キャッシングアカデミー

キャッシングの金利が安い?利息・利率の比較まとめ

このページではキャッシングの金利を少しでも安い金利で借りるために、主要なキャッシング会社やクレジットカードのキャッシング枠、銀行のカードローンなど様々な金利を調べて一番金利が低いキャッシングを紹介しています。
中には金利無料のサービスをやっているキャッシングもあるので、参考にしてみてください。

各カードローン・キャッシングの上限金利と下限金利を徹底比較

下記に銀行のカードローン・消費者金融のキャッシング・クレジットカードのキャッシング枠の上限金利と下限金利をまとめました。限度額ごとの金利については後ほど説明しますが、借入限度額が100万円以下だと上限金利になります。

ジャンル ローン名 下限金利 上限金利 詳細
カードローン 三菱東京UFJ銀行カードローン 年1.8% 年14.6% 詳細
カードローン みずほ銀行カードローン 年3.0%※1 年7.0% 詳細
カードローン 三井住友銀行カードローン 年4.0% 年14.5% 詳細
カードローン 千葉銀行カードローン※2 年4.3% 年14.8% 詳細
カードローン オリックス銀行カードローン 年3.0% 年17.8% 詳細
カードローン 新生銀行カードローン レイク 年4.5% 年18.0% 詳細
カードローン 楽天銀行カードローン 年1.9% 年14.5% 詳細
キャッシング アコム 年3.0% 年18.0% 詳細
キャッシング アイフル 年4.5% 年18.0% 詳細
キャッシング プロミス 年4.5% 年17.8% 詳細
クレジットカード ACマスターカード※3 年3.0% 年18.0% 詳細
クレジットカード 三井住友VISAカード 年15.0% 年18.0%
クレジットカード JCBカード 年15.0% 年18.0%

※1 みずほ銀行の住宅ローンを利用すると下限金利は年2.5%
※2 神奈川県・東京都の全域と群馬県の前橋市・高崎市・桐生市のみ利用可能
※3 キャッシング枠利用時の金利です。ショッピング時は年10.0%~14.6%

上の表からわかる通り、下限金利はクレジットカードのキャッシング枠よりも銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングの方がお得になります。また、上限金利を比較すると銀行のカードローンが消費者金融のキャシングやクレジットカードのキャッシング枠より、平均3.0%~4.0%ほど利息がお得になります。

銀行のカードローンの中でおすすめなのは三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)です。金利は年1.8%~14.6%と銀行の中でも最高水準ですし、三菱東京UFJ銀行や提携コンビニのATMなら手数料無料で利用できます。

銀行のカードローンなら金利1.8%の三菱東京UFJ銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)なら金利が年1.8%~14.6%で三菱東京UFJ銀行や提携コンビニのATMなら手数料無料で利用できます。また、審査時間は最短30分で早ければその日のうちにお金を借りられます。「金利が気になるから別のカードローンで借りたいな」と「少ない出費でお金を借りたい」思うならおすすめの銀行のカードローンです。

三菱東京UFJ銀行

mufg_pc_670

おすすめ度5.0

審査時間
最短30分 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年1.8%~14.6% 

※学生や配偶者に収入がある方なら申込可※遅延損害金は限度額によって異なります※商品名は「バンクイック」です。

年1.8%から借りられる

  • 金利は年1.8%~14.6%
  • 三菱東京UFJ銀行や提携コンビニATMの手数料無料
  • 三菱東京UFJ銀行の口座が無くても申込可能

三菱東京UFJ銀行の限度額ごとの金利一覧

キャッシングの金利は借入する金額によって金利が変わり、一番高い金利を上限金利、一番低い金利を下限金利と呼びます。下限金利に注目しがちですが、最初の借入で下限金利が適用される場合はまずありません。
下記の表は三菱東京UFJ銀行の限度額ごとの金利になります。

限度額 金利(借入利率)
10万円以上100万円以下 年12.6%~年14.6%
100万円超200万円以下 年9.6%~年12.6%
200万円超300万円以下 年7.1%~年9.6%
300万円超400万円以下 年6.1%~年7.1%
400万円超500万円以下 年1.8%~年6.1%

表を見ると分かるように、最低金利の1.8 %で借入するためには限度額が400万円超とかなり高く、この限度額で借入出来る人はかなり限られます。
一般的に100万円未満の借入や限度額設定の場合は上限金利が適用されるため、キャッシングの金利で比較しなければいけないのは上限金利という事になります。

銀行のカードローンは審査に通るのが難しい?

銀行のカードローンの金利でのメリットがありますが、審査が厳しいのではと考えるかもしれません。銀行のカードローンの審査はどうなのでしょうか。
銀行のカードローンの審査ですが、消費者金融のキャッシングより極端に厳しいわけではないです。以下に審査基準の例として三菱東京UFJ銀行カードローンとプロミスの審査基準をまとめました。

三菱東京UFJ銀行カードローンとプロミスの審査基準

ローン名 審査基準 詳細
三菱東京UFJ銀行カードローン ・年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住して保証会社(アコム)の保証を受けられる方
原則安定した収入がある方(学生の方、またはご本人に収入がなく配偶者に収入のある方も申込可能)
詳細
プロミス ・年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方(主婦、学生でも、パート、アルバイトによる安定した収入があれば申込可能) 詳細

銀行のカードローンの三菱東京UFJ銀行カードローンとキャッシングのプロミスで審査基準を比較したところ、20歳以上で安定した収入があれば銀行のカードローンもキャッシングも審査に通過する可能性は十分にあります。「安定した収入」とは、正社員やアルバイトなど、働いてお給料をいただいていている状態を指します。

10,000円お得?銀行や消費者金融の金利計算シミュレーションで合計支払額を算出

キャッシングの返済方式は銀行や消費者金融によって違いがあり、計算方法も変わるので同じ金利でも合計返済額に差が出ることもあります。今回は三菱東京UFJ銀行カードローンの例を見ましょう。

三菱東京UFJ銀行から借りた100万円を12ヶ月で返済するシミュレーション

三菱東京UFJ銀行カードローンの返済シミュレーション
三菱東京UFJ銀行カードローンの返済シミュレーション

元金 利息 残高
1ヶ月目 78,629円 10,500円 921,371円
2ヶ月目 79,455円 9,674円 841,916円
3ヶ月目 80,289円 8,840円 761,627円
4ヶ月目 81,132円 7,997円 680,495円
5ヶ月目 81,984円 7,145円 598,511円
6ヶ月目 82,845円 6,284円 515,666円
7ヶ月目 83,715円 5,414円 431,951円
8ヶ月目 84,594円 4,535円 347,357円
9ヶ月目 85,482円 3,647円 261,875円
10ヶ月目 86,380円 2,749円 175,495円
11ヶ月目 87,287円 1,842円 88,208円
12ヶ月目 88,208円 926円 0円
合計 1,000,000円 69,553円 0円

上の表は、年率12.6%の三菱東京UFJ銀行カードローンで100万円を借りて12ヶ月で返済するシミュレーションです。
1ヶ月の利息の計算方法:借入残額×(年率÷12ヶ月)=利息
三菱東京UFJ銀行の1ヶ月目の利息計算:1,000,000円×(0.126÷12ヶ月)=10,500円

1ヶ月目の利息は計算すると、10,500円になります。毎月返済すると元金が減っていき、利息も毎月下がっていきます。三菱東京UFJ銀行カードローンで借りた100万円を12ヶ月で返済するなら、毎月89,129円返済すれば完済できます。この時の合計返済額は1,069,553円となります。

各銀行や消費者金融の借入れを12ヵ月で返済するシミュレーション

銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングで100万円を借りて12ヵ月で返済する時の合計返済額を計算してみます。

ローン名 適用金利 返済額 返済方式 詳細
みずほ銀行カードローン 年12.0% 1,064,828円 残高スライド方式 詳細
三井住友銀行カードローン 年12.0% 1,066,180円 残高スライド方式 詳細
三菱東京UFJ銀行カードローン 年12.6% 1,069,553円 残高スライドリボルビング方式 詳細
オリックス銀行カードローン 年14.8% 1,080,161円 残高スライドリボルビング方式 詳細
アイフル※1 年15.0% 1,083,094円 残高スライド元利定額リボルビング方式 詳細
プロミス※1 年15.0% 1,083,094円 残高スライド元利定額返済方式 詳細
アコム※1 年15.0% 1,081,847円 定率リボルビング方式 詳細
三井住友VISAカード 年15.0% 1,083,094円 元利定額返済方式
JCBカード 年15.0% 1,083,094円 元利定額返済方式

※1 最大30日間の無利息期間は適応していない
※各ローンの計算シミュレーションを利用して算出した金額です。実際の金利と変わる可能性があり、返済額は返済回数・返済期間によって変わるためご注意ください。

少しでも返済額を低く抑えたい方に場合はこの表を参考にしてもらうといいと思いますが、三井住友銀行カードローンもおすすめのカードローンの一つです。金利は年4.0~14.5%で、口座開設不要、最短30分で審査完了です。
銀行ならではの安心の金利で、限度額も高いので、おまとめでの借り入れや借り換えにもおすすめです。もし今お使いのカードローンで悩みがあれば三井住友銀行カードローンで検討してみてはいかがでしょうか?

どの銀行よりも多い全国のローン契約機でカード発行と受け取り可能で、すぐ借りたいときにも三井住友銀行カードローンがあれば安心です。

※借り入れには、満20歳以上~69歳以下の方で、原則安定した収入があれば可能です。借り入れ条件をよくご確認ください。

消費者金融のキャッシングなら金利無料(無利息期間)でお金を借りられる

消費者金融のキャッシングのアコムとアイフルとプロミスは上限金利が銀行カードローンに比べると高くなっています。しかし、審査までの手続きがカンタンで借入までのスピード早いなど銀行のカードローンよりメリットも多いですが、金利だけを取るとどうしても銀行カードローンのほうが安くなります。
しかし、消費者金融のキャッシングの良い所ははじめての利用なら30日間無利息期間があり、30日以内に全額返済する予定のあるキャッシングなら銀行のカードローンよりもおすすめです。

ローン名 無利息期間 下限金利 上限金利 詳細
アコム 最大30日間 年3.0% 年18.0% 詳細
アイフル 最大30日間※1 年4.5% 年18.0% 詳細
プロミス 最大30日間※2 年4.5% 年17.8% 詳細

※1 はじめての方に限り、最大30日間無利息
※2 はじめての方に限り、最大30日間無利息。また、メールアドレスとWeb明細利用の登録が必要

短期での返済が可能な場合はアコムやプロミスのような無利息サービスを利用するのも選択の一つです。

金利が18.0%で高い?クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードを持っていると手軽なキャッシングとしてクレカのキャッシング枠がありますが、金利は法律上の上限金利に設定されているため、金利が高い。
さらに、既にクレジットカードのキャッシング枠を設定している人は別ですが、キャッシング枠の申し込みをしていない人はキャッシングの審査に数日かかるのが一般的ですぐにキャッシング枠を利用する事はできません。収入証明書が必要になるカードも多いため、キャッシングするなら銀行カードローンか消費者金融を利用する方が金利面でも利便性でもオススメです。

主要クレジットカードのキャッシングの金利

下の表を見てもらうと分かる通り、クレジットカードのキャッシング枠を使ったキャッシングでは上限金利は全てのカードが18%となっており、下限金利も高いのが特徴。

クレジットカード会社はキャッシング枠での金利で利益を得ている部分が大きいため、表立ってあまり金利の話をしないですが、カードローンやキャッシングの金利と比べても高いという事実があります。

クレジットカード 下限金利 上限金利
エポスカード(マルイカード) 18.0% 18.0%
イオンカード 7.8% 18.0%
楽天カード 18.0% 18.0%
NTTグループカード 18.0% 18.0%
JCBカード 15.0% 18.0%
ライフカード 15.0% 18.0%
ビューカード 15.0% 18.0%
JALカード 15.0% 18.0%
ニコスカード 15.0% 18.0%
三井住友VISAカード 15.0% 18.0%
オリコカード 15.0% 18.0%
ルミネカード 18.0% 18.0%
セゾンカード 12.0% 18.0%

銀行のカードローンと同じ程度の金利でお金を借りられるクレジットカードがある

上記の表を見るとクレジットカードのキャッシング枠は銀行のカードローンよりも金利が高いですね。しかし、クレジットカードの中には銀行のカードローンか消費者金融のキャッシングと同じ程度の金利でキャッシングできるクレジットカードがあります。ACマスターカードはアコムと同じ金利の年3.0%~年18.0%※でキャッシングできます。また、最短即日発行などキャッシングできるまでのスピードは銀行のカードローンよりも早いのでおすすめです。

※キャッシング枠利用時の金利です。ショッピング時は年10.0%~14.6%

キャッシングの金利は法律で上限が決まっている?年20.0%以上の金利は法律違反

銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングの上限金利は、法律で決まっています。
出資法と利息制限法で10万円以下の貸付は年20.0%、10万~100万円以下の貸付は年18.0%、100万円以上の貸付は年15.0%になっています。この金利以上での貸付は法律違反になり、罰則の対象になります。

2010年以前はグレーゾーン金利と呼ばれる年29.2%の上限金利が存在した

「グレーゾーン金利」というのをご存知ですか。2010年以前は利息制限法では上限金利が年20.0%ですが、出資法の上限金利が年29.2%なので、多くの金融機関が出資法の定める年29.2%の金利で貸し付けをしていました。2つの法律で生じる金利差をグレーゾーン金利といい、裁判の結果この差額分を過払い金として請求できます。この問題は大きな社会問題に発展し、今もなお波紋を広げています。

キャッシングの金利に関するまとめ

  • 1年以上かけて返済するなら三菱東京UFJ銀行カードローンがお得
  • 1ヶ月以内に完済するなら無利息期間のあるアイフルの金利がお得
  • クレジットカードのキャッシング枠は高金利でキャッシングに不向き

三菱東京UFJ銀行カードローンは金利が年1.8%~年14.6%

三菱東京UFJ銀行

mufg_pc_670

おすすめ度5.0

審査時間
最短30分 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年1.8%~14.6% 

※学生や配偶者に収入がある方なら申込可※遅延損害金は限度額によって異なります※商品名は「バンクイック」です。

年1.8%から借りられる

  • 金利は年1.8%~14.6%
  • 三菱東京UFJ銀行や提携コンビニATMの手数料無料
  • 三菱東京UFJ銀行の口座が無くても申込可能

低金利でキャッシング

キャッシングの貸付利率(金利)と返済額

キャッシングに適用される貸付利率(金利) 貸金業者のキャッシングや信販会社のクレジットカードのキャッシングを利用すると、元金と貸付利率で計算された利息を合わせて返済しなければなりません。各社の貸付利率は、次の表のようにおおむね「18.0%」となっています。この点、海外でキャッシングできる契約でも、同じ貸付利率が適用されます。 【各社の貸付利率(金利)...[続きを読む]

リボ払いを払いきると損をする!キャッシング一括返済はこんなにお得

Cache_20_p0084

キャッシングでリボ払いを続けると一括返済に比べて損をします クレジットカードでキャッシングをした際、毎月分割で支払いを行うリボ払いに設定している人も多いと思います。 月々の支払額が少ない分お財布には優しいですが、実は一括払いに比べて多くのお金を支払っていることになります。 例えば、400,000円を借り、月々50,000円払い、金利18.0%という...[続きを読む]

本当に利息0円なの?キャッシングを即日返済した場合の注意点を紹介

Dollarphotoclub_69578635

即日返済したらキャッシングの金利はかからない? キャッシングで金利がかかるのは借りた翌日 普通、キャッシングで金利がかかるのはお金を借りた翌日から、となっています。それは民法に明示されている初日不算入の原則が適用されるからです。ですから原則的に言って、融資を受けた即日に返済した場合利息は発生しないことになります。民法第140条にはこうあります。「間の起算...[続きを読む]

キャッシングの金利計算方法を徹底解説!

Dollarphotoclub_66427384

キャッシングの金利計算方法は主に2種類 よく耳にするリボルビング方式にも二種類あります。どのような特徴がるのかしっかり理解して返済しなければ、思わぬ損をしてしまいます。ここでご紹介しますので、ぜひご一読ください。できるだけ低金利でキャッシングしたい人向けの記事です。 ・残高スライドリボルビング方式は利息を支払ってから元金を支払う 一般的な消費者金融で採...[続きを読む]

10~50万円を無利息でキャッシングしたいなら無利息サービスを利用

無利息でお金を借りるならプロミス プロミスを初めて利用する方で、メールアドレスとWEB明細利用の登録をした場合、30日間利息がかからずに借りた額だけを返せばよい無利息サービスを利用できます。急な出費で利用したとはいえ、借りた額に加えて利息を払っていくのはなるべく控えたいですよね。以下の表に、10万円借りた時にかかる利息を比べてみましたので他...[続きを読む]

コンビニでキャッシングしたとき金利ってどうなるの!?

コンビニでキャッシングしても金利は同じ コンビニのATMでキャッシングする場合と、アコムやプロミスなどのATMでキャッシングする場合はどちらの方を利用するほうが、金利がお得なのでしょうか?結論から言いますと、変わりません。 そもそもキャッシングの実質年率というものは、キャッシングした金融会社との間で決められるものです。ですから、コンビニのATMであろ...[続きを読む]

キャッシングの金利って?その意義と計算方法を紹介

キャッシングは金利はお金のレンタル料 借りた額以上に返済するのは金利がかかるから 審査に通った後、10万円をカードローンなどでキャッシング会社から借りた時、10万円+αをキャッシング会社に支払いをしなければなりません。この+αの中にはキャッシング会社の儲けや人件費などが含まれています。ざっくりいうと、この+αで金融会社はもうけを出している、というわけです...[続きを読む]

キャッシングの金利が無料!利息0円の『無利息サービス』

無利息サービスを利用すれば金利無料でキャッシングできる アコムやプロミスといった大手の消費者金融は、無利息サービスを積極的に打ち出しています。TVのコマーシャルやYouTubeのコマーシャルでもよく見かけるようになりました。この金利無料のキャッシングを賢く使えば、利息を払わずに元本だけの返済で済むので、とても便利です。 アコムやプロミスよりは知名度で...[続きを読む]

銀行のカードローンの金利比較とおススメの利用シチュエーション

銀行のカードローンの上限金利は14.0%前後が一般的 一般的に銀行のカードローンの金利は固定ではなく契約期間や限度額に応じて金利が変動いたします。銀行のカードローンの上限金利で14.0%前後が目安となっています。消費者金融の上限金利が17.8%なので、銀行のカードローンの上限金利は消費者金融の金利に比べると低くなっております。キャッシングの金利の差を前もっ...[続きを読む]

金利の安い会社を選んで賢くキャッシング!

キャッシングの金利は上限金利が適用されることが多い 金利には上限金利と下限金利がある 一言に「金利」といっても、固定金利ではありません。「実質年率4.5~18.0%」というようにかなりの開きがある金をよく目にするのではないでしょうか?カードローンやキャッシングには上限金利と下限金利というものが存在します。先ほどの例でいいますと、上限金利とは18.0%のこ...[続きを読む]

希望条件でキャッシングを選ぶ

金利をなるべく抑えるのにお
すすめの消費者金融・銀行