キャッシングアカデミー

新生銀行カードローンレイクなら、多彩な返済方法から自由に選ぶことができる

Cache_45

お金を借りると必ず返済をしなければなりません。お金を借りる時はスムーズにできても返済する時に手間がかかると、利用するのに大変不便です。 新生銀行カードローンレイクでお金を借りた場合、どのように返済ができるのか事前に知っておくと、便利にカード利用ができます。 今回は、新生銀行カードローンレイクの返済について、どのように返済できるのか、返済方法によって得することはあるのか、などをわかりやすく解説していきます。

新生銀行カードローンレイクの「5つ」の返済方法

新生銀行カードローンレイクの返済方法には、「Web返済」「新生銀行カードローンレイクATM返済」「提携ATM返済」「自動引き落とし返済」「銀行振込返済」の5つがあります。

ここでは、この5つの返済方法を紹介していきます。

「Web」で返済する流れ

パソコンやスマートフォン・アプリまたは携帯電話から、新生銀行カードローンレイクの会員ページにログインする方法で、いつでも返済が可能です。

ただし、Web返済を利用する場合は、新生銀行カードローンレイク指定の金融機関でインターネットバンキングサービスを受けることができる口座を開設していないといけないので注意が必要です。

Web返済は、日時にとらわれずいつでも、手数料無料で返済ができるため、非常に便利な返済方法です。利用方法も「ログイン」→「会員ページ」→「金融機関のサイトへログイン」→「振込」と簡単な手続きで利用できます。

「新生銀行カードローンレイクATM」で返済する流れ

新生銀行カードローンレイクのATMは、新生銀行カードローンレイクの自動契約コーナーに設置されています。硬貨によるお釣りの支払いもできるため、一括返済もできます。夜間、休日でも手数料無料で、カードを忘れたときも、「登録した電話番号」「生年月日」「カード暗証番号」がわかれば返済できます。

新生銀行カードローンレイクATMの営業時間は、平日・土曜日7:30~24:00 日曜日・祝日7:30~22:00 毎月第3日曜日7:30~20:00となっています。年中無休なので、利用時間帯のみ注意しておけば、非常に使い勝手のよい返済方法です。

「提携ATM」で返済する流れ

提携ATMは、新生銀行カードローンレイクが提携している、コンビニや銀行に設置されているATMです。手数料無料で深夜でも利用可能なため、非常に便利ですが、1,000円単位でしか利用できないため、一括返済はできません。

提携ATMが使える銀行やコンビニは下記のとおりです。

銀行ATM コンビニATM※
ご利用いただけるATM ・新生銀行
・セブン銀行
・イオン銀行
・セブンイレブン
・ローソン
・ミニストップ
・ファミリーマート
・サークルKサンクス
・スリーエフ
・ポプラ
・デイリーヤマザキ
・セーブオン

※:その他イーネットのATMが設置されているスーパーでも利用可能です。
営業時間は、月曜日5:00~23:50  火曜日・水曜日0:10~23:50 木曜日1:30~23:50 金・土・日曜日0:10~23:50 となっています。

「自動引落とし」で返済する流れ

新生銀行カードローンレイクでは、銀行口座を登録しておくと、手数料無料で自動引落としにより返済ができます。毎月返済日(金融機関が定休日のときは、「翌営業日」)に引落としされるためATMに行く手間が省け、返済忘れを防ぐことができます。

この様に便利な自動引落としですが、2点注意点があります。

  • 1点目は、「引落しみなし期間」に気を付けるということです
  • 自動引き落としは、株式会社アプラスがレイクを代行しておこなっています。アプラスから新生銀行カードローンレイクへの報告は引き落とし日から1週間後くらいで報告されます。そのため新生銀行カードローンレイクでは、引き落とし日に引き落としがなされたとみなして、その期間を「引き落としみなし期間」としています。

    わかりやすく言うと、新生銀行カードローンレイクは引き落とし日に、もし引き落としがなされていなくても、「引落しみなし期間」は引き落としがされているものとして、残高が表示がされるということです。

    しかし、この「引落しみなし期間」は、引き落とし後の残高が表示されても、引き落とし日の残高から限度額までの間でしか追加の借り入れができないので注意してください。

    例えば、限度額10万円の場合、引き落とし日に8万円の残高として、「引落しみなし期間」の残高が7万円と表示された場合でも、この期間は2万円までしか追加の借り入れができません。

  • 2点目は、引き落としができなかった場合に注意が必要です

引き落としができなかった月が2カ月続けて発生すると、自動引落としが利用できなくなります。また、引き落としがされなかった日から遅延損害金が発生するので、引き落とし日前に口座にお金が入っていることを確認しておきましょう。

「銀行振込」で返済する流れ

新生銀行カードローンレイクの店舗窓口や提携ATMがない場合でも、新生銀行カードローンレイクの会員ページから指定振込口座を確認して、振込で返済することができます。

ただし、振込手数料は、本人負担になるため、注意が必要です。なお、新生銀行カードローンレイクの専用カードは不要です。

新生銀行カードローンレイクの「2つ」の返済方式〜「残高スライドリボルビング方式」と「元利定額リボルビング方式」〜

新生銀行カードローンレイクには「残高スライドリボルビング方式」と「元利定額リボルビング方式」の2つの返済方式があります。

この2つの返済方式の特徴をくわしく解説していきます。

利用残高に応じて返済する「残高スライドリボルビング方式」

「残高スライドリボルビング方式」とは、利用残高に応じて、毎月の最低返済金額が変わる方式です。最低返済金額は下記のとおりです。

利用残高 毎月返済額
1円~100,000円 3,000円
100,001円~200,000円 5,000円
200,001円~300,000円 7,000円
300,001円~400,000円 9,000円
400,001円~500,000円 12,000円
500,001円~600,000円 15,000円
600,001円~700,000円 18,000円
700,001円~800,000円 20,000円
800,001円~900,000円 23,000円
900,001円~999,999円 25,000円

「残高スライドリボルビング方式」は、利用残高に合わせて、最低返済金額が少なくなるので、利用残高が少なくなると、毎月の負担額が減るということが一番のメリットです
しかし、返済期間は長くなるため、繰上げ返済をしていかないと、最終的に支払う利息が大きくなってしまうというデメリットもあります。    

利用残高に関係なく返済する「元利定額リボルビング方式」

「元利定額リボルビング方式」とは、毎月の返済額を、利用残高に関係なく、元金と利息を合わせた定額を返済していく方式です。

利用限度額の範囲で何度でも借り入れと返済ができ、「残高スライドリボルビング方式」と違い、毎月の返済額が変わらないので、安心して利用ができます。また、残高が減っても返済額が変わりませんので、早く返済ができ、最終的に支払う利息が少なくて済むというのがメリットといえます
しかし、残高が減っても返済額が変わらないため、返済途中で負担が減ることがないことがデメリットといえます。

新生銀行カードローンレイクの返済期日について

ここでは、新生銀行カードローンレイクの返済期日について、いつが返済日なのか、また返済期日前に返済したらどうなるかなどの疑問に答えていきます。

新生銀行カードローンレイクの返済期日の「3つ」のポイント

新生銀行カードローンレイクの返済期日には次の3つのボイントがあります。

  • ポイント1 毎月の返済日の指定が可能
  • 新生銀行カードローンレイクは毎月の返済日を指定することができます。給料日の2~3日後に設定すると無理なく返済できます。

  • ポイント2 その月の返済が返済日以前でも返済が可能
  • レイクは、当月の返済を、返済日当日の14日前から返済することができます。都合の良いときに返済ができます。

  • ポイント3 返済日近くにメールでお知らせ
  • 「メールお知らせサービス」に同意しておくと、毎月の返済日前後に案内メールが届き、返済忘れをサポートしてくれます

新生銀行カードローンレイクの返済期日についての疑問

新生銀行カードローンレイクの返済期日についての疑問について、答えます。

  • 1.早く返済するとどうなるの?
  • 毎月の返済日より早く返済した場合、返済日当日から14日前までであれば、その月の返済として取り扱われます。しかし、15日以上前であれば、繰上げ返済として取り扱われます。

  • 2.どうやって自分の返済日が確認できるの?
  • 返済日は、自分で指定した日となっていますが、もし忘れてしまった場合は、「会員ページ」にログインして最初の画面で確認できます。

  • 3.無利息期間中の返済日はどうなるの?
  • 無利息期間中でも返済日はあります。もし無利息期間中に延滞してしまうと、無利息期間が終了し、遅延損害金と利息が発生します

新生銀行カードローンレイクでは一括返済も繰り上げ返済も対応

新生銀行カードローンレイクでは、取引の途中でも一括返済や繰り上げ返済ができます。ここでは、一括返済と繰り上げ返済について解説していきます。

一括返済で利息の負担を軽減

一括返済をすることで、利息の負担が軽減できます。一括返済後は利息が発生しないため、最終的に返済する利息が少なくなることが一番のメリットです

また、一括返済のデメリットはあまりありませんが、強いて言うとすれば、一括返済をしてしまうと、その場で取引実績が途切れてしまうという点が挙げられます。

取引実績は、審査のうえで必要になる項目です。一括返済をしたからといって、必ずしも審査に不利になることはありませんが、取引を長く続けている人と比べると、少し不利になる可能性はあります。

一括返済をする上で注意をしないといけない点があります。利息は日割り計算となるため、毎日返済金額が変わり、1円単位で返済額が確定するため、自動引落としや、提携ATMでは対応できません。

また、一括返済時の返済額は、会員ページかフリーダイヤルで確認をしましょう。

繰り上げ返済も可能

レイクでは、一括返済が難しくても、繰上げ返済ができます。

繰り上げ返済をすることで、返済回数を減らすことができます。返済回数を減らすことで、最終的に返済する利息が少なくなることが一番のメリットです。

新生銀行カードローンレイクで借り入れをした場合の返済シミュレーション

新生銀行カードローンレイクには、公式ホームページ上に借り入れ前でも、「返済シミュレーション」を使って返済計画を立てることができるサービスがあります。

ここでは、「返済シミュレーション」のサービスについて、解説していきます。

返済シミュレーションで返済企画を立てよう

新生銀行カードローンレイクの「返済シミュレーション」は、希望借り入れ額を入力することで「毎月の返済額と返済回数」が表示されるものと、毎月の返済額を入力することで「利用可能額」が表示される2種類のシミュレーションがあります。

新規申し込みの場合は、「30日間無利息」と「5万円まで180日間無利息」のいずれかを選択してから、シミュレーションを開始します。

利率は、限度額が200万円以内の場合は最大利用残高(基準残高)によって変更されます。分かりやすく解説すると、999,999円の利用残高の時は18%の利率が適用されますが、追加借り入れで1,000,000円を超すと15%になります。この後返済をして999,999円以下になっても利率は15%のままです。

限度額が200万円超の場合は、利用限度額により決まります。利率は下記の表のとおりです。
<限度額が200万円以内の場合>

基準残高 適用利率
1円~999,999円 15.0%~18.0%
1,000,000円~2,000,000円 12.0%~15.0%

<限度額が200万円超の場合>

限度額 適用利率
2,000,001円~3,000,000円 9.0%~15.0%
3,000,001円~4,000,000円 7.0%
4,000,001円~5,000,000円 4.5%

シミュレーションは希望借り入れ額に応じた、最大利率を適用しています。そのため、シミュレーションで算出された数値はあくまでも、参考値として確認して下さい。

新生銀行カードローンレイクで10万円借りた場合の返済シミュレーション

新生銀行カードローンレイクで10万円を借りた場合を下記のとおりシミュレーションしてみます。

30日間無利息を適用した場合、月々3,000円の支払いで46回払いになります。 返済総額は135,909円になります。無利息ローンを適用しない場合の差額は2,872円です。
5万円まで180日間無利息を適用した場合、月々3,000円の支払いで44回払いになります。返済総額は130,568円になります。無利息ローンを適用しない場合の差額は8,213円です。
このように、返済期間が短いと、最終的に返済すべき利息が少なくなりますが、長期間借りると少し損をします。早めの返済を心がけましょう

新生銀行カードローンレイク

lake_pc_670

おすすめ度5.0

審査時間
申込完了画面に表示 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年4.5%~18.0% 

※「借入金額5万円まで180日間利息0円」と「借入全額30日間利息0円」の2つの無利息ローンの併用はできません

新生銀行カードローンレイクに申し込み

新生銀行カードローンレイクには多彩な返済方法があり、自分の都合に合わせた返済ができます。また、返済方式も「残高スライドリボルビング方式」と「元利定額リボルビング方式」があり、余裕を持った返済方式もしくは、早く返済して利息の返済金額を少なく済ませる方式をうまく利用することにより、無理のない返済計画を立てることができます。

また、利用前から「返済シミュレーション」サービスを利用することもでき、返済に対するサポートも充実しています。

新生銀行カードローンレイクは、自分にあった返済が選択でき、サービスも充実しているため、お金を借りるのに非常にオススメできます。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧