の14:45までに振込依頼をすると、即日に振り込みがされるというサービスになっています。14:45以降や土・日・祝日の申し込みは翌営業日の振込となります。

指定する口座について、どこの銀行口座も変わりはありませんが、新生銀行の口座を持って、インターネットバンキングを利用すると、特典がいくつかあるのでオススメです。

返済をするときも、ATMを利用しよう!

新生銀行カードローンレイクの返済は「ATM返済」「WEB返済」「自動引き落とし」「銀行振込」の方法で行うことができます。
ATM返済について詳しく解説します。

新生銀行カードローンレイクではATMで返済ができるのか

新生銀行カードローンレイクは返済方法を「ATM返済」「WEB返済」「自動引き落とし」「銀行振込」の中から選択をします。各返済方法は特徴があるので、自分にあった返済方法を選択することが重要です。

ATM返済がおすすめ

この中でもATM返済は、期日前に返済ができたり、最低支払金額以上であれば自由な額で返済ができたりと、自由度の高い返済方法になっています。自由度はありますが返済期日がきたら忘れずにATMで返済をしましょう。

全てのATMは、千円単位での返済が可能です。硬貨の使用は、提携ATMではできませんが、新生銀行カードローンレイク専用ATMであれば可能です。

新生銀行カードローン レイク

lake_pc_670
審査時間
申込完了画面に表示 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年4.5%~18.0% 

※「借入金額5万円まで180日間利息0円」と「借入全額30日間利息0円」の2つの無利息ローンの併用はできません

公式サイトで詳細を見る

新生銀行カードローンレイクで契約をするとカードが発行されます。ただカードを持っていてもお金を借りなければ意味がありません。

新生銀行カードローンレイクのカードを使ってATMからお金を借りることができます。ただし一言でATMといっても、新生銀行カードローンレイク専用ATMと提携ATMの2種類があるため、注意が必要です。借り入れや返済ができたり、手数料が発生しなかったりする点は同じですが、一括返済や、利用時間等に違いがあります。

新生銀行カードローンレイクは、ほとんどのコンビニエンスストアに設置されているATMで手数料が発生せずに借り入れや返済ができるという点が最大の特徴といえます。

新生銀行カードローンレイクのカードローンであれば、コンビニエンスストアでスムーズにお金を借りることができるため、非常にオススメできます。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧